2022年公開予定『スター・ウォーズ』新三部作の監督が降板

『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリエイターコンビ、デイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが2022年に全米公開を予定している『スター・ウォーズ』新サッm部作から降板した、と米ヴァラエティ誌が報じた。

2018年2月、ベニオフとワイスは『スター・ウォーズ』のメインとなるスカイウォーカーのストーリーとは別の新作シリーズの脚本とプロデュースを手がけるようアプローチされていた。ベニオフとワイスは声明を発表し、『スター・ウォーズ』と8月に発表されたNetflixとの2億ドル規模の映画&ドラマ契約の一環としてふたりが取り組んでいるプロジェクトの両方に集中する時間がないのを理由に降板する、と表明した。

「私たちは、『スター・ウォーズ』を愛しています」とふたりは声明でこのように述べた。「ジョージ・ルーカスは、『スター・ウォーズ』という作品だけでなく、私たちも育ててくれました。ルーカスやいまの制作チームと『スター・ウォーズ』について語り合えたのは、私たちの人生で一番ワクワクした経験であり、すべてを変えてくれたこのシリーズに一生恩義を感じるでしょう。でも、1日の時間は限られており、『スター・ウォーズ』とNetflixプロジェクトを両立させることはできないと判断しました。よって、残念ながら降板を決意しました」

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長はこのようにコメントした。「デイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスは優れた語り手です。忙しいスケジュールから少し距離を取り、ふたりが『スター・ウォーズ』に集中できるタイミングが来れば、私たちの冒険の仲間に加わってほしいと願っています」

ベニオフとワイスによる初の『スター・ウォーズ』作品は、2022年12月26日に全米で公開され、2024年と2026年に続編も公開される予定だった。ふたりの降板によって公開予定に変更が生じたかどうかは、不明である。

『スター・ウォーズ』の焦点でもあるスカイウォーカー3部作は12月20日に日米同時公開予定の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をもって幕を閉じる。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の脚本と監督を手掛けたライアン・ジョンソンがスカイウォーカーのストーリーとは別の新作3部作にとりかかっていると報じられるなか、公開予定はまだ発表されていない。

『スター・ウォーズ』シリーズの権利を所有する米ディズニーは、自社の動画配信サービスDisney+向けの『スター・ウォーズ』関連ドラマを2つ企画している。そのひとつは『The Mandalorian(原題)』というボバ・フェットふうの賞金稼ぎが主人公の物語で、もうひとつは、ジェダイ・マスターとして帰ってきたユアン・マクレガー扮するオビ=ワン・ケノービが主人公のシリーズものだ。