俳優の大倉空人、井上翔太、永田崇人がこのほど、東京・渋谷のタイティ―専門店「渋谷ピヤニ」で行われた「『モトカレマニア』×『渋谷ピアニ』タピオカ1日店長イベント」に出席した。

「『モトカレマニア』×『渋谷ピヤニ』タピオカ1日店長イベント」に出席した井上翔太、永田崇人、大倉空人(左から)

10月17日よりフジテレビ系でスタートしたドラマ『モトカレマニア』(毎週木曜 22:00~22:54)と東京の渋谷にあるタイティー専門店「渋谷ピヤニ」がコラボレーション。この日は『モトカレマニア』にレギュラー出演している大倉空人、井上翔太、永田崇人が同店舗の1日店長を務め、200人を超える客を相手にレジ打ちやドリンクのお渡しなどを行った。

学生時代はバイト経験もある井上は、「すごくスピードが早くて付いていくのが必死でした(笑)」と苦労を語り、「これだけドラマを見てくれる人がいるって実感できたので、撮影も頑張っていきたいと思います」と刺激を受けた様子。大倉は「本当に貴重でなかなかできない体験でした。ストローを差し込むのが一番難しかったですね。ストローのどの部分を触っていいのか分かりませんでした(笑)」と苦笑い。永田は「楽しかったです。ファンの方々との交流はなかなかないですし、改めてドラマを見てほしいなと思いました」と話した。

この日の夜には第2話が放送。ドラマの見どころについて永田は「この時代にラブコメを思いっきり打ち出す格好良さがあると思います。1話を見て3回泣きそうになりました。ユリカ(新木優子)の気持ちに寄り添うんだけど、泣きそうになったら笑いに落とされるという感じが心地良くて、久々にキュンキュンしたドラマを見ました。ドラマとは関係ないところでもご飯会があったりとそれぐらい仲が良いメンバーなのでそこは見どころだと思います」と解説。ドラマ初出演となる大倉は「初めてのドラマですが、食品会社の新入社員をやらせてもらいます。今は高校生なんですが、今回は23歳ぐらいの役なので自分なりに研究しながら一生懸命頑張っていますので、その辺を見ていただけたらと思います」とアピールしていた。

なお、同店舗では10月31日までの期間にドラマ『モトカレマニア』とコラボしたオリジナルのタピオカドリンク「モトカレマニアジ」と「イマカレマニアジ」を発売している。