ナイツ・塙宣之

重岡大毅(ジャニーズWEST)、ナイツ・塙宣之、中島歩、工藤綾乃らが、松岡昌宏(TOKIO)が主演のドラマ『死役所』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~)の第6話「カニの生き方」(11月20日放送)にゲスト出演することがわかった。

水曜深夜の新ドラマ枠「ドラマホリック!」の第1弾となる本作は、累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画が原作。あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、“生と死”“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる人間ドラマ。主人公であるシ村(松岡)はあの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員。次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応し、ミステリアスで強烈な魅力を持つ闇の深い主人公だ。

第6話で放送されるのは、「カニすべからく」という芸人コンビにスポットを当てた原作ファンの人気が高い異色のエピソード「カニの生き方」を元にしたもの。重岡は、相方・佐尾高茲と「カニすべからく」というお笑いコンビを組んでいる芸人で、ネタを作る才能はないが万人に愛される男・高関一文を演じる。高関は、相方との悲しい別れを経験することになるが……。

また、高関の相方であり、コンビの頭脳でもある才能の人だが遺伝性の難病が発症し、人生の岐路に立たされる佐尾高茲を演じるのは、『連続テレビ小説 花子とアン』(NHK)で仲間由紀恵演じる蓮子の駆け落ち相手を演じ話題になった中島。

さらに、『M-1グランプリ』決勝進出者にして審査員を務めお笑い分析力の高さでも話題になったナイツ・塙が、お笑い監修として「カニすべからく」を強力バックアップする。塙は「カニすべからく」が劇中で参加するお笑いコンテスト「デッドオアコント」のMC役として撮影にも参加。他にも、『キングオブコント2019』決勝進出コンビにして、お笑い第7世代の急先鋒・かが屋が「カニすべからく」のネタを作成、コンテストシーンでは、ジグザグジギーなどお笑い好きにはたまらない芸人総勢17名が大集合する。

そして、「第12回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリ&モデル部門ダブル受賞というセンセーショナルなデビューを飾った工藤が、「カニすべからく」のマネージャー・松井を演じる。第6話の監督を務める、今最も注目を集める現役女性大生映画監督・松本花奈と、『鈴木先生』(テレビ東京)に生徒役で共演したことがきっかけでの友情出演となる。

またほかにも、別話にも原作ファンを公表する著名人が続々登場! 第3話(10月30日放送)には実業家として活動する傍ら、本の出版やインフルエンサーとしても活躍する「モテクリエイター・ゆうこす」こと菅本裕子、第4話(11月6日放送)には女子サッカー「なでしこジャパン」にも選出され、日テレ・ベレーザで活躍中の女子サッカー選手・植木理子の出演も決定している。

以下に、重岡と塙のコメントを紹介する。

<関一文役:重岡大毅(ジャニーズ WEST)コメント>
お話をいただいて、これで今年全クール出ていることになりました。お芝居ができることが本当にうれしいです。すごく気合いが入り、原作も読ませていただきました! 脚本を読む前から、僕が演じた「カニすべからく・高関一文」は「愛される人」というイメージで、原作でもよくクシャッとした、鳥の足みたいな目で笑っているんです(笑)。そして芸人さんはやってみたかった役でもあったので、楽しかったです。

またナイツ・塙さんがお笑い監修、ネタはかが屋さん、ということで豪華すぎるな、と。芸人さんをすごくリスペクトしているので「こいつしょーもねーな!」とか思われたらどうしようかなとド緊張していました。そんな中、塙さんは「このネタはここが肝だから」とパパっと決められる。さすが! というか、プロだなと思いましたね。相方・佐尾役の中島くんのことは、もうとにかく大好き! すごく原作の「佐尾」なんです。コンビとして10年一緒にいる絆を表現するには、「とにかくコミュニケーションが大事!」と、初めて会った時に挨拶したら、中島くんの方からハグされて(笑)。ギャグセンスも高くて、クランクインの日に「佐尾のネタに俺が爆笑する」という場面で、佐尾が書いてきたって渡してくる小道具のネタ台本に変な言葉が書いてあったんです。それで本当に笑っちゃって(笑)。自然に撮影ができた。しかもそれが恩着せがましくない。「こんな優しい人いないな」って思いました。

この作品は死を扱ったもので、皆さん「人って死んだらどうなるんだろう」って考えた事あると思うんですけど、そこをすごく興味深く、ミステリアスに描いているし、なおかつ面白い。僕たちの6話はなかなかハートフルな回で、見ている人の心をきれいにするじゃないですけど、それぐらいのパワーがあると思いますのでぜひご覧ください。

<お笑い監修、デッドオアコントMC役:ナイツ・塙宣之 コメント>
今回、コントの監修をさせていただいたんですが、なんせ僕は漫才なんでねぇ……(笑)。どういう風に指導するか悩んだんですが、役者として熱演しちゃうと、やっぱり笑いづらくなっちゃうので、下手にしてほしいと言いました。そこが難しいんですけど、重岡さん、中島さん共に飲み込みが早くてすごく自然体な感じやってたから、良かったなと。

重岡さんの印象は、僕、週に26本全局のドラマ見てるので、『ストロベリーナイト・サーガ』『これは経費で落ちません!』とかももちろん見てたんですけど、実際会ってみて一ファンとして「顔小さいなぁ、思ってたより背が大きいんだな」とか思ってしまうという(笑)。中島さんは、芸人にいそうなタイプで、なんか味がある感じがいい。ちょっと明るい感じの重岡さんと、暗い感じの中島さんという組み合わせで、いい2人だなと思いました。

ちなみに今回、コンテストの MC 役としての出演もあったんですが、僕自身は脚本を読んで「カニすべからく」の思いは理解しているんだけど、本来MCはそこまで裏側を知らないだろうから、淡々とやろうと思いました。みどころは第6話のジャニーズ事務所さんとマセキ芸能社の融合!(笑)。撮影時に何人マセキがいたかって話ですよ(笑)。もちろん中身としても、家族でもない、恋人でもない、でも一般の方にはわからない不思議な関係で繋がる相方……「もしその相方がいなくなったら」という芸人の永遠のテーマを描いている。ナイツも1人になって何もできなくなる前に「65歳で1回解散しようか」と言っているぐらいで。芸人にとって本当に難しくて、普遍の問題なので、凄くいいテーマだと思います!

<第6話あらすじ>
病院着姿の佐尾高茲(中島)が病死課にやってくる。病死申請書に書かれた職業は「芸人」。生前、佐尾は高関一文(重岡)と「カニすべからく」というコンビを組んでいた。なかなか芽が出なかった「カニすべ」に、結成10年でようやくチャンスが訪れる。賞レース「デッドオアコント」の決勝戦出場が決まり、テレビでネタを披露することになったのだ。

「チャンスを掴んで絶対売れよう!」と高関は息を巻くが、佐尾の表情はどこか浮かない。しかも、佐尾が突然倒れこんでしまう。高関が掴んだ佐尾の腕は、あまりに細くなっていて……。「デドコン」決勝戦当日。いくら待っても佐尾がスタジオに現れず、高関は何かあったのではと焦り出す。