『テニスの王子様 BEST GAMES!! 不二 vs 切原』イベントレポ到着!

10/26(土)に『テニスの王子様 BEST GAMES 不二 vs 切原』の完成披露舞台挨拶が開催され、甲斐田ゆきさん(不二周助役)、森久保祥太郎さん(切原赤也役)が「テニプリならではの斬新な企画」と本作品への熱い想いを語った。

2001年よりテレビ東京系列にて放送が開始されたアニメ『テニスの王⼦様』。2012年からは『ジャンプSQ.』(集英社)で⼤⼈気連載中の『新テニスの王⼦様』がテレビアニメ化した他、イベント開催や劇場版の公開等を展開し、⻑年に渡り多くのファンに⽀持され続けている。
また、過去テレビアニメ『テニスの王⼦様』(2001年放送開始)で描いてきた名試合を、スタッフ・キャストが新たな想いを込めて描き出すプロジェクト『テニスの王⼦様 BEST GAMES!!』が2018 年より始動。⼤好評だった『テニスの王⼦様 BEST GAMES!! ⼿塚 vs 跡部』、『テニスの王⼦様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs 宍⼾・鳳/⼤⽯・菊丸vs 仁王・柳⽣』に続き、第三弾となる『テニスの王⼦様 BEST GAMES!! 不⼆ vs 切原』が2019 年11⽉15⽇(⾦)より2週間限定で全国の劇場にて上映される。

本作品の上映を⽬前に、『テニスの王⼦様 BEST GAMES!! 不⼆ vs 切原』の主⼈公2名の声優を務める甲斐⽥ゆきさん、森久保祥太郎さんが登壇する完成披露舞台挨拶を、10⽉26⽇(⼟)に都内及び東京近郊の3劇場で計5公演を実施した。

東京、丸の内ピカデリーでは、『テニスの王⼦様 BEST GAMES!! 不⼆ vs 切原』の本編上映後に、舞台挨拶を実施。司会は『We Love テニプリチャンネル』でもお馴染みの屈指のテニプリ好きのお⼆⼈、⾦⼦ 誠さんと井阪郁⺒さんが務め、冒頭からテニプリ愛満載のコメントで会場を盛り上げ、主役の2名の声優を迎えた。不⼆周助役の甲斐⽥ゆきさんおよび切原⾚也役の森久保祥太郎さんが、盛⼤な拍⼿と共に舞台に登壇。

最初の挨拶から甲斐⽥さんは「急いでいるなら協⼒するよ。うそ、協⼒しない。しばらくトークにお付き合いください!」と不⼆のセリフにちなんだ挨拶をすると、会場には⻩⾊い声援が鳴り響いた。またその挨拶に負けまいと森久保さんも「⾚く染まりにきてくれましたかー!」と切原のセリフにちなんだ挨拶で対抗し、会場は早くも⼤きな盛り上がりを⾒せた。

トークセッションでは、本作『テニスの王⼦様 BEST GAMES!! 不⼆ vs 切原』の話を初めて聞いた時はどのように思われたかとMCより質問され、甲斐⽥さんは、「このシリーズならではの斬新な企画ですよね! ⼀度映像化したものを、同じチームで作り直すなんて!』と特別な体験だと語った。同じ質問に対して、いきなり森久保さんは「会場にお集まりのみなさまに聞きます! 2002年当時に⼩学校4年⽣だったひとはいますか⁉︎」と会場に投げかけた。2002年のテレビシリーズ放送時に⼩学校4年⽣の⼥の⼦から「不⼆くんをいじめる森久保さん、⼤っ嫌いです!」という⼿紙をもらったと明かし、それに対して「ショックでしたけど、そんな⾵に⼿紙を書いてくれるほど熱⼼に⾒てくれてるんだと、その熱い想いに逆に胸を打たれました(笑)」と語った。そして、「その⼿紙をくれた⼈はこの中にいませんか⁉︎」と問いかけるも、残念ながら丸の内ピカデリーでは⾒つからなかった。

次に「ズバリ、お⼆⼈のお気に⼊りのシーンはどこですか?」という質問に対して、「お気に⼊りのシーンが多すぎますね。みんなに久しぶりに会えたことが幸せすぎて」と甲斐⽥さんは喜びの笑みをこぼしながらコメント。上映後の舞台挨拶だったこともあり、⼆⼈のお気に⼊りのシーンは本編の内容に細かく触れたトークで、⼤いに会場を沸かせた。また今作のEDテーマ『DISPECT』についての話では、「いい意味でめちゃくちゃな歌だと思った」と森久保さんは表現しつつも、歌っていてめちゃくちゃ気持ちよかったと語った。

そしてイベント終盤のフォトセッションでは、劇場限定オリジナルグッズを⼿にし、会場からは「ほしーー!」という声が上がり、甲斐⽥さんと森久保さんがグッズを持ってポーズを決めると会場からは「かわいー!」と叫ぶ声が上がった。
森久保さんは「20年近く時間が流れても、みなさんの変わらぬ想いでテニプリの未来が紡がれていくんだと感じています。応援してくんないとお前…潰すよ!」と話し、甲斐⽥さんは「これからもみなさんと⼀緒にテニプリ道を進んでいけたらと思います! ボクも本気になれるかな!」と互いに切原⾚也と不⼆周助のセリフを取り⼊れながらトークショーを締めくくり、2階席まで超満員の会場は⼤きな盛り上がりの中で終演を迎えた。