映画「決算!忠臣蔵」のプレミアに登壇した岡村隆史さん

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんが10月27日、東京都内で行われた主演映画「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督、11月22日公開)の「東京国際映画祭(TIFF)オープニング・イブ・ワールドプレミア」に、ダブル主演を務める俳優の堤真一さん、共演の人気グループ「関ジャニ∞」の横山裕さんらと登場した。今作に対する“野望”を聞かれた岡村さんが、「“決算!忠臣蔵2”」と答えたのを聞いた堤さんは、「どうすんの? みんな腹を切ってる!」と即座に指摘。横山さんが「何を思い描いているんですか」と質問すると、岡村さんは、「アニメでもう一度……そういうのもあるかなって」と提案し、周囲を納得させていた。

 イベントには、濱田岳さん、妻夫木聡さん、石原さとみさん、西村まさ彦さん、木村祐一さん、「A.B.C-Z」の橋本良亮さん、寺脇康文さん、鈴木福さん、小松利昌さん、沖田裕樹さん、中村監督、舞台あいさつから荒川良々さんも出席。

 今作のテーマにちなみ、キャストの誰も知らない裏話というトークを展開。堤さんは打ち上げの席の話として、「この映画の後に橋本君と共演する舞台があって、酔っ払って橋本君に『大丈夫か』『難しい役だぞ』って言ったら(橋本さんが)『堤さん、頑張ります!』ってずっと泣いていた」と明かすと、橋本さんは「緊張があってすごい不安だった。堤さんの顔を見たら、ちょっとお酒も入っていたのもあり泣いちゃって」と恥ずかしそうに説明した。

 そんな堤さんだが、木村さんから「(店内の)ワニの剥製に酔っ払って抱きついてましたよ」と暴露され、「うそ? 全然覚えてない! でも橋本君が泣いていたのは覚えている(笑い)」と半信半疑の表情を浮かべるも、横山さんも「僕も見ました」と目撃したとコメント。「でも、ただただ橋本が泣いているのを『すみません……』って謝ってました。『いいやつなんで』って」と横山さんは続け、会場を笑わせていた。

 今作の完成度について堤さんは、「本当にいい作品ができた。皆さんが思っている忠臣蔵とは違いますが、脚本を読んだとき、でき上がった作品を見て、これが本当の忠臣蔵じゃないかと確信しています」と自信たっぷりにアピールしていた。

 映画は、山本博文・東京大学大学院教授の著書「『忠臣蔵』の決算書」(新潮新書)が原作で、予算と関西弁を切り口とした忠臣蔵の物語。主君・浅野内匠頭の仇(かたき)を討つため、上限予算9500万円以内でなんとか討ち入りするべく、「これなんぼ?」が口癖の大石内蔵助(堤さん)ら赤穂浪士の姿を描く。