【赤ちゃん用虫除けグッズおすすめ5選】チャイルドボディセラピストが教えます!

【この記事のエキスパート】

㈱リングベリー代表・ママライター、チャイルドボディセラピスト:榮 樹実

㈱リングベリー代表・ママライター、チャイルドボディセラピスト:榮 樹実

学生時代より教育・保育の現場でアルバイト・ボランティア経験を積み、大学卒業後は大手化粧品会社にて総合職勤務するも長男の出産を機に退職。

その後ブログ執筆歴15年とこれまでの知識を活かし、ライターとしてWebを中心に毎月5つ以上のメディアでレギュラーとして主婦・ママ向け記事、美容・ファッション記事、保育企業でのコラムを執筆する。

女性や子どもが「知っていたらもう少しだけ幸せになれるような+αの情報」を伝えるべく、日々情報発信中。

2018年 株式会社RingBerryを設立。チャイルドボディセラピスト1級・第一種幼稚園教諭免許を取得している。


この記事では、チャイルドボディセラピストの榮 樹実さんへの取材をもとに、赤ちゃん用虫除けグッズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。あなたは赤ちゃんの虫除け対策に、なにを使用していますか? お出かけの際などはとくに、赤ちゃんに虫を近づけたくないですよね。しかし、赤ちゃんに使うものなので、成分などどれを選べばいいのか迷っている方も多いのでは。この記事を参考に、大切な赤ちゃんのために安心して使える商品を探してみてください。

赤ちゃん用虫除けグッズの選び方|チャイルドボディセラピストに聞いた

チャイルドボディセラピスト・榮 樹実さんに、赤ちゃん用虫除けグッズを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

なるべく「ディート」が含まれていないものを

【エキスパートのコメント】

虫除けグッズといえば、やはり定番となるのがスプレータイプのもの。しかし、強力そうな虫除けは赤ちゃんの敏感な肌につけても問題はないのか気になるところです。

選ぶ際に見るポイントは「ディート」という成分。ディートは蚊やダニなどの虫除けに有効とされている成分で、多くの虫除けグッズにも含まれています。しかし、まれに人体への影響があるといわれており、赤ちゃんへの使用には制限があるので注意が必要です。

6カ月未満の赤ちゃんには使用できず、ディートを含む場合は保護者の監督のもとで6カ月以上2歳未満は1日1回、2歳以上12歳未満は1日1~3回までの使用と決められています。また、顔には使用できません。そのため、赤ちゃんや肌が弱いお子さんに使用する場合には、できるだけディートが含まれないもの、天然成分で作られた虫除けを選びましょう。

パーフェクトポーション『アウトドアボディスプレー エクストラ』:

出典:Amazon

植物由来の成分がメインの虫除けスプレー。生後6カ月をすぎた赤ちゃんから大人まで、家族みんなで使えます。

クリームとスプレータイプの差をうまく利用して

【エキスパートのコメント】

蚊などの虫は汗や上昇した体温を感知し、身体から出る二酸化炭素にひかれてやってくるといわれています。赤ちゃんがとくに蚊に刺されやすいのも、背丈に対して汗腺が多く体温上昇がしやすいという理由から。つまりせっかく肌に塗った虫除けが汗で落ちてしまった場合には、効果がなくなってしまううえに、さらに蚊を寄せ集めてしまうということになりかねません。

対策としては、こまめに汗を拭き、虫除けを塗りなおすことが一番。スプレータイプは蒸発スピードが早いですが塗りなおしがらく、クリームタイプは肌に密着するため汗で落ちにくいという利点があります。それぞれの利点を活かし、使用シーンに応じてアイテムを選ぶのがおすすめです。

幅広い虫除けグッズを併用するのも効果的

【エキスパートのコメント】

赤ちゃんの場合は、気分によって「今日は虫除けイヤ!」とぐずってしまうこともあるものです。

虫除けとひと口にいっても、肌に直接塗るものだけではありません。肌が弱いお子さんや、赤ちゃんが虫除けを塗らせてくれない! というときには、動きまわる赤ちゃんでもいやがらずつけられるシールタイプや、ブレスレットタイプを併用して使うのがおすすめです。また、ベビーカーにつけるつり下げ対応もありますよ。

虫がいやがる香りを使ったアイテムが多くみられますが、ものによって香りの強さや使用期間などはさまざま。赤ちゃんが喜びそうなものをいくつか用意して使ってみるといいでしょう。

BANDAI(バンダイ)『虫よけキャラシール アンパンマン』:

出典:Amazon

アンパンマンの虫除けシール。洋服のうえに貼るタイプなので、直接肌に触れず赤ちゃんにも安心して使えますね。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)