みこと(福士蒼汰)、沙羅(菜々緒)

福士蒼汰が主演、菜々緒がヒロインを務めるドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第3話が、10月25日に放送される。

本作は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載されたキリエの同名コミックを原作に、人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く、切ないラブストーリー。そんな2人と一つ屋根の下で暮らす花巻家の兄弟役として、家族思いの元ヤン熱血長男・廉を桐谷健太が、料理上手な末っ子・藍を横浜流星が演じる。

みことは緊急出動した事故現場で廉の親友であり、幼なじみの青葉広洋(佐藤隆太)と再会。フリーカメラマンとして海外で活躍する広洋は、次の仕事で日本を発つまで花巻家で暮らすことになる。

藍の手料理で皆が食卓を囲む中、広洋は絵を描くために様々な世界を見てみたいと言う沙羅に、自分のアシスタントとして一緒に海外を旅しないかと勧誘。沙羅も乗り気になり、みことは複雑な感情を抱く。沙羅の夢を応援したい反面、沙羅との残された時間を考え苦悩していた。

そんな中、みことは救急で向かった工事現場で不意に負傷。それを聞いて心配で駆けつけた沙羅に対して、みことは敢えて平静を装い、海外行きの背中を押してしまう。

ある雨の日、車で駅まで沙羅を迎えに行ったみこと。やはり海外には行って欲しくないと思い切って伝えようとしたみことに、沙羅は突然秘めていた思いを告白し……。