森に行きたいマイン。『本好きの下剋上』第4話あらすじ・先行カット

10月より放送が開始されたTVアニメ『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(以下、『本好きの下剋上』)より、気にある第3話のあらすじと先行カットが公開された。

原作は、香月美夜による小説でシリーズ累計200万部(電子書籍含む)を突破、”このライトノベルがすごい!(宝島社刊)”単行本・ノベルス部門で2018年から2年連続第1位の話題作。

本が大好きな女子大生が念願の司書になる直前に亡くなり、中世ヨーロッパ風の異世界に兵士の娘マインとして転生。厳格な身分制度の中、現代日本の知識を駆使して本を手に入れるため奮闘する物語。

<第4話あらすじ>
第四章『初めての森と粘土板』
春になり、家族に森へ行きたいと言うマイン。だが、体力がないからと反対されてしまう。しばらく門へ通い、皆に遅れずに歩けるようになれば、森へ行っても良いと言うのだ。オットーの書類仕事を手伝うことになったマインは、門へ通いながら体力をつけることに。そして、次第に歩けるようになり、ついに森へ行くことを許されたマイン。さっそく森で、粘土板を作ろうとするのだが……。

脚本/國澤 真理子 絵コンテ/川崎 芳樹 演出/うえだしげる 総作画監督/柳田 義明 作画監督/近藤 優次、松本 朋之

<STAFF>
原作:『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』(TOブックス刊)
著者:香月美夜/イラスト:椎名 優
監督/本郷みつる 副監督/川崎 芳樹 シリーズ構成/國澤真理子

<CAST>
マイン:井口裕香/フェルディナンド:速水 奨/トゥーリ:中島 愛/エーファ:折笠富美子/ギュンター:小山剛志/ルッツ:田村睦心/ベンノ:子安武人 /オットー:日野 聡/マルク:前野智昭/フリーダ:内田彩

(C)香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会