ホット・チップのアレクシス、全アルバムとキャリア20年を本音で語る

さる10月上旬、初の単独来日ツアーを行ったホット・チップ。東京公演当日の早朝、アレクシス・テイラーが滞在先のホテルで取材に応じてくれた。2000年にロンドンで結成されて以来、ダンサブルなサウンドとキャッチーな歌心、キュートな佇まいで愛されてきたエレクトロ・ポップバンドのフロントマンが、デビュー作から最新作『Bath Full of Ecstasy』まで各アルバムの評価とエピソードを振り返る。


1.『Coming on Strong』(2004年)



─よろしくお願いします。お飲み物はどうします?

アレクシス:紅茶がいいな。アールグレイティーをホットで。

─(CDを取り出して)今回は、ホット・チップのアルバムを一枚ずつ振り返ってもらおうという企画です。

アレクシス:OK!

─本題に入る前に、一緒にバンドを立ち上げたジョー・ゴッダードとの出逢いは2000年代より前で、校庭でのレスリングごっこがきっかけだと聞いたのですが。

アレクシス:うん。僕らは学校にいて、レスリングをしていたんだ。でも本格的な試合ではなくて純粋に楽しんでいただけ。お互いがTVで観たレスリングの試合について語った流れで、僕らはそれを再現しようとしていたのさ。

─そこからどうやって意気投合したんですか?

アレクシス:僕らはどちらも音楽について、好きなバンドや音楽雑誌だったりを語ることが大好きで、当時はそれこそ毎日のように二人でライヴに行ったりしていたんだ。この頃から僕は曲を作っていて、ジョーはテープマシーンの4トラック・レコーダーを使ったりしながら、プロデュースのほうに関心を持っていた。やがて僕が曲を書いてジョーが録音するようになり、向こうも曲を書くようになってね。そこからパソコンやソフトウェアのQ-BASEを購入し、一緒に曲作りするようになり、徐々にホット・チップとしての活動が始まったんだ。


最初のEP『Mexico EP』(2000年)のオープニングを飾る「Beeting」



─『Coming on Strong』は改めていかがでしょう?

アレクシス:プロダクションはとても気に入っているよ。改めて聴くと、かなりユニークなサウンドで驚かされるね。このアルバムを出した頃は、これがポップな音楽には聴こえなかったから。その一方で、僕の歌詞はちょっと恥ずかしいな。いい瞬間もあるけどね。ナイーブで遊び心があって、リリックの面でも他にないものを作ろうと努力していた。僕らはヒップホップも好きだったし、バカげたものも好きで、その全てを取り込もうとしていたんだ。それが一部の人たちを「微笑ましい」と惹き付けた要因かもしれない。歌詞の所々をミュートできるなら、もう少し心地よく聴けるんだけど(苦笑)。


2.『The Warning』(2006年)



─ホット・チップの出世作ですよね。僕もこのアルバムで存在を知りました。

アレクシス:今でもこのアルバムを誇りに思っているよ。シングルの「Boy from School」「Over and Over」「(Just Like We)Breakdown」「Look After Me」は、ホット・チップの全楽曲のなかでもストロングなものだと思う。シングル曲以外のトラックも同様だ。僕らは1stアルバムよりも少し力強くなり、素晴らしい進化を遂げることが出来た。

収録曲のいくつかは今も親しまれていて、ライブでやれば観客の反応に驚かされるし、DJたちも時々クラブでプレイしている。(ジャケットの)デザインも力強くモダンで、今でもこのデザインのタトゥーをしている人を時折目にする。そういうのもあり、このアルバムはいつだってハッピーな感情をもたらしてくれるんだ。過去作の全てがそうとは限らないなかでね。





─このアルバムを出した前後の時期、ホット・チップは「ニューレイヴ」の文脈で語られたりもしましたが、あのシーンに括られることについてはどんなふうに感じていましたか?

アレクシス:たしかに、クラクソンズとかと一緒に分類されていたように思うけど、音楽の世界ではよくあることだよね。そう呼ばれたのもわからなくはないんだ。このアルバムの一部がレイヴっぽかったからニューレイヴって呼ばれたのか、次のアルバム(『Made in the Dark』)に入っていた「Shake a Fist」のシンセがレイヴっぽいからそう呼ばれたのか、はっきりとは覚えていないけど……。でも、僕らはあのジャンルやシーンの一部ではなかったと思っている。そういう感じの曲もあるけれど、全然違う要素の曲もたくさん作っていたし。

─そうですよね。

アレクシス:レイヴっぽいサウンドでいえば、ティンバランドのほうが「ニューレイヴ」を体現していた気がするよ。彼は90年代のブリティッシュ・レイヴ・ミュージックをピュアな形で引用しつつ、かなり興味深いことをやっていたよね。それはさておき、今はなんとも思わないけど、あの頃はニューレイヴとして語られるのがすごく嫌だった。なんで嫌だったのかがわからないから、単に僕が馬鹿だったのかも(笑)。


3.『Made in the Dark』(2008年)



─なんといっても「Ready for the Floor」が人気ですよね。この名曲はどうやって生まれたのでしょう?

アレクシス:曲はジョーが作り始めたんだ。彼は最終的なバージョンとかなり近いトラックを先に作っていた。彼がそのトラックをスタジオ作業中に流したときは、本当に興奮してしまったよ。僕はすぐに歌詞を書いて、アル(・ドイル)もギターを入れたりなど追加を施し、それらを瞬く間に融合させていった。この曲がどういう背景から生まれたのかは、ジョーが知っていることで僕にはわからない。だけど、すごくポップだよね。それに今聞き返してもかなりオリジナルだ。この曲をガラージだったり、どこか(ジャンル)に置こうとしてもできないと思う。とても独特で、だから僕はこのプロダクションが気に入っているよ。

それに時々、YAMAHAの小さなキーボードの音が聴こえてくるのが嬉しくてね。僕がジョーにあげたんだけど、2ポンドとかだから……(日本円で)数百円くらいの安物だよ。それを大成功を収めたこの曲のなかで弾いてくれてるんだ。あと僕の歌詞は、内容としては思ったことを言わずに溜め込んだままでいることに対して、もっと口に出していこうよってことを伝えたくて書いたもので、ピーター・ガブリエルの「Come Talk To Me」に影響を受けている。誰かと関係性を築くためには、君が思っていることをきちんと話さないといけないよと歌っているのは、あの曲から影響を受けているんだ。





─アルバム全体としてはどうです?

アレクシス:タイトル曲の「Made in the Dark」は、これまで書いてきたなかでもお気に入りの一曲だ。他にも好きな曲はある、「Shake a Fist」「In the Privacy of Our Love」とか。ただ思うに、このアルバムは長過ぎるよね。当時の僕は60年代や70年代のダブル・アルバムをずっと聴いていた。今でも好きだけど、ボブ・ディランの『Self Portrait』とか、フランク・ザッパの『Uncle Meat』だったりを聴きながら、自分たちも二枚組のアルバムが作れると思ったのかもしれない。でも、それは間違っていた。音楽的には満足しているアルバムだけど、曲調にまとまりがないし、ムードがころころ切り替わってしまうから、通して聴くと気持ちよくないところもある。あと3曲減らせばよかったのかもしれないね。


4.『One Life Stand』(2010年)



─僕はこのアルバムが一番好きです。

アレクシス:ありがとう。これまでの作り方からガラリと変えただけに、思い出もたくさんあるよ。アルとフェリックス(・マーティン)が作ったスタジオで制作して、ドラマーにディス・ヒート/キャンバーウェル・ナウのチャールズ・ヘイワードが加わっている。僕は彼のドラムが大好きで、このアルバムに色々と足してもらえたのは嬉しかったね。他にもスティール・パンでフィンバー・ブラボーを迎えたり、初めて外部のミュージシャンを何人も迎えることで、自分たちの可能性を拡げつつ再確認しようとしたんだ。「I Feel Better」「One Life Stand」あたりはライブの定番曲だし、「Alley Cats」「Slash」は自分のソロライブでも披露している。非常に満足している一枚だけど、今久しぶりにクレジットを見たら、スペシャルサンクスの1人目の名前……スペルが間違えてる(苦笑)。まあ、僕が間違えたわけじゃないから。





─「I Feel Better」のMVは、個人的に世界最高のビデオの一つだと思っています。なぜあんな内容になったのでしょうか?

アレクシス:監督のピーター・セラフィノイスはコメディアン兼コミックライターかつ俳優で、『スター・ウォーズ』シリーズのどれかにも出ていたはず(※)。フェリックスが彼のコメディ作品の大ファンで、MVの監督を依頼したんだ。フェリックスとピーターは電話でたっぷり打ち合わせしていたけど、ピーターのアイデアがどれもよかったから、彼にシナリオも提案してもらったんだ。偽物のボーイバンドをホット・チップに見立てたもので、今でも僕のお気に入りのビデオだよ。相当バカげているけど、よく出来た作品だと思う。

※『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でダース・モールの声を担当しているほか、『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などの映画にも出演。ホット・チップ「Night & Day」(『 In Our Heads』収録)のMVも監督している。


5.『In Our Heads』(2012年)



─ジョーは2015年のViceの企画で、このアルバムをトップに選んでいました。

アレクシス:僕もとても気に入っているよ。どのアルバムにもそう言ってる気がして、ちょっと心配だけど(笑)。

─いいことです(笑)。

アレクシス:このアルバムはまだ一度も使われたことのない、全く新しいスタジオでレコーディングしたんだ。プロデューサーに迎えたマーク・ラルフはかなりの凄腕で、仕事のペースも早く、オーディオ・エンジニアとして僕らの作業を助けてくれた。彼のおかげでもっともスムーズに作ることができたし、これまでよりもずっと”いい音”で録ることができたよ。アートワークを担当しているニック・レルフとは、次作以降もコラボしている。このアルバムの全てに対して、僕は好意的に捉えているよ。



─手応えが大きかったと。

アレクシス:そうだね、このアルバムは全曲どれも好き。「Flutes」は今でもライブのハイライトになるし、「Look at Where We Are」はお気に入りの一つ。全体を通して力強い一枚だけど、かといってやりすぎていない。そこに心から満足している。僕らのファンでも、このアルバムが好きな人が多いんじゃないかな。未だに「Motion Sickness」とか、このアルバムの曲をリクエストされることが多いしね。あと、「Now There Is Nothing」は僕が書いてきたなかでも心底気に入っている。曲作りにおける悦びというのは、バンドで一緒に制作する場合と、自分でプロデュースする場合でフィーリングが異なるものでね。この曲は夢のなかから出てきたもので、それを形にできたことに興奮している。



6.『Why Make Sense?』(2015年)



─フェリックスは当時のインタビューで「初期の頃に回帰した」作品と話していたようです。

アレクシス:個人的には、初期の僕らをフィルターにかけたとは思っていない。『The Warning』では、コンテンポラリーなR&Bやポップミュージックからの影響を大きく取り入れていた。フェリックスが話していたのは、たぶんそういうことだと思う。

『Why Make Sense?』の制作中はハウスの影響を受けていた。シカゴハウスやディスコのプロダクション、様々なリズムを持つR&Bなどは『The Warning』と関連付けられると思う。ただ、それは意識的に戻ったわけではなく、僕らがアメリカのR&Bへの愛情を示したかったという感じだね。「Love Is the Future」ではデ・ラ・ソウルのポスをフィーチャーしている。デ・ラ・ソウルは僕らにとって重要な存在だから、彼をレコーディングに迎えられたのは感慨深かったよ。






7.『A Bath Full of Ecstasy』(2019年)

Hot Chip 『A Bathfull of Ecstasy』

─最新作はこれまでのアルバムと比べて、どこが同じで、どこが違うと思いますか?

アレクシス:制作プロセスそのものは、従来のホット・チップと一緒だね。デモを作る時点からそう。でも、僕らは最終的に、もっと的確な場所へと向かうための曲を作ることができた。これまでと違う点は、僕らの音楽に新たな要素を加えるため、ロデイド・マクドナルドとフィリップ・ズダールという2人のプロデューサーに初めて依頼して、異なるセッションを個別に行ったこと。それぞれのセッションを通じて、これまでとは一味違う音楽を作ることができたと思う。外部の意見を積極的に受け入れたのもこれまでと違うし、音楽制作の構造にも影響を与えたんじゃないかな。他者によって僕らの音楽をガイドしてもらった感じだね。

あと、収録曲以外にもたくさん曲を作ったんだ。たしか25曲。そこからベストなものだけ厳選していった。ギリギリまで絞り込んで、最終的に9曲にしたんだ。だからこそ、最初から最後までムードを一貫させることができた。そういう作品にすることができたのも、2人のプロデューサーを迎えたおかげだね。多様なムードが同居しているようなアルバム――『Made in the Dark』が思い出されるけど、今回はそうではなく、一つのエッセンスでまとめられたのもよかったと思う。これまでと同じ点を再び挙げると、センチメンタルでメランコリック、そしてエッジーな部分は変わっていない。決してスローになったりせず、最初から最後までグルーヴが感じられるのもいいと思うよ。





─ファミコンの横スクロールゲームをモチーフにした、タイトル曲「Bath Full of Ecstasy」のMVも話題になってますね。

アレクシス:MVを監督したオリヴァー・ペインは、過去2作に続いてアートワークを担当したニック・レルフのコラボ作家で、東京にギャラリーがあって何度も個展を開いているんだ。彼はビデオゲーム・カルチャーに夢中で、ホット・チップの大ファンでもある。そこで僕がMVの監督を頼んだら、オリヴァーは「架空のゲーム」という企画を提案してきた。しかも日本製のね。彼はトリビュートの一環で、ファミコンのコンソール、パッケージや映像のレプリカを作ろうとした。この曲の歌詞対訳を少し載せることより、ビデオゲームのフィーリングや、マジカルな世界観を視覚化しようとしたんだ。

「ホット・チップをバンドではなく、シリーズ物のゲームとして捉えてみるのはどう? 『Bath Full of Ecstasy』はそのゲームの一つだよ」と、オリヴァーは言ってきた。それで僕らは今回のアルバムやこの曲、そしてバンドについて再考してみたんだ。ゲームのなかで使う言語を考えるような感覚でね。そしたら彼はオタク(nerdy)モードになって、ビデオ中にイースターエッグ(隠しメッセージ)をたくさん仕掛けようとしだした。ここでは彼自身のヴィジュアル・アートワーク、ケイティ・ペリーとのコラボ(※)、僕らの過去のアルバムだったり、ホット・チップを理解することがシークレットコードの鍵になっている。オリヴァーは僕がモスバーガー大好きなの知っているから、僕がモスを食べているシーンも隠しメッセージの一つにねじ込んであるよ(笑)。

※アレクシスとジョーは、ケイティの2017年作『Witness』に参加。『Bath Full of〜』収録の「Spell」は、もともとケイティ・ペリーのために制作されたトラックだった。






─”nerdy”という言葉が出てきましたが、自分たちが「ナード」と呼ばれることについてはどう受け止めてきましたか?

アレクシス:僕が子供の頃、学校で「ナード」と呼ばれたことはなかったよ。それは今でも覚えている。当時、ナードっていうのは失礼な意味合いを持っていたし、学校で嫌がらせをするときに使うフレーズだった。ナードって呼ばれるようになったのはバンドを始めてからだね。変わった衣装を着たり、眼鏡をかけたりしているからかな。昔の僕は、そう言われるといつもイラッとしていた。でも、今は大丈夫。

バンドのなかでは、その言葉は違う意図で使われている。モジュラー・シンセサイザーにハマっている人もいれば、レトロなビデオゲームで遊ぶのが好きな人もいる。それってかなりオタク的(nerdy)だよね。僕はレコードと詩のオタクだよ。でも、それ以外は特に詳しくない。オタクっぽく見えるから詳しいと思われてるみたいだけど、科学や数学、コンピューターや電化製品には詳しくないんだ。

─キャリアを振り返って、どんなことを思います?

アレクシス:こんなに多くのアルバムをリリースできてラッキーだと思う。活動をはじめた頃は、どれだけキャリアを続けられるかなんて考えもしなかった。ただ、希望と野心を抱きながら、リスナーにも誇りに思ってもらえるようなアルバムを作ろうとしてきた。そして今、7枚目のアルバムを仕上げられたのは光栄だし、こうして日本や海外を旅しながら、ホット・チップの音楽を求めて観客が集まってくれるのは素晴らしいことだよ。あとは僕にとって、ソロとしての活動も大きな意味を持っている。とてもハッピーだね。




2019年10月の東京公演にて(Photo by Masanori Naruse)


<リリース情報>

Hot Chip 『A Bathfull of Ecstasy』

Hot Chip
『A Bathfull of Ecstasy』
発売中
レーベル:Hot Chip / Beat Records
品番:BRC-603
価格:¥2,400+税
国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説・歌詞対訳付き

=収録曲=
01. Contact
02. UFOF
03. Cattails
04. From
05. Open Desert
06. Orange
07. Century
08. Strange
09. Betsy
10. Terminal Paradise
11. Jenni
12. Magic Dealer