「キング・ケニー」「ステディ・エディ」「ミスター100%」 WGPレジェンドライダーが11月、鈴鹿に登場!

1970年代後半から1990年代前半にかけ、ロードレース世界選手権(WGP)で活躍したライダーの姿は今も脳裏に焼き付いている。「ミスター100%」ことウェイン・レイニー、「ステディ・エディ」ことエディ・ローソン、そして「キング・ケニー」ことケニー・ロバーツ… この3名が鈴鹿サーキットにやってくるとあっては、見逃すことはできない。彼らが登場する「SUZUKA Sound of ENGINE 2019」の開催は11月16~17日。それまでに、レジェンドライダーたちの活躍をおさらいしておこう。


ケニー・ロバーツ Kenny Roberts
・1951生 国籍アメリカ
・WGP時代のライバル:F・スペンサー、B・シーン、J・チェコット、浅見貞夫、片山敬済、etc.
・タイトル:1978~80年 3年連続WGP500チャンピオン。1973、74年 AMAグランドナショナルチャンピオン


70年代に入り巨大化するオートバイのアメリカ市場を狙ったモータースポーツ活動は、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社が鎬を削る大舞台に変貌していく。それにもっとも多大な貢献を果たしたライダーが、ケニー・ロバーツであることに異論を唱えるものはいないだろう。

ヤマハからの依頼でケル・キャラザース(オーストラリア 1969年WGP250チャンピオン)の指導を受けた若き日のケニー・ロバーツは、期待に応えて1973、74年連続してAMAグランドナショナル選手権を史上初、21歳の若さで勝ち取った。そして、1978年、アゴスティーニの引退を機に彼のWGP500の扉が開くことになる。

当時のケニーは、WGPには興味を示さなかったように言っていたが実は「出る以上は、自分が史上初のAMAとWGPの両チャンピオンになる」の気持ちが強く、圧倒的な強さを見せつけて参戦初年で見事にその年の年間チャンピオンを勝ち取り、その後3年連続でチャンピオン獲得の偉業を成し遂げた。

当時はヨーロッパ勢ライダーが大半のWGPの世界で、果たしてアメリカ流が通用するのか? と訝しく思っていた者は少なくなかったが、この快挙には世界中が沸いた。

彼の走法は独特で、オートバイとライダーがコーナーでの傾きを一体とする「リーンウィズ走法」が一般的だった時代、AMAのダートトラックで技を磨いた彼は、コーナーでマシンよりも体(尻)をイン側に落とし、マシンのスライドに対応できる走法(ハングオン走法)を我々の前に披露してくれた。



ロードレースでのある意味この突拍子もない走法は、ケニーがチャンピオンとなることで証明され、あっと言う間に世界中のライダーが真似をするようになり現在に至っている。

また、現役時代、メーカーを移り変わるライダーが多い世界で、彼はヤマハ一筋を通してきた。それは、命をかけたレース現場故、チーム内のぶつかり合いや契約金がもとで他メーカーに移るライダーが多い中で稀有なことだが、これこそが彼の人間性の一面を証明していると言えるだろう。

余談だが、ケニーのヘルメットにはアメリカの国鳥である白頭鷲が描かれている。コーナーをハングONで決め、先頭で立ち上がってくるヘルメットと、フルバンクしたマシンを想像してほしい。

70年代になり、遠目でもライダーが認識できる手段のひとつとして、多くカラーリングヘルメットが採用されるようになったが、それはまだ2色3色の色分けだけが多かった当時、サインボードを出すピットマンにも観客にも、一目でケニー(!)と分かる視覚効果も同時に生み、以後ヘルメットデザインの主流となっていった。



エディ・ローソン ・Eddie Lawson 1958生 国籍 アメリカ
・WGP時代のライバル:W・レイニー C・サロン、W・ガードナー、平忠彦、etc.
・タイトル:1984、86、88、89年 WGP500チャンピオン。1981、82年 AMAスーパーバイクチャンピオン


子供の頃からローソン少年の憧れはケニー・ロバーツだった。父親の援助でダートトラックレースで腕を磨いた後、1980年にカワサキを駆ってAMAスーパーバイクに転向すると、すぐにその非凡な才能は発揮されることとなる。

AMAデビュー年のライバルが、強敵、ヨシムラ・スズキのウェス・クーリーだった。予想通り激しいトップ争いの展開になったが、残念ながらこの年はヨシムラに軍配を許してしまった。しかし、翌1981、82年と連続してチャンピオンを獲得することに成功する。

カワサキは、これを記念してZ1000Rローソンレプリカをいち早く市販したが、このオートバイは81年82年に市販され、カワサキブランドを不動のものにした。こうしたアメリカの巨大マーケットへの貢献も見逃せない彼の偉業のひとつと言えるだろう。

この速くて強いローソンをヤマハは見逃さなかった。

WGPを引退したアゴスティーニが代表を務めるマールボロ・ヤマハは彼との契約に成功し、いよいよローソンの本格的なWGP舞台の幕が上がることになる。



契約の年、1983年のチームメイトは子供の頃から憧れのライダー、ケニー・ロバーツだった。

このシーズンは、ちょうど前年1982年にF・スペンサーがデビューし、ホンダは4ストロークダ円ピストンのNR500を諦めて、新た開発した2ストローク3気筒のNS500を開発投入して力が入っていた年で、予想通り、ロバーツとスペンサーは熾烈な一騎打ちを展開した。両者一歩も引かず、6勝ずつでポイント争いとなった結果、スペンサーの勝利となったが、このことがヤマハの開発陣に火をつけた。

83年マシンの欠点を徹底的に修正し完成した84年マシンは「最高の仕上がりです!これならスペンサーに負けない…」の声を聴かず、すでにロバーツは83年で引退を決意していたのだ。残ったローソンは一人でヤマハを背負って立たねばならない難しい立場に立たされることになったが、熾烈な戦いの末に見事にスペンサーを破ってWGP500の初タイトルをものにした。

そして、翌年こそまたスペンサーにその座を渡したものの、1986年、1988年とタイトルを獲り、1989年にロスマンズ・ホンダに電撃移籍するや、見事にレイニー、ガードナーを下してチャンピオンを獲った。

翌1990年には再びヤマハと契約することになるが、この年の鈴鹿8時間耐久レースこそが、歴史に残る平忠彦とコンビを組んだ「資生堂テック21」だ。

その後、1991年にカジバに移籍し、1992年に現役を引退。500cc通算31勝!

引退後は4輪レースに転向し、1996年にはCARTに参戦している。



ウェイン・レイニー Wayne Rayney
・1960生 国籍アメリカ
・WGP時代のライバル:E・ローソン、K・シュワンツ、W・ガードナー、八代俊二、etc.
・タイトル:1990~92年 3年連続WGP500チャンピオン。1983年、1987年 AMAスーパーバイクチャンピオン


幼少期からオートバイレースの英才教育を受けて育った彼は、14~15歳の頃には既にアメリカでは名が知れるライダーに育っていた。

AMAで1981、82年連続でタイトルを獲ってWGP500に活躍の舞台を移したE・ローソンの後釜を探していたUSカワサキは、以前から目を付けていたレイニーと契約を交わし、彼は期待通りその年83年にAMAの賜杯を手に入れた。

母国の後輩ゆえか、この類稀な才能をどこよりも早く見抜いていたのがK・ロバーツだった。1983年に現役を引退し、自ら立ち上げたチームのエースライダー(WGP250ccクラス)にレイニーを招聘し、ここから彼の本格的なWGP挑戦の幕が上がった。

しかし、残念ながら発足したてのチーム故の課題も多く、結果は惨めなものに終わったがしかし、その年の秋、ロバーツは彼に大きなチャンスをプレゼントした。

秋に仙台のスゴウで開催されるTBCビッグロードレースで、彼のライディングを待っていたのはマールボロカラーのYZR500のシートだった。



それまで2ストロークマシンの経験は250ccしかないレイニーとって、モンスターYZR500は初体験だ。周囲の目は「はたして乗りこなせるのか?」といった興味半分の心配もあったが、それを吹き飛ばし安定した走りで水谷勝に次ぐ5位に入賞。

ここでの高評価は彼だけでなく周辺も、いよいよ翌年は500ccクラスへステップアップを、、、と期待したのだが、無念にもそのシート開かず、やむなくホンダに移籍し、再びAMAスーパーバイクの舞台に戻ることになる。

そしてAMA3年目のシーズン、1987年に2度目のチャンピオンをとり、ロバーツ(ヤマハ)は再び契約の話を彼に持ちかけた。

「1988年にロバーツと契約してからの彼は、まさに水を得た魚だった」(河崎裕之氏 談)のとおり、見事にWGP500のタイトルを勝ち取って見せたのだ。

翌1989年は、ヤマハからホンダに移籍したローソンに敗れてランキング2位に甘んじたものの、1990~92年と3年連続してチャンピオンを獲得したが、これはロバーツ以来の快挙で、「さあ、4年連続の大記録!」も目前の1993年、ランキングトップで向かえた第13戦イタリイアGPで転倒し、下半身不随の重傷を負ってライダー人生を終えることとなった。

そして迎えた1994年、自らが立ち上げたチーム(マールボロYAMAHA チームレイニー)で臨んだスズカGP、そこに彗星のように現れた天才ライダーが阿部典史(ノリック)だった。長い髪をなびかせ、フルアクセルでブラックマークを残しインに切り込むダートトラック仕込みのテクニックを駆使してトップ争いを繰り返すノリックに感動し、彼を自らのチームに招いた話は今や伝説ともなっている。


SUZUKA Sound of ENGINE 2019
開催日時:2019年11月16日(土)・17日(日)
開催場所:鈴鹿サーキット国際レーシングコース・パドック
主催:鈴鹿サーキット
公式サイト:https://www.suzukacircuit.jp/soundofengine/