連続ドラマ「シャーロック」に出演しているディーン・フジオカさん(右)と岩田剛典さん

 俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)の第3話が10月21日、放送された。同話では、捜査2課の市川利枝子(伊藤歩さん)が巨額の地面師詐欺の主犯格“モリヤ”の存在を語る場面があった。SNSでは「モリヤがシャーロックの宿敵モリアーティってこと?」「モリヤは誰が演じるのか楽しみ!」「モリアーティ役もイケメンであれ!」といった声が上がった。SNSでは“モリヤ”役として、俳優の伊勢谷友介さん、斎藤工さん、浅野忠信さんらに演じてほしいという声も上がっていた。

 ドラマは、アーサー・コナン・ドイルの生んだ世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作。現代の東京を舞台に、ディーン・フジオカさん扮(ふん)する犯罪捜査専門のコンサルタント・誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さん演じる若宮潤一のコンビが難事件を解決していく姿を描く。

 第3話は、5年前に起きた巨額の地面師詐欺の犯人グループの1人が死体で発見され、獅子雄たちが調べることになる……という展開。ラストでは、捜査2課の市川が犯罪に手を染めていたことが発覚。市川が自身の罪について語る中で、演じる伊藤さんが不気味な表情を見せたり、突然大声で笑い出したりするなどの演技を見せ、視聴者からは「豹変(ひょうへん)ぶりが怖かった」「ゾクッとした」「このドラマは、女優の狂気っぷりが続く(笑い)」といった声も上がった。