映画「ジョーカー」の一場面 (C)2019 Warner Bros. Ent.All Rights Reserved TM & (C)DC Comics

 10月21日に発表された19、20日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、バットマンの宿敵ジョーカーを米俳優ホアキン・フェニックスさんが演じた映画「ジョーカー」(トッド・フィリップス監督)が3週連続で首位を獲得した。土日2日間で、約23万4000人を動員し、興行収入は約3億5300万円を記録。累計では、動員で184万人、興行収入で27億円を突破している。

 初登場作品では、米女優アンジェリーナ・ジョリーさん主演のディズニー映画「マレフィセント2」(ヨアヒム・ローニング監督)が、土日2日間で動員約15万8000人、興行収入約2億2200万円をあげて、2位にランクイン。18日の公開初日から3日間の累計では、動員で20万人を突破し、興行収入は3億円に迫るスタートとなっている。

 続く3位には、人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第16弾「スター☆トゥインクルプリキュア」の劇場版アニメ「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想(おも)いをこめて」(田中裕太監督)が初登場。土日2日間で、動員は約14万1000人、興行収入は1億6000万円だった。

 累計では、6位の「記憶にございません!」(三谷幸喜監督)が、動員254万人、興行収入32億円を突破。公開14週目にしてランク外となった新海誠監督の新作劇場版アニメ「天気の子」は、累計で動員1027万人、興行収入で137億円を突破し、歴代興行収入ランキングで「ラスト・サムライ」を抜き12位となっている。

 1位 ジョーカー  2位 マレフィセント2  3位 映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて  4位 世界から希望が消えたなら。  5位 最高の人生の見つけ方  6位 記憶にございません!  7位 空の青さを知る人よ  8位 イエスタデイ  9位 HiGH&LOW THE WORST  10位 楽園