映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のポスタービジュアル (C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督、12月20日公開)の予告編が10月22日、公開された。レイやカイロ・レンのほか、C-3PO、R2-D2、BB-8などのドロイド、さらにはレイアやランド・カルリジアンなどシリーズ歴代のキャラクターが続々と登場する。

 解禁された予告編は、レイがたった一人で走り続けるシーンからスタート。レイとカイロ・レンのアクションシーンや、共闘しているような意味深なシーンも登場。また、「ミレニアム・ファルコン」や「スター・デストロイヤー」といった宇宙船が大集結する場面、C-3POが「最後にもう一度だけ友人たちに」と、仲間たちへ別れを告げるかのような意味深なせりふ、予告編には姿を現さないが、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの「それはジェダイの運命、お前の運命だ」というせりふなども収められている。

 併せて、映画のポスタービジュアルも解禁された。青いライトセーバーを構えるレイの背後に、赤いライトセーバーを構えるカイロ・レンなどが写し出されている。

 「スカイウォーカーの夜明け」は、「新たなる希望」から続くシリーズの幕引きとなる作品。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを受け継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイたちの活躍が描かれる。またハン・ソロの永遠の好敵手、ランド・カルリジアンが、「スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還」以来、再登場する。