キョーダイン初展示!ゴジラ、SWシリーズなど『生頼範義展 THE ILLUSTRATOR 』北海道上陸!

イラストレーター生頼範義(おおらい・のりよし)の本格的な展覧会が北海道・札幌のプラニスホールで11月4日(月・祝)まで開催されている。2016年に北海道立近代美術館で開催された『ゴジラ展』において『ゴジラvsビオランテ』『ゴジラ FINAL WARS』などのポスターに使用された原画が展示された事はあるが、それをのぞくと、今回展示された約90点の原画は北海道初上陸となる。

もし生頼範義という名前に馴染みがなくても、展示された作品に記憶がある人は少なくないハズだ。世界的にも有名な『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』のポスター、80年代以降数多く描かれた『ゴジラ』シリーズのポスター、吉川英治、小松左京、平井和正、清水一行らの書籍の装丁画、『信長の野望』『水滸伝』『太閤立志伝』といった大ヒットゲームのパッケージイラストなどなど、必ずどこかで迫力ある生頼のタッチに触れていることだろう。生頼が作り手たちに与えた衝撃は大きく、その影響を語るアーティストは樋口真嗣や寺田克也などいまも多い。幅の恐ろしく広い全仕事の中から、ジャンル分けしてその生涯を見渡せるよう構成された展示になっており、北海道の方々には、そのパワフルな原画を観る貴重な機会をぜひ逃さないで欲しい。

今回の展示も2014年に宮崎でスタートした生頼範義の回顧展の流れで、その後さらに宮崎での2回の追加展ののち、兵庫・明石、大分、上野の森美術館を経て開催されてきたものだ。回を重ねる度に新しく発見されたり発掘された絵が並べられるのだが、今回は7点の絵が初披露となった。初披露されたのは1980年のLAZYのレコード『宇宙船地球号』のジャケットイラストや、生頼家の玄関に飾られていたという1970年の『ステレオ世界音楽全集17』のジャケットのストラヴィンスキーの肖像画、1984年の『イラスト劇場1 SFファンタジー』掲載の『エルサルバドル1983』など。目を引いたのは1976年の『テレビランド』4月号に掲載された『宇宙鉄人キョーダイン』のイラストだ。恐らく設定にもないディテールまで緻密に描かれたスカイジェットとグランミサイルが飛行するさまは力強く迫力満点だ。

「寄せられる仕事は可能な限り引き受け、依頼者の示す条件を満たすべき作品に仕上げようと努力する」「主題が何であれ、描けないと云うことは出来ない。生活者の五分の魂にかけて、いかなる主題といえども描きあげねばならない」という生頼の矜持が胸に響く。

※生頼範義の「らい」は旁部分上「刀」が正式表記になります


▲徳間書店とは平井和正作品などで関係の深い画家だった生頼範義。そのご子息で画家のオーライタロー氏と、小社刊『SFアドベンチャー』増刊用の平井和正作品のイラストの前にて。

▲会場内の展示の様子。

▲初披露となったLAZYのレコード『宇宙船地球号』のジャケットイラスト(1980年)と、『ステレオ世界音楽全集 17』ストラヴィンスキーのレコードジャケットイラスト(1970年)。

▲初披露となった小社刊『テレビランド』4月号にて掲載された『宇宙鉄人キョーダイン』のイラスト(1976年)と、『イラスト劇場1 SFファンタジー』エルサルバドル1983(学習研究社刊)のイラスト(1984年)。

▲左から、映画『メテオ』、『マッドマックス2』、『EAST MEETS WEST』、『浪人街』の田中邦衛のイラスト。

▲小社刊『SFアドベンチャー』表紙絵用の聖書や神話、歴史書などに登場する美しい女たちのイラスト。

▲人気シリーズのゲームのパッケージイラスト群(複製画)。

▲数多く手掛けてきた書籍の表紙絵の一部も展示。撮影OKなのでじっくり見て気になる書影を撮影しておこう。また宮崎で開催されたときの映像や、生頼さんの仕事場なども流れているのでお見逃しなく。

▲カバーが一新されているほか、これまでの図録にはなかった作品も追加収録され、生頼の生涯を詳細に振り返ったテキストも新たに収録された三版となる本展の図録(2500円+税)。

▲デスクトップに飾れる、小松左京の装幀画のポストカードセット(2000円+税)。

▲ポストカード(1枚150円+税)。※スター・ウォーズ3種のみ1枚250円+税になります。


■「生頼範義展 THE ILLUSTRATOR」 概要
【開催期間】2019年10月12日(土)〜11月4(月・祝)
【場所】プラニスホール/北海道札幌市中央区北5条西2丁目エスタ11F
【時間】10:00〜19:00(最終入場は18:30)※最終日は17:00
【休館日】会期中無休
【入館料】一般800(700)円/高大生500(400)円/中学生以下無料※カッコ内は10名以上の団体料金。
【問い合わせ】プラニスホール TELL:011-213-2776 
★HP http://www.jr-tower.com


(C)生頼範義 (C)石森プロ・東映