「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」のビジュアル(C)2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会

 人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第16弾「スター☆トゥインクルプリキュア」の劇場版アニメ「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想(おも)いをこめて」(田中裕太監督)が10月19日に公開され、19、20日の2日間で興行収入が約1億6000万円を記録したことが分かった。観客動員数は約14万1000人で、19、20日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)で3位にランクインした。

 「スター☆トゥインクルプリキュア」は、宇宙と星座が大好きな星奈ひかるが、プリキュアに変身して、宇宙の支配をもくろむノットレイダーと戦う姿を描いている。

 劇場版は、ひかるの元に、言葉は通じないが“うた”で気持ちが通じ合える不思議な生き物ユーマがやって来る……というストーリー。ひかるたちが、ユーマを狙う謎の宇宙ハンターと戦う。