東京モーターショー初企画│お台場の夜で宇宙空間を共に旅する錯覚に陥る体験を

「第46回東京モーターショー2019」における新たな試みとして、10月24日(木)~27日(日)までの4日間限定で、東京モーターショー初の夜空のスペクタクルショー「FUTURE DRONE ENTERTAINMENT ”CONTACT”(コンタクト)」が開催される。

FUTURE DRONE ENTERTAINMENT ”CONTACT”は、合計500機のインテル® Shooting Star™ドローンが、3Dサウンド、レーザー、ライティングなどの最先端テクノロジーとシンクロし、夢の大橋上空を乱舞する、没入型の夜空のスペクタクルショーである。未来のモビリティ社会の主要なインフラの1つとなるドローンを活用した「未来のモビリティ・エンターテインメント」の提案として、今回の東京モーターショーのコンセプト「OPEN FUTURE」を象徴的に表現した、全く新しい体験型のナイトショーだ。
総合演出は、お台場周辺エリアでの世界的ダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」、未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」などを始め、数多くの人気イベントを手掛けてきた稀代のクリエイティブディレクター小橋賢児氏。
 
ドローン・ライトショー・システムを手掛けるのはインテル コーポレーションであり、インテル コーポレーションは、自社創立50周年を記念し、ギネス世界記録™となる2000機以上ものインテル® Shooting Star™ドローンを飛行させた実績を持つなど、輝かしい実績を誇る。同社は、一人のパイロットの操縦で数百ものインテル® Shooting Star™ドローンを飛行させることが可能な「ライト・ショー」という全く新しいエンターテインメントを提供した企業であり、40億ものカラー・コンビネーションを実現可能な、エンタメ専用のドローンにてショーを実現している。世界最先端のテクノロジーと日本演出チームとの共作により、未だかつてない壮大なスケール感のエンターテインメントショーを創りだす。        
 
また、今回のショーに向けて、小橋氏の声がけにより、豪華クリエイター陣による、エンターテインメント創造チームが結集。共同演出にはSTAR ISLANDなどでも小橋氏とタッグを組んできた演出家 潤間大仁氏。イマーシブ3Dサウンドエンジニアの伊藤カズユキ氏(KISSONIX)。ケミカルブラザーズのライブ映像演出などを手掛けるJonny.tv。先鋭的なレーザーアーティストYAMACAHNG(REALROCKDESIGN)。

さらに、ショータイトルロゴはグラフィックアーティストYOSHIROTTENが手掛けるなど、日本を代表する豪華クリエイター陣が集結。

お台場の夜に突如できた非日常空間に日本屈指のクリエイター陣が作り出す空間は、まるでイマジネーションによって造られたスペースシップに乗船するかのよう。

壮大な宇宙の深遠までのスペーストラベルに出発し、それは、ドローンショーを見るという感覚を超え、まるで宇宙空間を共に旅する錯覚に陥る体験となるであろう。

■FUTURE DRONE ENTERTAINMENT ”CONTACT” 開催概要
・開催名称       :第46回東京モーターショー2019
         FUTURE DRONE ENTERTAINMENT Intel® Drone Light Show ”CONTACT”
・主催         :一般社団法人 日本自動車工業会 
・後援       :東京都
・協力     :インテル コーポレーション
         公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
・開催日時       :10月24日(木)~27日(日) 18:30~19:00(予定)
・開催場所       :お台場「夢の大橋」上空(青海~有明間・シンボルプロムナード公園内)
                        〒135-0064 東京都江東区青海1丁目4 (入場無料)
・詳細URL       :https://www.tokyo-motorshow.com/event1/drone_show/ <10/20(日) 10:00開設>