ディーン・フジオカ、伊藤歩

伊藤歩が、ディーン・フジオカ主演の月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第3話(10月21日放送)に出演することがわかった。

同ドラマは、アーサー・コナン・ドイルによる世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」を原作としたミステリーエンターテインメント。原作の魅力はそのままに、舞台を“令和の東京”に移し、“シャーロック・ホームズ”にあたる獅子雄(ディーン)と、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一(岩田剛典/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE )が難事件に挑む姿を描く。ディーンと岩田のほか、佐々木蔵之介や『あなたの番です』で話題となった山田真歩、モデルや俳優として活躍中のゆうたろうが出演する。

伊藤が今作で演じるのは警視庁捜査二課の刑事・市川利枝子(いちかわ・りえこ)。捜査一課の江藤礼二(佐々木)らが一目置く敏腕刑事だ。市川は5年前に渋谷の一等地で起きた巨額な地面師詐欺の一件を担当していたが、逮捕できたのは犯行グループの一人、吉野正夫だけ。主犯の守谷という男に大金が渡ったところまで突き止めたが吉野以外のメンバーはいまだ行方知れずだという。そんな市川が獅子雄と接触するきっかけとなったのは、渋谷の空き家で60代男性の死体が発見された事件。死後10日ほど経過しており、死因は頸椎骨折による頸髄損傷。首には強く絞め上げられたような跡が残されており、腰には打撲痕も見られ、格闘技経験者による無駄のない犯行だと推察される。実はこの空き家こそ、5年前に地面師詐欺の舞台になった邸宅。詐欺被害にあった建設会社の社長がその邸宅内で自殺し、いわく付き物件として空き家のままになっていたのだ。その後、死体の身元が刑期を終え出所していた詐欺グループの一員、吉野正夫だったことが判明し、詐欺被害者による復讐劇の可能性が浮上して……。

詐欺グループを追う捜査二課の市川と、殺人事件の謎を追う獅子雄。敏腕刑事と天才コンサルタントが交わったとき、誰もが予想だにしない衝撃の結末が明かされる。一体、5年前の地面師詐欺事件と今回の殺人事件にはどんな関わりがあるのか?

以下に伊藤、太田大プロデューサーのコメントを紹介する。
                                                                          
<伊藤歩 コメント>
――台本を読んだ感想は?

第3話で扱う題材が“地面師詐欺”というあまり聞き慣れない言葉だったのですが、現実にこういう事件が起きているということを知り非常に驚きましたし、同時に、そんな悪徳で闇の深い事件の謎を解く獅子雄の着眼点がとても面白いなと思いました。普通の人が見向きもしないポイントにヒントを得て解決に導いていく獅子雄は頭の回転が早過ぎるので、台本を読んでいてついていくのが大変でしたけど(笑)、読み返していくうちに、“ああ! そういうことか!”という感動がありました。

――市川利枝子を演じるにあたって。

彼女はあるひとつの“美学”を持って生きている気がするんです。生き方も、自分の振る舞いも含めて自分なりの美しさを追求している印象を受けましたので、そこを膨らましてキャラクター像を作っていこうと思いました。もちろん刑事としては優秀で一目置かれる存在ですし運動神経も備わっている必要があると感じましたので、役作りにあたりトレーニングで体を絞ったり、体幹を鍛えたりしました。

――撮影現場の雰囲気について。

永山(耕三)監督とは1999年放送のドラマ『リップスティック』以来の再会でとても感動しました。監督の印象はあのときのまま変わっていなかったですが、監督からは“大人になったね”って言われて(笑)。当時を懐かしく思う気持ちや、再会できた感動、またご一緒できる感謝の気持ちなど色んな思いが混じり合って、楽しくリラックスしながらも良い緊張感のもと撮影に臨めています。

――ディーン演じる“シャーロック”について。

第1話、とっても面白く拝見しました! クスクス笑えるし、ディーンさんにしか出せない雰囲気があって。実際にお芝居でご一緒する際は“ここ、そういう感じなんだ!”とディーンさんならではの独特なシャーロック像を楽しく感じています。ディーンさんとは10年来の知り合いでして、こちらもまた面白い再会で幸せな気分です。

――視聴者へのメッセージ。

警察組織に自分の追い求める美学があるのか、その葛藤を抱えながら生きている利枝子の前に突然現れた獅子雄という男は、彼女にとってムカつく厄介な存在ではあるけれど、一方で“この人、面白い人だな”と惹かれる何かを感じていると思うんです。利枝子自体にもミステリアスな怪しい側面がありますし、一体どのように事件の真相が暴かれていくのか、獅子雄の推理がとても面白いのでぜひ楽しんでいただけたらうれしいです。

<太田大プロデューサー コメント>
詐欺犯などと対峙する捜査二課の市川利枝子は、詐欺犯たちを上回る頭脳をフル回転させながらも、警察官としての強靱な体躯を持つ人物。伊藤歩さんはまさに両方を持ち合わせる方で、タイトなスーツを着こなした凛としたスタイルが抜群にすてきでした。再開発に沸く最新の渋谷を舞台にディーンさんとの頭脳対決も繰り広げられつつ、伊藤さんが研ぎ澄まされた運動神経を惜しみなく発揮するシーンもあり、ぜひ楽しみにしていただければと思います。