「Dr.STONE」の外伝「Dr.STONE reboot:百夜」のビジュアル (C)米スタジオ・Boichi/集英社

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガ「Dr.STONE(ドクターストーン)」の外伝「Dr.STONE reboot:百夜」の連載が、10月28日発売の同誌48号でスタートすることが21日、明らかになった。外伝は、「Dr.STONE」の作画を担当するBoichi(ボウイチ)さんがストーリー、マンガを担当する。本編と外伝の2本同時連載は、同誌では初めて。

 「Dr.STONE」は、「アイシールド21」の稲垣理一郎さんが原作、「サンケンロック」「ORIGIN」などのBoichiさんが作画を担当するマンガで、2017年3月に同誌で連載がスタート。全人類が、謎の現象により一瞬で石化して数千年がたち、超人的な頭脳を持つ根っからの科学少年・千空が目覚め、絶体絶命の状況で、仲間を探し、世界を取り戻すことを決意する……というストーリー。千空は科学を駆使して、ゼロから文明を築こうとする。7月からテレビアニメが放送中。

 外伝の主人公は、人類最後の宇宙飛行士、石神百夜。宇宙ステーション【ISS】で地球の石化を目撃した彼が何をしようとしていたのか……という展開。本編で人気のエピソードのその先や、語られなかった「もしかしたら」の物語をBoichiさんが構想し、描くという。

 ◇Boichiさんのコメント

 百夜に関する物語を、自分で直接描いてみないかというご提案を伺った時、「すごすぎる!!!!!」と思いました。自分自身が描くストーリーでジャンプ読者の皆さんにお会いできるなんて!!! そして2つの作品を同時連載!!! これはたとえるなら、人生最高の冒険に出る気持ちです。これから9週間の物語、冒険を取り扱う冒険、気持ちをたっぷり込めました。どうか楽しんでください!!!

 ◇稲垣理一郎さんのコメント

 本編&外伝同時連載! Boichi先生ブッ倒れちゃわないかしら……! 僕はBoichi先生の無事を祈りつつ、キャラクターのセリフやちょっとしたリアクションだけ監修&調整させていただいてます。「Dr.STONE」の世界が、SFの達人Boichi先生の手でどのように描かれるのか。宇宙でのドラマを掘り下げる外伝スピンオフ、原作者としても、一読者としても楽しみにしております!