白人至上主義者の新たなシンボルが誕生「マッシュルームカット」が暴力を呼ぶ

白人至上主義者の中でも極右過激派の新たなシンボルが誕生した。可愛いはずの「マッシュルームカット」が、今アメリカで暴力のシンボルとなってしまったのはなぜなのか?

数年ほど前までは、マッシュルームカットといえば親に髪を切ってもらった幼児や、1990年代の子役スターの間でよくみられたダサいヘアスタイルだった。ところが名誉毀損防止同盟(ADL)の最新レポートによると、この数年でこの髪型は極右過激思想家から、人種差別や過激な暴力といった背筋の凍るシンボルと見なされるようになっている。

ADLは木曜午前、ヘイトグループらが使用する200以上ものシンボルを収蔵したデータベースを更新したと発表した。ご満悦顔で両手を揉みしだく商人を描いた反ユダヤ的な風刺画「邪悪なユダヤ人(Happy Merchant)」や、始めは4chanや8chanのおふざけだったのが、のちに白人至上主義運動で憎悪のシンボルとなった”OK”サインの絵文字などと並んで、新たにマッシュルームカットがデータベース入りしたのだ。2015年にサウスキャロライナ州チャールストンのエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督教会を襲撃し、9人を殺害した白人至上主義者、ディラン・ルーフの髪型だ(2017年、ルーフは州刑法殺人罪を認め、現在は9件の仮釈放なしの終身刑で服役中)。

GabやDiscordといったプラットフォームで展開する白人至上主義者のチャットルームでも、マッシュルームカットが様々な形で登場している。ルーフの髪型を加工して、別の人の顔に重ねた白人至上主義的なミームはよく見かけるし(ルーフの髪型をSSの軍章と重ねたものは特に人気)、中にはルーフの頭の周りに後光やオーラを加えて、強調しているものもある。マッシュルームカット[英語でbowl cut]は、白人至上主義者の中でも過激な少数派たちの合言葉になっている。自分たちのことを”bowl gang”と呼んだり、他の言葉に挿入してbrotherをbowltherと呼んだりしているのだ。BowlCastと題した白人至上主義者のポッドキャストまである。もちろんルーフのトレードマークにちなんだ名前だ。

マッシュルームカットの台頭は、髪型そのものとは全く関係ない。あの髪型がクールで魅力的だから惹きつけられているわけでもない。実を言うと、多くの意味で、あの髪型がバカげているからこそ、白人至上主義者のシンボルとして人気を得たといえる。ADLの「過激派調査センター」の主席研究員マーク・ピットキャヴェッジ氏は、ルーフのマッシュルームカットをヒトラーの口ひげに例えている。はたから見れば滑稽だが、独特であるがゆえに模倣の対象となりやすい。だが、このシンボルの台頭は、ルーフを神格化しようという白人至上主義者の間で高まりつつある流れと密接に絡み合っている。

ADLでは2017年ごろから、白人至上主義者がマッシュルームカットを自分たちのアイデンティティに結び付けていることに気がついていた。ちょうどチャールストン教会の銃撃事件から数年後のことだ。このタイミングが非常に重要だと、ピットキャヴェッジ氏は言う。というのも、チャールストン銃撃事件の直後には多くの白人主義者がルーフを非難する、あるいは彼の行動に否定的だったからだ――必ずしも倫理的な理由からではなく、暴力によって自分たちの運動がいらぬ詮索を受けてしまうと信じていたためだ。



だが、そうした見方は加速主義の台頭によって変わった。「加速主義」とは、現在の社会を崩壊させて新たな社会を築く手段として暴力を擁護する白人至上主義者の一派のこと。2016年ごろにオルト・ライトが出現したことも、「男性ホルモンとアドレナリンが充満した男性が新たに過激化し、大挙して白人至上主義運動に加担するきっかけとなった」とピットキャヴェッジ氏は言う。その結果、暴力を社会変革の手段として容認する流れが生まれた。これに追従して、ルーフや、シナゴーグ「ツリー・オブ・ライフ」の犯人や、いわゆる”一匹狼”のニュージーランドのモスクの銃撃犯といった連中を、大義のために命をささげた殉教者として称える傾向が生まれた。ピットキャヴェッジ氏いわく、マッシュルームカットのシンボル化は「ディラン・ルーフを(一部の)白人至上主義者の崇拝と憧憬を集める象徴的存在に仕立てる」という、大規模な流れの一端をなしている。

もちろん言うまでもないことだが、害のないキャラクターが極右過激思想のシンボルとして祭り上げられた「カエルのペペ」の例と、今回のマッシュルームカットの例は比較にならない。大半のミーム同様、マッシュルームカットの画像は完全にテキストのオマケにすぎず、白人至上主義者は「今すぐマッシュルームカットにしてこい、と言っているわけではない」とピットキャヴェッジ氏も言っている。

だがこうした動きは、非常に恐ろしい風潮が広範囲に広がっていることを反映している。ルーフのような人物を擁護するだけでなく、積極的に神格化し、崇め奉るよう後押ししているのだ。実際にそれが効果を発揮している証拠もあり、事実それがきっかけでADLはマッシュルームカットに目を光らせるようになったのだ。数多くの白人至上主義者らが、模倣犯罪を引き起こそうとして逮捕されているし、地元のバーを放火する計画を企てたオハイオ州トレドの女性は、ルーフとメールでやり取りしていた。白人至上主義者がこれまで採用してきた他のシンボル同様、マッシュルームカットがしばしば冷笑的な、もしくはくだらない書き込みの中で使用されているとしても、暗示されている内容が身の毛もよだつものであることには変りない。

「マッシュルームカットが他の憎悪シンボルと違うのは、それ自体が明らかに殺人を黙認していることだ」とピットキャヴェッジ氏。「我々のデータベースにある憎悪シンボルの多くは、どれも攻撃的で、不快極まりないものだ。だが、今回のケースは、外でとことん暴力を振るってこい、というメッセージを暗に、時にあからさまに発信しているのだ」