「デジモン」シリーズのトークショーの様子

 アニメやゲームなどが人気の「デジモン」シリーズのトークショーが10月18日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、石田ヤマト役の風間勇刀さん、太刀川ミミ役の前田愛さんらが登場した。風間さんは、劇場版最新作「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」(2020年2月21日公開)について「あの太一とヤマトがあんなことをするんですよ……。いやあ、大人になったなあ……とお父さん目線になりました。そういう要素が盛り込まれています」と語った。

 シリーズの初代プロデューサーの東映アニメーションの関弘美さんは「懐かしいデジモンが出てきます。アフレコを見ていてウルッとしたところもあります。素晴らしい映画ができるんじゃないかなと思っています」と明かした。

 風間さんと前田さんは、好きなせりふを紹介することになり、風間さんは「魚は遠火で焼くもんだ」「島根にパソコンなんてあるわけないじゃん」を生披露。関プロデューサーは「島根に~」について「あのせりふで島根をディスってしまったので、数年後に島根にふるさと納税しました」と話していた。

 この日は、東京・新宿で開催中の「アニメフィルムフェスティバル東京2019」の一環として、テレビアニメ第1弾「デジモンアドベンチャー」でミミが大活躍した第25話「眠れる暴君! トノサマゲコモン」とヤマトが主役の第33話「パンプとゴツは渋谷系デジモン」を上映。劇場版最新作を手がける田口智久監督、第1弾「デジモンアドベンチャー」から脚本に関わり、劇場版最新作でも脚本を担当している大和屋暁さんも登壇した。

 「デジモン」は、1997年6月に携帯ゲームが発売。テレビアニメ第1弾が1999~2000年に放送された。2015~18年に新シリーズ「デジモンアドベンチャー tri.」が劇場公開されるなど、息の長いコンテンツとして親しまれている。