連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の制作発表記者会見に登場した遠藤憲一さん

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の2年ぶりとなる第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時)の初回が10月17日に15分拡大で放送され、遠藤憲一さん演じる海老名敬の姿に、SNSでは「海老名先生が可愛いすぎ」「海老名先生可愛いな~相変わらず」「大型犬みたいで可愛い」「海老名先生いちいち可愛いw 顔怖いけど」といった声が続出した。

 かつては外科部長も務めた海老名だが、今回は北海道にある分院の院長という肩書で登場。さらに、コストカットのため分院自体がなくなり、東帝大病院で“ヒラ”の医師として働くことに。制作発表会見では「俺が演じるかつて外科部長だった海老名敬は、今回すごく薄っぺらい人間になっちゃいました! 見れば分かります(笑い)」と話していた遠藤さん。これまでの白衣姿も、若手たちと同じ半袖姿に変わり、「海老名先生、半袖可愛い」「白衣着てない海老名さん可愛い……」などと大好評だった。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描いた人気ドラマ。第6シリーズは、かつてないほどの大赤字に見舞われた「東帝大学病院」が舞台となる。

 15分拡大スペシャルで放送された初回では、「東帝大学病院」に迎えられたニコラス丹下(市村正親さん)が、業務合理化を推進する新部門の設立など、改革を進める。そんな中、食堂のおばちゃん、岩田一子(松坂慶子さん)が突然胸の痛みを訴える。検査を考える大門未知子だったが、ニコラス丹下が導入したAIシステムにより、一子は勝手に手術台に上げられてしまう……という展開。平均視聴率は20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、今年放送された民放の連続ドラマで初めて20%の大台に乗り、現時点で今年トップに立った。