日本カー・オブ・ザ・イヤー[2019.10.18 UP]


三菱 FTO[第15回 1994-1995 日本カー・オブ・ザ・イヤー]


 1994年は、オウム真理教による松本サリン事件、関西国際空港のオープン、女性飛行士の向井千秋さんが宇宙へ、ビートたけしのミニバイク事故などがあった年。この年にデビューしたFTOは、独自のスタイリングとドライビングの楽しさに徹底してこだわった1台。COTY受賞のライバルとなった有力車はトヨタRAV4、日産セフィーロ、ホンダオデッセイ。FTOは、その高いスポーツ性をMTのみならず、先進的なスポーツモード付き4速ATでも楽しめることが評価された。エンジンは2LのV6DOHC 24バルブと1.8L直4SOHC 16バルブを搭載。とくに前者はいまとなっては貴重なエンジンといえる。グーネット では15台を確認。価格は40万円~139万円。ATをメインに売り出していたためか、中古車もATが多い。このクルマもまた、2015年あたりから相場が上昇傾向にある。






グーネット 全国販売価格相場(三菱 FTO)
(単位/縦軸:円、横軸:年) ※価格はグーネット掲載車両による平均価格となります。






関連情報


日本カー・オブ・ザ・イヤー