Official髭男dism「宿命」に背中を押された10代とメンバーの思い出
Official髭男dismが、10月17日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とともに、10月9日(水)リリースのニューアルバム『Traveler』の収録曲について、リスナーおすすめの1曲とその理由を聞いていきました。その中から、「宿命」をレコメンドしたリスナーとのやり取りを紹介します。



とーやま校長:さぁ! 本日の黒板を読み上げたいと思います!『君とヒゲダン』。もしもし!

リスナー:もしもし!

とーやま校長:学校掲示板に、レコメンドの文章を書き込んでくれたでしょ? ありがとう。ヒゲダン先生の『Traveler』は聴いているよね?

リスナー:めっちゃ聴いています。

藤原聡(Vo/Pf):嬉しい、ありがとう!

とーやま校長:自分的に薦めたいのはどの曲?

リスナー:「宿命」です。

とーやま校長:この曲にはどういう気持ちがあるの?

リスナー:今年の5月まで軽音楽部に入っていたんですけど、すごく些細なことでバンドメンバーとケンカをしちゃって、感情的になって退部届を出してしまったんです。でも辞めてから、1年間やってきたことは無駄だったのかな? ってモヤモヤしてしまって……。私はヒゲダン先生が大好きで、ヒゲダン先生に憧れてバンドをやっていたんです。でもバンドを辞めてからは、好きだからこそヒゲダン先生の曲を聴くのがつらくなってしまって……。そういうモヤモヤを抱えながら生活していたんですけど、そんなときに「宿命」と出会いました。最初は、「宿命」って甲子園の応援ソングだから、部活を辞めてしまった自分には聴く資格がないな、と思っていたんです。でも初めて聴いたときに、そんなことないんだな、って思って涙が止まりませんでした。
ヒゲダン先生は、今一生懸命頑張っている人だけじゃなくて、私みたいにちょっと挫折しちゃった人も見捨てないでいてくれているんだなって思って、すごく感動しました。

とーやま校長:楢崎先生! 今の想いを受け取ってどうですか?

楢崎誠(Ba/Sax):音楽を聴くのがつらくなるくらい、向き合えなくなっている心を動かせたというか……というのは、本当に嬉しいと思います。(リスナーが)すごく純粋で素直な子だな、って思いましたね。

藤原:そうだね~。

楢崎:真っ直ぐだな、って思って。

とーやま校長:「宿命」を聴いてから、何か変わったことはある?

リスナー:音楽をまた楽しめるようになりました。

藤原:よかった!

リスナー:最近、また楽器を弾くようになりました。

藤原:素晴らしい~!

小笹大輔(Gt):嬉しいですね。それこそ、部活に入ってなくても披露する場がなくても、楽器とか音楽って自分から離れていくものではないですから。嫌いというか……つらいものになってしまっては悲しいな、と思うので、また音楽を始められたのは、「宿命」を作ってよかったな、と思います。

とーやま校長:じゃあ、「宿命」を一緒に聴こうか!

――「宿命」をオンエア

とーやま校長:(リスナーのエピソードを聞いた後では)「宿命」の聴こえ方がまた変わりますね。

松浦匡希(Dr):違いますね。僕もときたまスランプになったりするんですけど、「宿命」とか僕らの他の楽曲に……ライブをやっていると、曲の歌詞がガッと入ってくることがあるんです。それで、“わ! 頑張ろう!!”と思うこともあるし、そういう感情が聴いている人たちにも芽生えているというのが、すごく嬉しいです。



とーやま校長:SCHOOL OF LOCK! とヒゲダン先生は……言葉を選ばずに言うと、数々の癒着をしてきていますが(笑)、「宿命」もね?

藤原:宿命癒着(笑)。

とーやま校長:(「ブラバンLOCKS!」では、)ブラスバンドバージョンのミュージックビデオを撮らせていただいて。

藤原:いや……これは、もう本当にやれて幸せでした。パワーをもらったし、この曲を歌う度にあの日の映像が浮かびますね。先週は母校とその隣の学校の吹奏楽部と一緒にこの曲を歌ったんですけど、そのときもレコーディングしたことを思い出しちゃいました。その日は、僕が高校1年で吹奏楽部をやっていたときの恩師が指揮をしていたんですよ。そのころの親友もいて……というイベントがあったんですけど、涙が出そうでした。僕、泣くと歌えなくなるんですよ。だから、必死にこらえながら歌ったんですけど、そのくらいこの曲を歌うと、ブラスバンドバージョンをやったときのことが心に浮かびますね。

とーやま校長:あの日の映像はまだ残っているので、ぜひ検索して見て欲しい!

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月~木曜 22:00~23:55・金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/