車の動画[2019.10.17 UP]


ホンダ N-WGN カスタム(HONDA N-WGN Custom) グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説



こちらはホンダのN-WGN カスタムの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

ホンダのNシリーズは、現在、日本で一番売れていると言われるほど、大人気の軽自動車シリーズです。
その中でも、「N-BOX」と並び、人気を誇っているのが、「N-WGN」。
今回は、2019年にフルモデルチェンジした新型N-WGNカスタムのご紹介です。

長さ 3395mm

幅  1475mm

高さ 1705mm

Hondaスマートキーを使ってリモコン操作での施錠・解錠はもちろん、キーを携帯した状態であれば、ドアのスイッチを押すことで施錠・解錠が行えます。

プッシュエンジンスタート/ストップスイッチを押せば、エンジンが始動。

エンジンがかかると、メーターとマルチインフォメーション・ディスプレーが起動します。

それでは、運転席周辺のスイッチ類から見ていきましょう!
まず、ステアリング左側には、ハンズフリーフォンや、オーディオ操作などのスイッチ。

ステアリング右側には、ドライビングに関わるスイッチが配置。

インフォメーションスイッチでメインディスプレイの表示を切り替えます。

MAINスイッチを押して渋滞追従機能付ACCとLKASが操作可能になります。
ディスタンススイッチで渋滞追従時の車間距離を設定。
LKASの操作はLKASスイッチで行います。

マルチインフォメーション・ディスプレーで表示できるのは航続可能距離や平均車速、オイルメンテナンス表示などです。

TRIPノブでサブディスプレイの画面を切り替え。
オドメーターやトリップメーターを表示できます。

ステアリングの後ろにはシフトスイッチ。
7速マニュアルシフトモードでの走行中、ギヤを変速させたい時に使用します。

左奥にはワイパー、ウォッシャースイッチ。

右奥にはライト、方向指示器のスイッチ。

エンジンスタートのスイッチの下にも運転を支援する様々なスイッチがあります。

こちらは、クルマの横すべりを抑える機能のオンオフスイッチ。

車の周囲の障害物を検知し、ドライバーへ注意を促すセンサーのオンオフスイッチ。

そして車線を検知して逸脱を知らせる機能のオンオフスイッチ。

追突するおそれがある時など、運転者のブレーキ操作を支援し、衝撃を軽減する機能のオンオフスイッチ。

テレスコピック&チルトステアリングで、ステアリングの高さや前後の位置を調整することが出来ます。
調整が完了したら、必ずロックをしてください。

ステアリング左奥のスイッチを見ていきましょう。

パーキングブレーキスイッチは、指先で簡単にサイドブレーキの操作を電動で行います。

オートマチックブレーキホールドスイッチは、オンの状態でブレーキを踏んで停車すると、ブレーキ状態を保持。渋滞などの時に役立ちます。

ECONスイッチは、省エネ運転や燃費向上を支援するための機能があります。

Honda 純正ナビゲーション8インチ プレミアム インターナビは、大きな画面で情報が見やすく、静電容量式タッチパネルなので指先で軽やかに操作できます。

クロームメッキで上質感を高めたセレクトレバー。
DやSのポジションで7速マニュアルシフトモードを使えます。

シフトポジションを「R」にすると、後方カメラの映像を表示。
バック駐車を支援するガイドラインもあわせて表示されます。

周囲の障害物を検知して知らせるパーキングセンサーシステム。
矢印や線で、障害物がどこから来るか、どこにあるのかを知らせます。

フルオート・エアコンディショナーの温度調整はダイヤル式。
エアコンの切り替えや風量はボタンで調整します。
空気の浄化や脱臭などの効果があるプラズマクラスター技術が搭載されており、快適な室内空間を保てます。

寒い日の運転を快適にするシートヒーター。温度は2段階で調整可能です。

前席天井の中央にあるルームランプ。LED仕様で明るく室内を照らします。

運転席のドリンクホルダーは、エアコン吹き出し口のそばに配置。
キーを置くスペースもあります。

フロントのドアロアーポケットは、ボトルホルダー付き。

こちらのロアーポケットには、小物の収納など、ドライバーがすぐに取り出しやすい所に設置されています。

ETC車載器は、ステアリング左下に設置。

充電用USBジャックは、急速充電対応タイプが2個も付いているので、急いでいる時の電子機器の充電に役立ちます。

助手席側のドリンクホルダーは、収納式になっています。

そしてドリンクホルダーの下には、DC12Vのアクセサリーソケット。

センターロアボックスは、車内にゴミ箱を設置するスペースとして利用できます。

助手席のインパネトレーはUSBジャックから近く、充電中のスマホを置くのに便利。
光の当たり方で色味が変わるガーニッシュがクール!

グローブボックスは大容量で多くのものを収納できます。

助手席のドアアームレストには飲み物が置けるボトルホルダー付き。

更にその下、ロアーポケットにもボトルホルダーがあります。

そして後席のドアアームレストにもボトルホルダー。無駄のない収納スペースが確保されていますね。

運転席と助手席の後ろにあるアッパーポケットは、スマホなどの収納に便利。
助手席側にはパンフレット等が入るバックポケットも付いています。

リアシートの下には、傘や靴などをすっきりとしまえる大型の収納トレー。取り外しができ、手軽にお手入れもできます。




ルームミラーの上には、後席シートベルト締め忘れ警告灯。
運転席から見えづらい状況をランプの点灯表示で教えてくれます。

ブラックをベースにチタンカラーでアクセントを加えた、シックなシートカラー。
起毛調(きもうちょう)のトリコット生地とプライムスムースを組み合わせ、存在感のあるシートです。

床が低く、重い荷物もラクに積み下ろしができるラゲッジスペース。
備え付けのボードで2段ラックモードにでき、上に軽いもの、下に重いものなどに分けて荷物を収納できます。

またローフロアモードで、大きな物や高さのある荷物も収納できるスペースに早変わり。

こちらは急なパンクに対応する修理キットが収納されています。

リアシートの後ろには、コンビニフックが1つ設置されています。
色々な物が下げられて非常に便利。

ラゲッジスペースにさらに奥行きを出したいときには、
リアシートの後ろにあるストラップを引くと、シートをスライドさせることが可能です。

シート下にあるレバーを引けば、後席に座ったままでシートを調節することもできます。

さらにリヤシートは、肩の部分にあるレバーを引くと、背もたれを前に倒せます。

左右別々にシートを倒せるので、場面に応じたシートアレンジが可能。
ボードと組み合わせてビッグラゲッジモードにすれば、大きな荷物が載せられ、下段スペースも使うことができます。

9灯式のヘッドライトは、LED仕様で長寿命。
シーケンシャルタイプのターンシグナルランプがクールな印象を際立たせています。
またオートライトコントロール機構は、車外の明るさに応じて自動で点灯するシステムです。

リアランプも安心のフルLED仕様。
はっきりとした明るさで後続車へ車の存在を知らせます。

エクステリアやインテリアからあふれる、
軽自動車とは思えないほどの上質感。
安全性や機能性も充実しており、
あらゆる世代の人々が支持する「ホンダ N-WGNカスタム」のご紹介でした。



関連情報


車種別動画カタログ