欅坂46 2期生・森田ひかる「ツアー初日のダメ出しに、泣いちゃうくらい落ち込みました」

初の東京ドーム2DAYSなど、今年の夏も熱く駆け抜けた欅坂46。まもなく加入から1年を迎える2期生にとっては、挑戦と試練の連続だった。正統派美少女としてグループで存在感を放つ森田ひかるから見た、欅坂46の駆け抜けた夏と自身の軌跡とは。『月刊エンタメ』掲載のグラビアカットとともに彼女のインタビューをお送りする。(『月刊エンタメ』11月号掲載インタビュー)

──福岡は地方公演で最後の場所でした。やはり、最後となると他の場所と比べて気持ちだったり、会場の雰囲気など違いました?

森田 最初(宮城公演)と比べて演出や振りの変更も少しだけあったんですけど、会場やお客さんの雰囲気も全く違いました。同じ曲をやっても毎回違う楽しみ方ができたなと思います。あと、「おかえり」ってウチワを作ってくださっている方もいて、すごくうれしくなりました!

──今回の公演は「あべこべな世界」が印象的でした。

森田 セットリストが武道館公演の逆になっていたり、最後にライブ映像が巻き戻されたりとか“逆”の要素ばかりなので、ファンの皆さんもライブ内容を考察して楽しんでくださっていると聞きました。でも、逆再生で踊るダンスパートには苦戦して。音と振りが自分の中で合わなくて、最初はつかめませんでした……。

──2期生だけのダンスパートもありましたね。松田里奈さんがメンバーを操っていると思っていたら、気がついたら操られていてたりと、こちらも“逆”要素がありました。

森田 コミカルな動きをしていると思うんですけど、実はめちゃくちゃ大変で。ダンスのリズムもだし、操られているときと操っているときの笑顔の切り替えが特に難しかったです。それに、指揮棒や眼鏡を1秒くらいで出し入れするんですけど、(藤吉)夏鈴ちゃんはよく落としていました(笑)。他にもゆみちゃん(関有美子)の靴が脱げたり、公演中はいろいろとありました……。

──森田さんの印象に残っているパフォーマンスは何ですか?

森田 『大人は信じてくれない』と『避雷針』です。『大人は信じてくれない』は武道館公演でも参加したんですけど、今回はそのときに比べてみんなの気持ちがさらに爆発していたと思いました。他にも、センターを務めていた菅井さんが裏でTAKAHIRO先生と一緒に練習しているのを見ていて。だからこそ、ステージでカッコよくパフォーマンスしている姿はすごく印象的でした。『避雷針』は平手(友梨奈)さんが参加できたのと、一番好きな曲なんです。

──森田さんは身長が低いですが、ステージ上で踊っているときはそう感じさせないほど大きく見えます。

森田 え~! うれしいです。



──ダンス未経験でグループに入って、苦労はしませんでしたか?

森田 めちゃくちゃしました。自分が踊っている映像を観ると悲しくなりますし、たまに泣きたくなるくらい嫌なときもありました。でも、ダンサーの皆さんがくださったアドバイスを全部頭に入れて頑張って練習しました。やっぱり(身長が)小ちゃいので、『アンビバレント』とか激しい曲を踊ると、まわりの方々に隠れて見えなくなっちゃうので。

──小さく見えないように意識してパフォーマンスはしていますか?

森田 めちゃくちゃしてます。振りでも、特に大きくしない部分もしちゃったりとかして。そこは抑えてって注意されることもあります(笑)。TAKAHIRO先生には「手の奥に手があると思った方がいい」とアドバイスをもらいました。手が伸びきっても、まだ奥に動く気がするんですよ(笑)。他にも、ダンスって顔の向き1つ変えるだけで全く違って見えるので、髪の毛の動きなどダイナミックに見せれるよう色々と研究しています。

──このツアーを通じて、森田さん自身どこか成長したと思いますか?

森田 今回、2期生のMCコーナーを設けていただいたんですけど宮城公演の初日にスタッフの方にダメ出しをいただいて(苦笑)。みんな泣いちゃうくらい落ち込んだんですけど、やっぱり言われたことを改善して、少しでもお客さんに面白いと言ってもらえるように頑張りました。進行してくれた武元唯衣ちゃんを含め、みんな少しは成長できたんじゃないかと思います。



──今回は森田さんの地元、福岡での撮影でした。福岡を離れるときは寂しくありませんでしたか?

森田 とっても寂しかったです。東京に上京する日なんて空港で家族みんな泣いていました。でも、私より家族の方が寂しがっていたので、福岡に帰ったときは少しでも一緒にいられたらいいなと思っています。

──オーディションに合格して約1年が経ち、今回、満を持して福岡に凱旋。改めて欅坂46のメンバーになったという実感はありますか?

森田 はい。そもそもライブ会場自体にこれまで行ったことがなかったので、初めてのステージ(お見立て会)はびっくりしすぎてあんまり客席を見られなかったんです。でも、今では逆に、私からお客さんの顔を見るようになりました。

──欅坂46のメンバーとして活動する日々はどうですか?

森田 すごく楽しいです! 毎日違うことができて、変化のある日々を過ごせていることが本当に幸せだなって思っています。
▽森田ひかる(もりた・ひかる)
2001年7月10日生まれ、福岡県出身。B型。149.8センチ。2期生。ニックネームは「るんちゃん」。2018年8月20日、坂道合同オーディションに合格。12月10日、東京・日本武道館にて欅坂46の2期生としてお披露目された。9thシングル『タイトル未定』で初選抜。圧倒的透明感を持つ美少女だが、幼少期は地元で側転しながら移動したりと野生児的な一面も。