フォトセッション

10月20日にスタートする日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00~※初回25分拡大SP)の制作発表会見が10月16日に行われ、木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹が出席した。

本作は、木村演じる型破りなフランス料理シェフ・尾花夏樹が、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

現在、3話まで撮影が終わっているそうで、木村は「僕らは着々といろんなお皿に手をつけてます。出来上がったものを、皆さんで最後までじっくり楽しんでいただけたら」と挨拶。

劇中では本格的なフレンチが登場するが、木村は「料理を作る僕たちよりは、匂いや味を届けることができないドラマで、見てくれる人に想像を膨らませる映像を撮ってくるスタッフや監督が大変だと思う」と気遣いの言葉を。また1話に登場するパリでのテナガエビの料理は、1シーンで16人前作っていたというエピソードを披露し、「後でスタッフでおいしくいただきました」と笑顔を見せた。

また、料理はキャスト陣たちが自ら作っており、ギャルソン役でシェフを演じるキャストを身近で見ている沢村は、「適当に1カット1カットやってるわけではなくて、ちゃんと時間をかけて練習して、頭から最後まで作り方を覚えて現場に入ってます」と賛辞の言葉をおくった。

今回、作品のヒロインで、尾花と共に奮闘する女性シェフ・早見倫子を演じる鈴木は「美味しそうな料理に大人の夢を込め、その夢を追いかける姿を届けたく頑張ってます。期待に応えられる作品」とニッコリ。紅一点となるが、「世界最高峰の素敵な方たちと一緒に仕事をして、仲間として引っ張っていただき、とても素晴らしい時間を過ごさせていただいてます」といい、「今、日本で一番、うらやましがられている女は私だなと実感しながら、仕事をしています」と会場の笑いを誘っていた。

そんな鈴木と木村は『華麗なる一族』(TBS系)以来、12年ぶりの共演になる。鈴木が「一緒に同じ夢を追い求める役でうれしかった」と明かすと、木村も同意。「同じ方向を向いて、同じ熱量で前に進んでいけるパートナーを京香さんが演じてくれるのは頼もしいし、楽しい。1カット1カットが充実してる」と感謝した。

人気WEB料理研究家でシェフを演じる及川は「現場は盛り上がってます」と笑顔を見せ、「お芝居しながら料理したり、料理しながらお芝居したり。結構大変な作業ですけど、大人の青春ということで情熱を持って取り組んでます」と気合十分の様子。

ホテルの最年少料理長を演じる玉森だが、普段料理をしていなかったそうで「手慣れてる感や料理をやってるしぐさはごまかせないので、どれだけ自分が料理と向き合えるか、器具に触れるかは課題にしてたし、努力をしてました」と役作りについて告白。及川からその腕を褒められると謙遜し、タジタジになっていた。

さらにトークでは、キャスト陣の現場での呼び方についての話題が及び、木村が玉森のことを「裕太」と呼んでいることが判明。及川が玉森に「玉ちゃん、キュンキュンしてるんだよね?」と話をふると、玉森はテレ顔で「呼ばれる度に心拍数上がってます」と返事を。

また、玉森と呼ぼうとしていた沢村に、木村は「裕太でお願いします」とリクエスト。その流れで沢村と及川が「裕太~!」と呼びかけると、玉森は恥ずかしがり、手で顔を隠そうとする一幕もあった。

最後には、木村が試写会に訪れたファンに、「しっかり皆さんを迎え入れることができますよう、全員で力を合わせて作っていきますので、ご来店のほどよろしくお願いいたします」と力強く語りかけ、イベントを締めくくっていた。