車種別・最新情報[2019.10.15 UP]


GR初の軽モデル「コペン GR スポーツ」を発売


トヨタ自動車とダイハツ工業は10月15日、トヨタのTOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」に、ダイハツの軽オープンカー「コペン」をベースにした「コペン GR スポーツ」を追加し発売した。このモデルは、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動で培ってきた技術をもとにダイハツが開発を行った「GR」初の軽モデルで、全国のトヨタ販売店(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店、トヨタモビリティ東京店)、ダイハツ販売店で販売を行う。


デザイン


エクステリアは、フロント&リヤともにブラックアウト化したランプをブラックラインでつないで水平基調のデザインを強調したワイド&ローのスタイルで、フロントグリルは「GR」シリーズの一部車種の「Functional MATRIX」グリル、専用のBBS鍛造16インチアルミホイールを採用したほか、車両側面に整流効果を持たせたフロント&リヤバンパー、フロントバンパーエアアウトレット、床下スパッツの空力を向上させるパーツにより、「ローブ」モデルと比べて、車体にかかる揚力を約10%抑制し、直進安定性&路面接地性を高めている。

インテリアは、専用のピアノブラック調加飾ドアグリップ&センタークラスター、レカロシート、MOMO製革巻ステアリングホイールなど、スポーツカーとしての機能性を追加した専用アイテムやエレガントな専用加飾を採用し、スポーティ&上質な室内空間となっている。






















メカニズム


ボディは、下部にフロントブレース(補強剤)の追加、センターブレースの形状変更などを行うことで、ボディのねじれ剛性を高めるとともに、足回りにはバネとショックアブソーバーを最適化した新開発のサスペンションを採用し、安定感のあるフラットな乗り心地を実現している。








GRパーツ


トヨタカスタマイジング&ディベロップメントが提供する、トヨタやレクサスモデルのパーツやカスタムカーなどを手がけるカスタマイズブランド「TRD」のGRパーツ(フロントスポイラー、サイドスカート、リヤサイドスポイラー、フロントコーナースポイラー、リヤトランクスポイラーなど)を、販売店装着オプションとして用意している。


ボディカラー

リキッドシルバーメタリック ※1


パールホワイト3 ※2


ブライトシルバーメタリック


ブラックマイカメタリック


マタドールレッドパール ※1


トニコオレンジメタリック


ジョーヌイエロー


クリアブルークリスタルメタリック ※2



※はメーカーオプション、税込み価格は※1が33,000円、※2が22,000円。


主要諸元・車両本体価格



【主要諸元】

●全長×全幅×全高(mm):3395×1475×1280●ホイールベース(mm):2230●車両重量(kg):870<850>●駆動方式:FF●パワートレーン:658cc直3DOHCターボエンジン(64PS/9.4kg・m)●トランスミッション:CVT/5MT●WLTCモード燃費 (km/L):19.2<18.6>●燃料タンク容量(L):30[レギュラー]●最小回転半径(m):4.6

※<>の数値は5MT車。


【車両本体価格】



関連情報


ボディタイプ:オープンカーボディタイプ:軽自動車国産車新車