パナソニック・ジャガー・レーシングがフォーミュラE 第6シーズン体制を発表

パナソニック・ジャガー・レーシングは、ABB FIAフォーミュラE選手権の第6シーズンに向けたチーム体制を、英国ウォリックシャー州ゲイドンに新設された「ジャガー・デザイン・スタジオ」で発表した。
 
今回披露したジャガーのフルバッテリー電気自動車(BEV)の新型レーシングマシン「I-TYPE 4」は、全く新しいモーター、ギアボックス、インバーター、リア・サスペンション、ダンパーを搭載して、総重量を軽量化し、ハンドリングとパフォーマンスを向上させた。チーム史上最も軽量で高効率なパワートレインを開発し、低重心を実現した「I-TYPE 4」で、第6シーズンではさらに多くのポイントおよび表彰台獲得、そして優勝を目指すという。




 
新しいパワートレインには、処理容量が増加しソフトウェア開発の速度を向上させる新たな車両制御モジュールを搭載しており、ジャガーをEV革命の最前線へと飛躍させるものに。 
 
パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクター、ジェームス・バークレーは次のように述べている。「新シーズンの始まりは、チームにとって、とてもエキサイティングな時です。数か月にわたる準備期間を経て、とうとうジャガー『I-TYPE 4』を世界中の皆様に披露することができました。開発チームは、これまでフォーミュラEで培ってきた経験のすべてと最新のイノベーションを注ぎ込み、最も競争力の高いマシンを生み出してくれました。チームとして、私たちは勝つ方法を学んできました。第6シーズンではさらに貪欲に勝利に挑んでいきます。レース開幕が待ち切れません」
 
また、ドライバーラインアップも発表された。前シーズンに引き続きニュージーランド出身のミッチ・エバンスと、英国出身のジェームス・カラドが新しくチームに加入する。
 
現在30歳のジェームス・カラドは、1999年からカートに乗り始め、これまでフォーミュラEチャンピオンのジャン=エリック・ベルニュやF1ドライバーのバルテリ・ボッタスたちと戦ってきた。ウェールズのペナースを拠点としているカラドは、これまでGP3、GP2、イギリスF3、F1での出走経験を持ち、2017年にはFIA世界耐久選手権GTEプロクラス、2019年にはル・マン24時間レースのGTEプロクラスで優勝を果たしている。
 
ジェームス・カラドは、フォーミュラE参戦に向けた意気込みをコメント。「ジャガー・レーシングのシートは、フォーミュラEの世界では誰もがうらやむポジションで、オファーをいただけたことはとても光栄です。モータースポーツにおけるジャガーの歴史はまさに伝説で、フォーミュラEでこのチームの一員になれることは大きなチャンスです。EVレースは私にとって初めての経験ですが、これまでのシングルシーター・レースでの経験をいかして、チームに良い結果をもたらしたいと思います。期待は高まるばかりで、初戦が楽しみでなりません」
 
そして、パナソニック・ジャガー・レーシングは、世界有数の潤滑油メーカーであるCastrol社を新たなパートナーに迎えた。ジャガー・レーシングとCastrol社は、これまでル・マン24時間耐久レース、デイトナ24時間レースなどでの勝利を含め、モータースポーツの世界で素晴らしい成功を収めている。長きにわたりモータースポーツに従事してきたCastrol社がその経験に基づき開発した、最先端の「e-fluids」を「I-TYPE 4」に採用することで、両社が学びや勝利を共有できるほか、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)「I-PACE」と将来のジャガー・モデルのために、さらに高度な技術と「e-fluids」を開発することができるようになるのだ。
 
ドライバーのヘルメット、スーツ、チーム・キット、およびマーチャンダイズにCastrol社のロゴが配される。さらに、第6シーズンに向けて、新たに、世界屈指のブロック玩具メーカーであるLEGOグループ、スロットカー・ブランドのScalextric社とパートナーシップを組み、電気自動車のミニカーを開発。パナソニック・ジャガー・レーシングのフォーミュラEレーシングマシン「Generation 2」と「I-PACE eTROPHY」のマシンで構成された「LEGO® Speed Champions」セットは2020年1月に、また「I-TYPE Scalextric」は、2020年春に発売される予定となっている。


 
同時に、ABB FIAフォーミュラE選手権の公式サポート・レースとして、世界初となる市販車ベースのフルバッテリー電気自動車(BEV)によるワンメイクレース・シリーズ「Jaguar I-PACE eTROPHY」の第2シーズンは、11月22日と23日にダブルヘッダーで、サウジアラビアのディルイーヤで開幕予定だ。新しいチャンピオンシップ・マネージャーにマーク・ターナーが就任し、レース開催に向けすでに始動している。チームやドライバーの詳細については、近日中に発表されるそう。EVレースの世界からも目が離せない。