大鶴義丹、じゅんいちダビッドソン、熊切あさ美

高速バスだけを乗り継ぎ、日本列島を縦断する人気シリーズの第5弾となる日曜ビッグバラエティ『激走!福岡→北海道2900km 列島縦断 高速バス限定の旅2019秋』(テレビ東京系)が、10月20日(日) 19時54分から放送される。

同番組は、挑戦者が限られた時間の中で、全国各地の絶景やグルメなどを楽しみながらゴールを目指すロードムービー的なドキュメントバラエティ。

今回リーダーの大鶴義丹とともに過酷な旅に挑むのは、番組初参戦のじゅんいちダビッドソンと熊切あさ美。この旅には厳しいルールがあり、福岡から北海道まで行く途中に5日間で15か所の都市に立ち寄らなければならず、さらに高速バス以外の移動は、徒歩かレンタサイクルのみ。もちろん、店への撮影交渉は自分たちで行う。

番組では、日々進化する最新の高速バス情報もお届け。長距離移動&車中泊など過酷な旅はトラブルの連続だが、果たして3人は無事ゴールすることはできるのか?

ロケを終えた3人からのコメントを紹介する。

<大鶴義丹 コメント>
高速バスを乗り継いでの、ノンストップ日本縦断! 素敵な旅を3人で敢行しました。旅とは不思議なもので、時間を重ねるごとに、3人の隠しきれないリアルが、どんどん見えてきました。

<じゅんいちダビッドソン コメント>
高速バスの旅も、大鶴義丹さんも、熊切あさ美ちゃんも、ほぼ初絡み……。どうなる事かと思っていましたが、サッカー日本代表のアジア予選のようなギリギリの闘い。いや、ギリギリの乗り換えでいつしか仲良しに。終わってみたら「まだまだ3人で旅を続けたい」そんな気持ちになった旅でした。

<熊切あさ美 コメント>
博多から北海道まで……超ハード過ぎて、正直もう無理だと思いました。ポイントポイントの滞在時間の短さにはびっくりしたけど、何だかんだその短い時間でその土地を楽しむことが出来ました。終わったー! ずっとバスだったから、とりあえずマッサージに行って来ます(笑)。