「ゲゲゲの鬼太郎」の第77話「人間消失!猫仙人の復讐」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第77話「人間消失!猫仙人の復讐(ふくしゅう)」が10月13日、放送される。

 「町で次々と人々が姿を消し始めた」という依頼を受けた鬼太郎は、ねこ娘と共に町に向かう。そこには人間の姿はなく、猫がいるだけだった。姿を現さない依頼人と町の現状を怪しむ鬼太郎たちは、巨大な猫の妖怪の後を追って洞窟に入る。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちと、さまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。