IT&家電ライターが選ぶ有線LANルーターのおすすめ5選!

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


安価で高速なインターネット通信を実現できる有線LANルーターの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。安定したインターネット接続が必要な人や無線LANが必要ない人は、有線LANルーターがあれば充分。この記事では秋葉けんたさんが厳選した有線LANルーターのおすすめ5選もあわせてご紹介します! 有線LANルーターを検討中ならきっと役立つはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

有線LANルーターの選び方のコツとは? IT&家電ライターが伝授!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、有線LANルーターを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

通信速度の速さや安定性を比較検討しよう

【エキスパートのコメント】

自宅でインターネットを使うさい、パソコンやプリンター、テレビ、ゲーム機など複数の端末があるときにはLANの設置が必要です。LANには有線と無線の2タイプがあり、今はWi-Fiを使った無線LANが主流ですが、有線LANは無線LANと比較して速度が速く、安定しているのが特徴。機器の価格が安いことも魅力です。

製品を選ぶときには、安定した高速ネット環境が構築できるかがポイントです。ルーターの回線速度が速いほうが大容量のデータをやり取りできるので、ゲームや動画を快適に楽しみたい方は超高速のギガビット(Gigabit)対応製品を選ぶとよいでしょう。

バッファロー『BHR-4GRV2』:

出典:Amazon

有線LAN端子全てがGigabitイーサネットに対応した高速ブロードバンドルーターです。

設定がかんたんで、便利な付加機能にも注目

【エキスパートのコメント】

有線LANルーターはインターネット回線をWANポートにつなぎ、端末や周辺機器をLANポートに接続するだけなので、無線LANよりも設置が楽です。

リモートアクセス(VPN)機能を搭載した有線LANルーターなら、外出先から自宅のパソコンへのアクセスが可能。Webブラウザー上から自宅のパソコンを遠隔操作し、データのダウンロードなどが行なえます。外出先でデータを操作したいときに便利です。

さらに有線LANは不正アクセスを受けるリスクが無線LANよりも低いのですが、セキュリティをさらに強化したい方は、インターネットからの不正アクセスを直接防ぐファイアウォール機能などの有無をチェックしましょう。

バッファロー『BBR-4HG』:

出典:Amazon

アタックブロック、SPI、VPNマルチパススルーなど、ファイアウォール機能が充実した安心モデルです。

電力消費を抑える省エネタイプがおすすめ!

【エキスパートのコメント】

ルーターはインターネットへの接続や機器間の通信を行なうものなので、基本的には24時間電源を入れっぱなしです。無線LANルーターの消費電力が最大6~20Wなのに比べ、有線LANルーターはその半分以下の4W前後。少しでも電気料金が気になる方は電力消費を抑える省エネタイプを選ぶといいでしょう。

また、ルーターは一度設定したら毎回操作することはありません。無線LANルーターは電波の届く範囲があるので置き場所に気を使いますが、有線LANルーターは邪魔にならない場所に設置すればOK。もちろんサイズがコンパクトであるに越したことはありません。縦置き型ならば、横置きもできるかを確認しましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)