オーブンレンジおすすめ6選【料理研究家に取材】選び方も詳しく解説

【この記事のエキスパート】

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー:指宿 さゆり

料理研究家/料理講師/ケータリングプランナー:指宿 さゆり

神戸出身。アメリカなどでパーティ料理やオーガニックを学び、2002年に「菜々食CookingClass」を主宰。卒業生による教室開設やカフェ開業実績も多数。

企業向けのオリジナルレシピ開発を行う「レシピ制作専門スタジオ」では料理部門の代表として、料理動画のメニュー監修、タイアップ企画レシピ、連載レシピコンテンツ、飲食店のメニュー開発などに従事。また、大の蕎麦好きでもあり、蕎麦に関するグループも運営中。


料理研究家の指宿さゆりさんへの取材をもとに、オーブンレンジのおすすめ6選と選び方を紹介します。電子レンジはここ10年で劇的に進化を遂げました。もともとはただ温めるだけでしたが、いまではオーブン機能でパンやグラタンも調理できるだけでなく、揚げ物にまで対応してしまうほどです。オーブンレンジがあれば料理の幅が一気に広がるだけでなく、大幅な時短にもなります。購入を検討していてどれを選べばいいのか悩んでいる方は、各ショッピンサイトのランキングもありますので、あわせて参考にしてくださいね。

オーブンレンジとは?

オーブンレンジは、食材に含まれる水分を加熱してあたためるレンジ機能、庫内全体をヒーターで加熱して食材をあたためるオーブン機能、食材を直接加熱するグリル機能を備えた調理家電です。各種センサーの働きによって、食材のあたためから加熱にいたるまで、最適な調理を実現してくれるのが、現在のオーブンレンジです。最近では、スチームや加熱水蒸気を利用したオーブンレンジなどもあり、蒸し料理や揚げ物料理までできるようになりました。

オーブンレンジの選び方 | 料理研究家に聞きました!

料理研究家の指宿さゆりさんにオーブンレンジを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。オーブンレンジ選びにお悩みの方はチェックしておきましょう!

自分に必要な機能と価格のバランスが大事

【エキスパートのコメント】

オーブン電子レンジを購入するのであれば、機能性と価格のバランスが第一のポイントです。まずはご自身が想定されているオーブンレンジの使用シーンを考えてみてください。

例えば、通常の機能に加えてベーカリー機能を搭載していたり、アプリで操作できたりするモデルもあります。パン作りをされない方もいるでしょうし、スマートフォンでアプリを使わない方もいるでしょう。

自分にとって必要な機能を見極め、予算内で購入するのが上手な選び方と言えます。

庫内容量の大きさをチェック

【エキスパートのコメント】

オーブンレンジで調理をする場合、庫内の内容量は30Lをひとつの目安にしてみてください。例えば、一度の調理でたくさんの量を作り、ストックしておきたい場合を想定してみましょう。

庫内の容量が大きければ大きいほど、パンを焼くのであれば便利です。他にもストック用のドライトマト、乾燥パセリなども大量に作っておくことができます。機材をイベントなどに持ち込む場合、30L以上あれば、クッキーを焼いて提供したり、手作りパンを振る舞ったりすることもできるでしょう。

シャープ『過熱水蒸気オーブンレンジ(RE-V100A)』:

出典:Amazon

庫内の内容量31Lのオーブン電子レンジです。高い機能性ながら、価格が抑えめになっているのも嬉しいポイント。

解凍機能がすぐれているかを確認

【エキスパートのコメント】

普段から料理をされる方であれば、解凍機能は欠かせません。ほとんどのオーブンレンジに解凍機能は付いていますが、せっかくなら解凍の質にもこだわってみてください。

ムラがなく解凍できるモデルにすれば、調理も進めやすくなります。反対にムラができると調理時間が余計にかかってしまいますし、焼き加減や蒸し加減などに影響してしまいます。

解凍が不均等で一部分だけ加熱されてしまうと食材の質も悪くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

パナソニック『スチームオーブンレンジ(NE-BS1500)』:

出典:Amazon

芯までしっかりと解凍できていて、ムラが少ないタイプです。容量も30Lとたっぷりで、小さめのパンであれば、一度に24~26個は焼くことができます。料理好きの方におすすめです。

パン作りやオーブン料理が得意な方はハイスペックのモデルを

【エキスパートのコメント】

ベーカリー機能を搭載しているモデルや高熱調理ができるモデルは便利でおすすめです。ホームベーカリーを持っていない方で、これからパン作りを始めようと思っているのであれば、ベーカリー機能を搭載しているモデルを選ぶとよいでしょう。もちろん、特殊な機能を搭載していると価格も上がるので、実際に使うかどうか考える必要があります。

オーブンの最高温度はモデルによって異なりますが、最高温度が高いモデルは予熱のスピードも早く、オーブン料理をする方であれば、調理もはかどるでしょう。

スチームオーブンならタンク式が便利

【エキスパートのコメント】

オーブンレンジの中でもスチーム機能が搭載されているもの、且つタンク式が断然おすすめです。スチーム機能は水蒸気を利用して食材を温めるため、ラップなしでも乾燥させることなくふっくらと仕上げられます。

また、タンク式はスチーム機能で発生させる水をタンクで沸騰させるタイプで、タンク式でなければ、蒸気を発生させるために専用のコップや角皿に毎回水を入れなければいけません。毎日使うのであれば、かなり不便だと考えられます。

スチーム機能があると、再加熱の時に水分を失うこともなく、余計な油も落とすことができます。使うだけでヘルシーな調理ができるので、健康意識の高い方であれば、スチーム機能の搭載されているモデルを選ぶのがおすすめです。

アイリスオーヤマ『スチームオーブンレンジ(MS-2402)』:

出典:Amazon

タンク式でスチーム調理ができるタイプです。庫内は24Lとコンパクトサイズなので、2人暮らしで、オーブンレンジの購入を考えているという方におすすめです。

オーブンレンジ選びのポイント|実用性でもチェック!

オーブン電子レンジを選ぶときに、さらに知っておくといいポイントを紹介します。こちらも忘れずチェックしておきましょう!

低温から高温までオーブンの温度調節が可能か

ローストビーフなどのように低温でじっくり加熱する料理から、グラタンやピザのように高温で加熱する料理まで、温度調節が幅広くできるだけで、作れる料理の幅が広がり、調理の楽しさが増えます。

ヘルシー志向の方ならノンフライ機能などもチェック

一人暮らしをしているとどうしても揚げ物を作るのが億劫になるもの。料理の後の油の処理を考えると一人分だけの揚げ物を作るのにも気が乗りませんよね。

そういうときに活躍するのがノンフライ機能搭載モデルです。油を使わなくても簡単に揚げ物が食べられますよ! また、油を使っていないのでヘルシーに出来上がるのもノンフライ調理のメリットです。ヘルシー志向の方にも人気です。

搭載しているセンサーは必ず確認する

オーブンレンジは、食材がどの程度温まっているのかをセンサーで検知します。センサーは、赤外線センサー、重量センサー、温度センサー、湿度センサーの4つで、オーブンレンジごとに搭載しているセンサーが違います。複数のセンサーを搭載している機種も多いので、センサーごとの役割を確認し、自分に必要な機能を見つけてください。

赤外線センサー

現在主流のセンサーで、食材から発せられる赤外線を検知して食材の表面温度をチェックします。赤外線の良さは容器に左右されることなく温度を測ることができます。ラップに包んでいても、土鍋に入れていても温度を測れるのは赤外線センサーの強みでしょう。

ただし、赤外線センサーは中級クラスのオーブン電子レンジに搭載されていることが多いです。

重量センサー

食材の重さによって加熱する時間を調整するセンサーです。重たいお皿に乗った食材の場合、適切な調整ができないという弱点があります。

オーブンを使ったあとは赤外線が放出されるので、オーブンからレンジ機能を使うと上手く温まらないということが起きます。オーブン機能をたくさん利用する人であれば、赤外線センサーではなく重量センサーが付いている方が便利です。

温度センサー

オーブン、グリル調理などで利用されるセンサーで、庫内の温度を検知しながら食材を温めます。こういった機能ではヒーターで庫内の温度を調整することで食材を温めるようにできています。

マイクロ波が食品の水分から温めるのに対して、外側から温めるようなイメージです。オーブン機能ではこの温度センサーが採用されています。

湿度センサー

温度センサーと併用して搭載されていることが多いセンサーで、マイクロ波を発したときに食材から蒸発した水蒸気量で温まり具合をチェックします。非常にシンプルな仕組みですが、ラップで食材を包んでしまうと蒸気が漏れず、温まり具合を感知できないという弱点もあります。

また、お皿の口が広いものだと水蒸気が大量に広がっていくため、しっかりと温まらないこともあります。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)