モダン&ラグジュアリーを体感する ベントレーのショールーム

現代的なモダンへとその100年の伝統を昇華させたラグジュアリーを体現するベントレーのショールーム。そこでは車と相通じるブランドのこだわりを感じることができる。

ショールームのコンセプトはモダンかつラグジュアリー。100年の伝統を有するラグジュアリーブランドだからといって、けして古めかしいスタイルのラグジュアリーに留まっているわけではない。ベントレーは車と同様に、ショールームもその伝統的なスタイルをモダンに昇華させているのだ。ショールームのデザインは5年程前にコンセプトを変更し、従来のトラディショナルなスタイルから、現在のモダンかつラグジュアリーなスタイルへとさらなる進化を果たしているという。ショールームの外観はグレーを用いるなどシックな印象に。ブランドロゴのウイングドBをすっきりと用いた、ラグジュアリーブランドらしいスタイルだ。

 

ラグジュアリー感を醸し出すモダンなショールーム内は、誰もが訪れやすいよう、ホワイトを基調とした明るくオープンな印象に。ただし、ホスピタリティエリアや車の仕立てを決めるコミッショニングエリアなど、パーソナルな空間は落ち着いた雰囲気を作り出している。また、CIに基づいた什器などが採用されつつも、食器類はブランドロゴが入っていないものをあえて使うなど、随所に英国の洗練を感じさせてくれる。天然素材を感じられるウッド(オーク材)を使い、レザーやカーペット(ポートランド色)は車でも選択可能なカラーが用いられているなど、細部まで手を抜かないベントレーらしい仕立てとなっている。

また、ショールームで目を引き付けるのは、旬のモデルを飾る"ヒーローカーエリア"と呼ばれるスペースだ。これはそこに飾られる1台だけのために、背景に専用パネル(ヒーローウォール)を配置した展示スペース。パネルにはモデルごとに相応しいイメージのビジュアルを使うことで、カタログなどと同様の世界観を表現している。現在は100周年を記念したビジュアルをバックに、センテナリースペック装着車などが展示されているそうだ。ちなみに、2019年にクルーで生産される車両にのみ装着可能な、オプションで用意されるセンテナリースペック、日本では約8割のユーザーがオーダーするそう。



英国の老舗ラグジュアリーブランド、ベントレーの世界観はショールームで体感できる。


ベントレー正規販売店ショールーム

ベントレー東京 世田谷ショールーム
〒158-0082 東京都世田谷区等々力4-24-17
TEL:03 - 5760 - 6290
営業時間:10 : 00~19 : 00(月~金)
       10 : 00~18 : 00(土日祝)
定休日:水曜日

ベントレー名古屋ショールーム
〒464-0075 愛知県名古屋市千種区内山3-9-14
TEL:052-744 - 0580
営業時間:9 : 30~18 : 00
定休日:月曜日

ベントレー神戸ショールーム
〒650 - 0042 兵庫県神戸市中央区波止場町3-2
TEL:078-599-7600
営業時間:10 : 00~19 : 00(月~金)
       10 : 00~18 : 00(土日祝)
定休日:火曜日・年末年始


ベントレー福岡ショールーム
〒813 - 0034 福岡県福岡市東区多の津3 - 10 - 1
TEL:092-624-5500(セールス)
        092-624-5545(サービス)
営業時間:10:00~19 : 00
定休日:水曜日