「マルチ」な才能を持つタレントランキング

テレビ番組ではトークや笑いで番組を盛り上げ、ときには司会者として番組の進行を行うこともあるタレント。しかしそれだけにとどまらず、自分の才能を活かし多方面で活躍しているタレントも多数存在します。そこで今回は、マルチな才能があると思うタレントについて探ってみました。

1位 ビートたけし
2位 タモリ
3位 所ジョージ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「ビートたけし」!

お笑いタレント、司会者、俳優、映画監督などマルチに活躍するビートたけし。漫才コンビ「ツービート」で人気を博し、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)などのテレビ番組で一気に知名度を獲得。今では日本の「お笑いビッグ3」の一人と呼ばれる大御所。お笑いだけにとどまらず、映画監督としては『アウトレイジ』シリーズなどを手掛け、俳優としては『戦場のメリークリスマス』などに出演。さらに『座頭市』では監督と主演の両方を務めています。この他にも自らが描いた絵画の展示会を開催したり、アパレルブランドをプロデュースしたりするなど、まさにマルチな才能を発揮しています。

2位は「タモリ」!

つかみどころのない雰囲気と多彩な趣味、雑学で視聴者を魅了するタモリ。2014年に放送を終了した『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にて長年司会を務めていたことが記憶に新しいですね。『ブラタモリ』(NHK)や『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)などの番組内では、多彩なうんちくを披露。特に『ブラタモリ』では専門家である案内人から出題されたクイズに簡単に答えてしまい、案内人がタモリの博学ぶりに驚くほど。また、漫画家・赤塚不二夫の告別式で白紙の弔辞を読み上げたエピソードも有名で、広い知識と頭の良さを感じる人が多数。2位となりました。

3位は「所ジョージ」!


シンガーソングライターとしてデビューし、その後はお笑いタレント、司会者、俳優など多彩なジャンルで活躍する所ジョージ。『所さんの目がテン!』や『世界まる見え!テレビ特捜部』(共に日本テレビ系)など長寿冠番組も数多く、そのナチュラルな司会ぶりが世代を超えて支持されています。また、趣味人としても知られており、彼の趣味の世界がそのままテレビ番組になった『所さんの世田谷ベース』(BSフジ)では、自動車やバイク、ガンなど多彩なコレクションを収集しており、趣味を全力で楽しむ姿に好感を持つ人が多く、3位となりました。

このように、枠にとらわれず多方面で活躍しているタレントが上位にランク・インする結果となりました。気になる4位~58位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの芸能人に「マルチ」な才能があると思いますか?

写真:タレントデータバンク
(所 ジョージ|1955/1/26生まれ|男性|O型|埼玉県出身)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2019年2月13日~2019年2月14日