『私、能力は平均値でって言ったよね!』アニメ化記念! 原作・FUNA先生インタビュー

2019年10月7日(月)より放送&配信が開始される、アニメ『私、能力は平均値でって言ったよね!』、通称『のうきん』。原作は、小説投稿サイト『小説家になろう』にて2016年1月より連載が開始され、累計2億8000万PVを記録しているFUNA(著)・亜方逸樹(イラスト)によるライトノベルだ。今回、アニメ化を記念して、原作者のFUNA先生にお時間をいただき、アニメ化について、作品の世界観、そして先生のパーソナルな部分もちょっとだけお聞きしました。


ーー小説を書こうと思ったきっかけを教えてください。

FUNA 小学生の頃からの夢が、恒星間宇宙船の船長になることとSF作家になることでした。前者は、航空機の機長になるところまでしか行けず、大気圏を離脱することなく中途半端に終わりました。もう一方の夢については、趣味として、小説書きと小説投稿サイトへの投稿を始めたのですが、それがまさかこんなことになろうとは。夢をはるかに超えてしまいました。投稿小説を書き始めて4年弱、小説家としてデビューして3年と少々になりますが、読者さん達の平均年齢よりは少しばかり年上だと思います。人間、夢を追いかけるのに遅すぎるということはないと思っています。体力が必要なスポーツ選手と違い、小説家は、年を取って知識や経験が増えるほど、ネタや書きたいことが増えていくし、あらゆることが糧となります。例えば友人に誘われて、いい年になってから始めたサバイバルゲームや、往復4時間かけてのとんぼ返りで蕎麦を食べに行ったこと。コミケで売り子をやったこと。アマチュア無線も、小型船舶免許も、気象予報士資格も、全部、糧となりネタとなって、今の私を支えてくれています。閻魔さまのところへ行った時、「お前は、死ぬには年を取り過ぎている」と言って追い返される者はひとりもいないのと同じように、小説を書き始めるには年を取り過ぎている、と言う人はひとりもいないと思います。

ーー本作品のアニメ化が決まった時のご心境は?

FUNA 宝くじが当たるような感じで夢見たことはあったけど、まさか本当に、こんな日がやってこようとは……。実は目が覚めたら病院のベッドの中で、「先生、患者さんの意識が!」とか言われるんじゃないかと思いました(笑)。

ーーキャラクターを見たときや、実際の動画を観てのご心境は?

FUNA ……完璧の母(笑)! 夏くらいに動くマイル達を見たのですが、まるで自分の子供が初めて立ち上がって歩いたところを見た時のような感覚でした。いや、子供どころか、奥さんもいないんですけどね(笑)。キャラクター自体は、書籍のキャラクターデザインを踏襲していただいたので、イメージ通りで、絵も声も、全く違和感がありませんでした。


ーー太田雅彦監督、シリーズ構成・脚本のあおしまたかしさんとご相談されたことは?

FUNA アニメ製作が決まった後、制作スタジオでみなさんとお会いしました。その時に、私が希望することは全てお伝えしました。私がお伝えしたことは、次の通りです。小説とアニメは、媒体としての特性が違うので、原作を気にせず、自由に改変してもらって構いません。”小説『のうきん』”とは別の、独立した作品として、監督が作られた”アニメ『のうきん』”と言う作品を作っていただきたいです。ただ、「このキャラは、絶対にそんな言動をしない!」と言うことだけは避けていただきたいです。そして、それらすべてのお願いは、守っていただけました。なので、出来上がった作品には、とても満足しています。会議の途中で監督が、「それで、どこまでやっていいんでしょう? 思うようにやっていいなら、やっちゃいますよ? 本当にやっちゃいますよ?」とおっしゃいまして。私から監督に、「小説の中のネタ、何割くらいお分かりになりましたか?」と訊いたところ、「全部!」と。その瞬間「よろしくお願いします! 全て、お任せします!」とお願いしました。そして結果がどうなったかは、アニメを観ていただければお分りいただけるかと思います。

ーーアフレコに行かれたそうですが、和氣さん、徳井さんはじめ声優さんの演技を生でお聞きになっていかがでしたか?

FUNA 1話と最終話のアフレコを見させていただいて、もう「すごい!」のひと言です。止め画の映像に合わせて、台詞の入りや終わりがぴったりで、あんなの、普通の者にはタイミングが合わせられずにNG連発ですよ! それが、明らかなミスによるNGは2~3回あるかどうかで、サクサクと進んでいました。音響監督からの指導も、一発で要求通りになるんです。こちらから見ると、あんな抽象的な指示で、どうしてわかるんだ! って感じで……。声の質も感情移入もバッチリで、ほんと、プロってすごいなぁ、と驚きました。

ーーその他アニメ化にあたり、FUNA先生が関わられたことは?

FUNA 最初に会議で、方針やお願い、共通認識の擦り合わせなどを行なった他には、キャラ設定やシナリオ、絵コンテ、脚本、キャラクターデザイン等を全て送っていただき、気になる点や、修正してほしいところをメールでお願いしました。他の原作者の方の中には、頻繁に制作現場に足を運んだり、色々と細かく打ち合わせをされる方もおられるそうですが、私は「餅は餅屋」という方針でして、メディアの特性が異なる小説の書き手が、畑違いのメディアのことに余計な口を出しても良い結果にならないだろうと思って、アニメの専門家であるスタッフの方々、そして全てをお任せした監督たちに自由に作っていただくべく、あまり口出しはしないようにしていました。『私、能力は平均値でって言ったよね!』という名の小説のアニメ化をしていただくのではなく、『私、能力は平均値でって言ったよね!』という名のアニメを新たに創っていただきたい、と思いまして。だからと言って私には責任がない、ということではなくて、全て私が納得してOKを出しています。




ーーマイル(転生前の日本では海里)が転生した異世界って、どんなところなのでしょう?


FUNA 私はもともとSF小説が好きで、子供の頃からSF作家になりたかったんです。なので、剣と魔法のファンタジー世界なのですが、実はただのファンタジーではなく、あれはSFなんです。魔法は、すごく進化した、神のような生命体の手によって撒布されたナノマシンによる、純粋に科学的な作用によるものなんです。なのであの世界は、ファンタジーのように見える世界ですが、SFの世界なんです。

ーーマイルは、どのように作られたのでしょうか?

FUNA 私は、こういう物語で、こういう役をさせるから、こういうキャラクターを用意しようということは、全くしないんです。いきなりキャラクターが混沌の中から出てくるんです。こういうキャラだから、こういう性格でこういう言動をしてこういう特性をもたせて、ということはないんです。はじめからそういうキャラとして現れるんですね。平井和正さんが言っていた「キャラが降りてくる」、あんな感覚なんでしょうかね。そしてそのキャラが勝手に動くから、書いていて、当初の予定から外れることもあるんです。

ーー先生の書いた文章から外れるんですか?

FUNA 文章が先ではないんです。ビジョンとして、キャラが動いているのを、私が横目で見て書き写している、という感じです。

ーーマイルという主人公は、どういった感じの子なのでしょう?

FUNA 前世(日本)では、頭はいいけれど人付き合いが苦手で、家族以外とはまともに話をすることがありませんでした。趣味はもっぱら、両親のコレクションである昔のアニメや漫画、小説、ゲームなど。小さい頃から才能を見せていたため、両親双方の祖父母や親戚たちが自分を利用しようとするのにうんざりしていました。クラスメイトたちも、遠巻きにするばかりで、あまり話しかけてはくれなかったんです。なので転生時に、次の人生では普通の子供として友達と遊んだり自由な人生を送ることを望んで、いわゆる転生特典として『その世界での、平均的な能力』を望みました。

ーーマイル達『赤き誓い』の4人の少女のハンターパーティー、なにかモデルがあったりされるのでしょうか?


FUNA モデルはありません。マイルがどんな子かが決まった時点で、私が今までに読んだ莫大な量の本や漫画、アニメその他の集大成となった脳内データベースから、「私が面倒みてあげるわよ!」と言って出てきたのがレーナたちです。なので、モデルというものはなく、みんな全くの新人です。

ーーこのシリーズの見どころ(読みどころ)はどう言ったところでしょうか?

FUNA 女の子4人で、お気楽極楽ないろんな旅をする中で、しょっちゅう寄り道をするんですけれど、この世界の、この惑星の成り立ち、そしてどうしてマイルがこの世界に転生してきたかという1本の筋はあって、物語の終わりへ進んでいるんですが、その筋だけを追うのではなくて、毎回毎回ある寄り道の、おバカな部分も楽しんでいただければと思います。

ーー今後の展開として言えることがありましたら。

FUNA この物語のラストは、第1話を書いた時から決まっています。なので、中途半端なところで執筆中断、ということはありませんので、ご安心を。もちろん、あちこち寄り道をしていますが、最終的に向かう先は、物語全てを通しての『アレ』です。この世界の謎、そしてマイルがこの世界に転生した意味は――。最後まで、あとしばらくお付き合いいただければ嬉しいです。

ーーここからは、作品以外のことについても少しお聞かせください。先生が影響を受けられたものは? 小説・漫画・アニメ・実写作品なんでも構いません。

FUNA 長谷川裕一先生の、『マップス』。ジュール・ヴェルヌの各作品。萩尾望都先生、竹宮惠子先生、中山星香先生たちの、SF系少女漫画の名作たち。様々な作品から影響を受けました。また、漫画だけでなく、昭和38年版の映画『海底軍艦』には大きな影響を受けました。地下ドックで爆弾を仕掛けられて爆発したというのに、「前部機械室、異常なし。中部司令室、異常なし。後部動力室、異常なし。海底軍艦轟天号、発進!」という、あのあまりの無敵感、あまりのカッコ良さが、私の「なぜそんなことを?」「……それは、カッコいいからだ!」という、カッコ良さとわくわく感至上主義の原点です。

ーーグッズにはご興味ございますでしょうか? 持っているもの、集めているもの、昔持っていたものなど。平面もの・立体物なんでも構いません。

FUNA グッズとは言えないかもしれませんが、私が大量に持っているものとして外せないのが、本と漫画ですね。3LDKの2部屋は「本だけがぎっちり詰まった部屋」で、居間と寝室も、半分以上が本で埋まっています。そのほかは、ゲーム機は初代ファミコン、メガドライブからあり、今でも本体の電池を入れ替えたセガサターンでアドバンスド大戦略をやったり。アニメのコレクションも、そこそこあります。

ーーこの作品からのグッズで欲しいものはありますか?

FUNA 『赤き誓い』4人のフィギュアと、ナノちゃんぬいぐるみです(笑)! 

ーー実現すると良いですね! 最後に、アニメ、新刊を期待しているファンの方々へメッセージをお願いします。

FUNA アニメは、たっぷり期待していただいて構いません。「このネタ、大丈夫かよ!」と、心配していただいて構いません(笑)。そして、この物語は、どこまで行くのか。それには、私が好きな、あの物語の主人公の台詞でお答えしましょう。「……どこまでも。行けるとこまで!!」




TVアニメ『私、能力は平均値でって言ったよね!』
<放送情報>
AT-X  10月7日(月)23:30~
※リピート放送 毎週(水)15:30/毎週(土)7:30/毎週(日)8:30
TOKYO MX 10月7日(月)24:00~
テレビ愛知 10月8日(火)25:35~
ABCテレビ 10月9日(水)26:41~
BS11 10月7日(月)25:00~

Amazon Prime Video 10月7日(月)23:45〜独占配信
※放送時間は都合により変更になる場合があります。

<キャスト>
マイル:和氣あず未
レーナ:徳井青空
メーヴィス:内村史子
ポーリン:田澤茉純
ナノちゃん:羽多野 渉
レニー:河野ひより
マルセラ:河瀬茉希
モニカ:安野希世乃
オリアーナ:東城日沙子

<スタッフ>
原作:FUNA・亜方逸樹 (アース・スターノベル刊) 
監督:太田雅彦
シリーズ構成:あおしまたかし
キャラクターデザイン:渡辺奏
音楽:三澤康広
アニメーション制作:project No.9



『私、能力は平均値でって言ったよね!』10月12日(土)12巻発売
著:FUNA イラスト:亜方逸樹

(C)FUNA・亜方逸樹/アース・スター エンターテイメント/のうきん製作委員会