04 Limited Sazabysが自身最大規模のワンマンで提示した終わらぬ道の先

04 Limited Sazabysが、9月29日さいたまスーパーアリーナにて自身最大規模のワンマンライブ〈YON EXPO〉を開催した。本記事では、2万人が熱狂した当日の模様をレポートでお届けする。

EXPO(=博覧会)を題し開催した本イベント。会場に隣接するスペースには様々なエンターテインメントが楽しめるエリア「YON PAVILION」が登場した。新グッズ売り場やガチャガチャブースはもちろんのこと、ストラックアウトやダーツなど6種類のゲームが楽しめる「AMUSEMENT AREA」に、カラオケブースも大盛り上がり。フォーリミにまつわる企業が出店した「BOOTH AREA」では、実際にライブで使われたものと同じモデルの楽器で記念撮影ができるフォトスポットも登場し、多くのファンが詰めかけた。「FOOD AREA」には、RYU-TA監修の”麺や おがた”も出店し、開場前に売り切れるほどの盛況ぶり。他にも特別撮り下ろし作品が展示された写真展が開催されるなど、コンテンツ盛りだくさんのアリーナ会場となっていた。

フォーリミは、毎年彼らの地元の愛知で〈YON FES〉という野外フェスティバルを主催している。今回のワンマンライブのタイトル〈YON EXPO〉もそれを想起させるようなネーミングだ。イベントそのものが「場」となるフェスとは違い、本イベントはフォーリミというバンドそのものがコンテンツを生む「場」となりストーリーを作っていく彼らを象徴するようなイベントとなったと言えるだろう。フォーリミが作った土壌に芽吹いていくカルチャーを純粋に楽しんでいるお客さんの姿がそこにはあった。

17時40分、客電が落ちるとメンバー4人が日常から抜け出して会場に走って向かうというまるで映画のワンシーンのような映像が流れ、スーツ姿の4人が登場。大きな歓声の中、「Now here, No where」からライブがスタートした。ステージ前にはメンバーが見えるほどの薄い幕が垂らされそこに歌詞のタイポグラフィが投影されるという演出。この曲は、フォーリミが初の日本語詞に挑戦し、バンドが前に進む大きなきっかけとなった曲だ。単純に盛り上がって楽しむだけじゃない、そこにどんな積み重ねがあって今日の開催に至ったのかが想起されるそんなオープニング曲からライブが始まった。GEN(Vo)が「もっと高く、もっと強く、一緒にいいとこ行きましょう!」と叫ぶと「warp」、「Kitchen」と勢いよく続ける。


Photo by ヤオタケシ

null
Photo by ヤオタケシ


Photo by ヤオタケシ


Photo by ヤオタケシ

GENが「俺たちは大人になったので。誰かの背中を押すようなそんな曲です!」と言うと、最新シングル収録の「Cycle」へ。スーツをバシッと決めた彼らの姿にはそんな意味も込められていたのではないだろうか。そのまま「message」「My HERO」「fiction」「Montage」と攻撃的な曲が繰り広げられ、会場も溢れんばかりのエネルギーで応える。フォーリミの楽曲はメロコアの進化系とよく評されるが、ライブを観るとその邦ロック的な整った部分とKOUHEIの確かなドラムスキルに裏付けられたメロコアの勢い、そしてフォーリミならではのお客さんを楽しませるエンタメ力が絶妙なバランスで魅力につながっているのだと気がつかされる。


バラエティに富んだエンタメ性

転換時間には、RYU-TA扮するおがたが、彼の地元である岐阜の中津川からラーメンを会場までマラソンで届けるという24時間テレビ風に作られた映像が流れた。ライブ本編とは別に「おがたはどうなるのか」という裏ストーリーが配置されるという作り込まれたフォーリミらしい演出だ。

4人が衣装を変え登場すると、「chicken race」からライブが再開。観客の一体となったジャンプで会場が揺れると、ミラーボールの演出が光る「midnight cruising」、MVと同じようなザッピングするような映像をバックに「Galapagos」と続ける。このバラエティに富んだエンタメ性こそフォーリミの魅力の構造そのものではないだろうか。RYU-TAの煽りが炸裂した「me?」「swim」を披露し、MCパートへ。

「今日は普段しないことをしたいなと思って。今日はハンドマイクで歌う曲をやってみてもいいかな?」とGENが言うと、HIROKAZがアコースティックギターに持ち替え、「labyrinth」を客席横の道を歩きセンターステージへと向かいながら披露。息を呑むような静寂と最小限に落としたステージ照明の中始めた「hello」では、ファンがアドリブでスマホのライトを振り会場に幻想的な光景が広がる。GENも「お前ら、センス抜群です。ありがとうございます!」と嬉しそうな笑顔を見せた。


Photo by Viola Kam[Vz Twinkle]

「shine」を披露した後、再び暗転し先ほどのおがたがラーメンを会場に届ける映像が流れると、おがたが会場後方から登場し大きな歓声が上がる。4人の絶妙な駆け引きに会場が暖かい笑いに包まれた。

「今日はワンマンライブ、フェスの時とは重みが違う」とGENが決意を新たにすると、「Utopia」から後半戦が始まった。「Alien」「discord」と怒涛の勢いで続けると会場のボルテージが加速していく。KOUHEIのメロコア譲りのハイスピードなドラムに乗せた突き刺さるような攻撃的なリフ、そこに響くGENのハイトーンな歌声。しっかりと確かな演奏力に支えられこの勢いが成立していることも押さえなくてはいけない。

「大切な曲なので、フェスであんまりやらないんですけどこの曲をお聴きください」そう言って大きく息を吸い込み披露したのは「Horizon」。様々な決意を胸に駆け抜けていくこの曲から息つく暇もなく「Puzzle」へ。そしてGENが「皆さんに残暑見舞い申し上げます」とニヤッと笑うと「Letter」「milk」と続ける。フォーリミは1曲1曲に個性がありそんなバラエティの豊富さがライヴの魅力を支えているのではないだろうか。そしてGENが、MCでこう語った。


「バンド組んだ瞬間からそこがゴール。だからただただ先へ進め!」

「バンドが11年目になって、04 Limited Sazabysはどこを目指してるんですか?とか、次の展望は? 野望は?とかよく訊かれるんですけど、バンドやり始めた時はただただやりたくて自分が好きで始めたものだったので。もう幸せすぎてね。別に次に向かってる場所なんてないですよって最近思うんですよ。バンドやりたくて始めたんで。バンド組んだ瞬間からもうそこがゴールだし、続けてる限りずっとゴールかなと思ってます。だから、俺たちの旅はまだまだ続く! だからただただ先へ進め!」

そんな甲本ヒロトの名言を想起させるようなMCから「Feel」「monolith」と続け本編は終了。しかし歓声はすぐにアンコールへと変わり、4人が再登場。1月からツアーを開催することと、来年も〈YON FES〉が開催されることがアナウンスされると、会場からは歓喜の声が上がった。

アンコール曲は、「Squall」と「Remember」。曲が終わりライブも終了かと思うと、再び暗転し「soup」が流れる中おがたver.のエンディング映像が流れた。しかし、「こんなんじゃ終われないよ!」とツッコミを入れながらメンバーが再登場。

今日最後の曲は「Give me」。後ろのスクリーンには、4人のリハーサルの風景や〈YON EXPO〉に来たお客さんの楽しそうな姿が流れると言う真のエンディングが流れる。そして最後はGENの「一緒にこの空間この時間この瞬間を作り上げてくれた皆さん、心からありがとうございました!!」と言う言葉で締めくくられた。〈YON EXPO〉は、お客さん含め全員で作り上げたんだというメッセージがしっかりと表れた演出だったと思う。

会場に来た全員の胸に刻み込まれたこのライブ。もっと大きなステージで観られる日も近いのではないだろうか。


Photo by Viola Kam[Vz Twinkle]


04 Limited Sazabys
〈YON EXPO〉

2019年9月29日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ

=セットリスト=
01. Now here, No where
02. Warp
03. Kitchen
04. Cycle
05. message
06. My HERO
07. fiction
08. Montage
09. Chicken race
10. midnight cruising
11. Galapagos
12. me?
13. swim
14. labyrinth
15. hello
16. shine
17. Utopia
18. Alien
19. discord
20. Horizon
21. Puzzle
22. Letter
23. milk
24. Feel
25. monolith
EN1. Squall
EN2. Remember
EN3. Give me