夏帆とシム・ウンギョンが演じた等身大の孤独と寂しさ

「今までで一番やりたい役に出会えた」。10代から活躍している実力派女優の夏帆が、そうまで言って挑んだ映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が公開される。

東京で「自称」売れっ子ディレクターとして働く30歳の砂田(夏帆)は、何者にもなれない自分や田舎にコンプレックスを抱きながら日々を過ごしている。そんなある日、病気の祖母を見舞うため、大嫌いな故郷・茨城へ帰省することに。ついてきたのは、自由で天真爛漫な「秘密」の親友・清浦(シム・ウンギョン)。しかし、2人を待ち受けていたのは、都会で身につけた理論武装など全く通用しない人々。そんな彼らに翻弄されているうちに、これまで見ようとしてこなかった砂田の中の「本当の自分」が顔を出す……。

『海街diary』や『天然コケッコー』で演じてきた明るく爽やかな役を封印し、無愛想で痛々しいキャラクターを体当たりで演じる夏帆が、とにかく素晴らしい。そして、『サニー 永遠の仲間たち』や『新聞記者』など、話題の映画に出演し人気急上昇中の韓国人女優シム・ウンギョンも、愛嬌たっぷりの演技で夏帆との見事なコンビネーションを見せている。

仕事や結婚、出産など社会的に様々なプレッシャーがかかる「アラサー」という年代を、2人はどう演じたのか。「私を好きって人、あんまり好きじゃない」と言い放つ砂田の気持ちを、どう受け止めたのか。夏帆とシム・ウンギョンに聞いた。

─脚本を読んで、どんなふうに感じましたか?

夏帆:今までに読んだことのない脚本だなと思いました。描いている世界はすごく身近なのに、台詞回しというか、言葉選びがすごく独特だなと思って。その上で、日々自分が抱えている寂しさだったり、時が過ぎていくことへの葛藤だったり、人には話せないけど、自分の中に抱えている気持ちを、ちゃんとユーモアも交えたエンターテイメントとして描かれていて。それがすごくいいなと思いましたね。

ウンギョン:今の時代を生きている女性の孤独や寂しさを描く物語だけど、視点はすごく暖かかったのが興味深かったです。個人的に、女性の監督が書いた脚本というのもうれしかったですね。これまで女性監督とのお仕事ってしたことがなかったので。

─夏帆さんは「今、自分が一番やりたかった役に、やっと巡り会えたと心から思った」とコメントしていますよね?

夏帆:「等身大の自分」というか、今のそのままの自分で、この役なら勝負できるんじゃないかなと思ったんです。10代の頃からこの仕事を始めて、色んな役をやってきて、こういうありのままの自分を出せる役をずっと演じてみたくて。しかも、それを求められているというのが嬉しかったんですよね。役や作品も出会いだと思うんですけど、そういう意味では「あ、やっと巡り合えたな」という風に思いました。20代の集大成という気もしています。

─もう、本当に「砂田」そのものというか……カラオケのシーンとか大爆笑しました。

夏帆:笑えました?(笑) イタ過ぎて笑えるのかな……?って心配だったんですけど……。

─それも含めて最高でした(笑)。あのぶっ飛んだ演技は大変でしたか?

夏帆:そうですね、普段カラオケに全く行かないので。ただ、私はお酒を飲むと割と騒がしくなるタイプなんですよ(笑)。そういうところも含めて共感できましたね。「ああ、私もこういう一面あるな」って。



─ウンギョンさん演じる清浦は、砂田にとって非常に重要な役どころです。いただいたプレスリリースでウンギョンさんは、清浦の役回りをアラジンのジーニーや、アナ雪のオラフに喩えていましたよね。実際に演じるにあたって気をつけたことは?

ウンギョン:実は監督から「夏帆さんには相談しないで、その場でアドリブを入れて欲しい」というディレクションがあったんです。アドリブって、最近はあまりやってなかったんですよ。単純に難しいし、ちゃんとそのシーンとキャラクターの設定と合わせないと、無駄になってしまう可能性が高いので。でも今回、監督としては「自由な雰囲気」が欲しかったようなので、色々相談しながら入れてみました。その際に、やりやすいよう現場の雰囲気を作ってくださったので、なんとかやりきることができました。

それと、撮影をしながらキャラクターについて感じたことが沢山ありました。清浦って単に明るいだけじゃなくて、ちゃんと影のあるキャラクターなのだな、と。物語が進むにつれて、なぜか切なくなっていくというか。色んな一面を見せられる役だなと思いましたね。

─ちなみに、アドリブって例えばどのシーンに入っていたのですか?

ウンギョン:多くのシーンに入っています(笑)。

夏帆:ちょっとしたセリフとセリフの間の余白部分やリアクション……動きや仕草でも、全編にわたって清浦とのシーンはアドリブが散りばめられていました。清浦がどういうテンションで来るのか分からないから、それに対してどうリアクションを取ればいいのか。乗っかればいいのか、受け流すべきか、シーンによってももちろん違うので、その塩梅は難しかったですね。そういう細かいところも監督と相談しながら進めていきました。


他の共演者の「怪演」というべき存在感

─他の共演者の皆さんも「怪演」というべき存在感を放っていましたよね。

ウンギョン:黒田大輔さん演じる、砂田の引きこもりの兄は、劇場で観ていて圧倒されました(笑)。こんな自然に、素晴らしくキモチワルイ芝居をする人は観たことがなかったなって。

夏帆:あははは! 現場で一緒にお芝居しているときは「こ、こわ!」って思ったんですけど(笑)、完成したシーンを観たらすごく笑えて。試写会でも大爆笑が起きていましたね。

─砂田は小さい頃に家族から引き離されて暮らしたことで、感情をうまく外に出せずにいるんですよね。

夏帆:だからこそ彼女には清浦が「必要」だったんです。本当は清浦みたいに自由に生きたいけど、そうすることが出来なくて、「こうありたい」という思いを彼女に投影させていたと思うんですよね。

今回、清浦以外にも砂田の周りには強烈なキャラクターがたくさん出てきますけど、実は一番狂っているのは砂田なんじゃないかって(笑)。「私、器用に生きてますけど?」というポーズをとっていますけど、ものすごく不器用だし、余計なことを言うし。一緒に仕事をしている人との飲み会でも、余計なことを言って周りに気を使わせて。すごく人間臭い人物だなと思うし、そこが私は好きですね。

─「私を好きって人、あんまり好きじゃない」と言うセリフも、とても印象的でした。

夏帆:自分のことが嫌いで、受け入れられないんですよね。それは私もよく分かります。本当はもっと大人になっているはずだったし、もっと何かを成し遂げていられるはずだったのに、それに追いついていない自分がいて。理想が高い分、そんな自分が許せない。だからこそ、そんな自分のことを「好き」という人を信用できないみたいな、そういう痛々しいことを言ってしまうわけですよね(笑)。


©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会

─「こんな自分を好きになるなんて、大した人じゃない」って思ってしまう。

夏帆:そうなんです(笑)。でも、そんな自分を受け入れて、向き合っていかなければいけないなって。どんなに憧れても、他の誰かになり変われるわけではないから、そこは自分とうまく折り合いをつけてやっていかなきゃって、ここ2、3年くらいはずっと思っていて。そういう意味でもこの作品は、自分にとってドンピシャだったなって。このタイミングで、砂田を演じられたのはすごく救われました。

─砂田はいわゆる「アラサー」で、仕事や結婚、出産など社会的に様々なプレッシャーがかかる年代だと思うのですが、そのあたりは演じてみてどう思いましたか?

夏帆:ちょっと前まで私もすごく考えていましたね、そういうことを。周りもどんどん変わっていくし、同級生が結婚して子供を産んでとか、25歳くらいから急に増えてきて。「自分はこの先、仕事をしていく上でどうしたらいいんだろう?」「そもそも続けていけるのか?」「何か一つでも結果を残さなきゃ」って。

今は順調に仕事をさせていただいていますが、そうじゃない時に「この先どうしよう」って。なんだか色んなことを考えていた時期もあったんですけど、今はあまり年齢に縛られなくなりました。特に私は10代の頃から仕事をしているというのもあって、感覚が少しずれているのかもしれないですけど。何れにしても、一度は立ち止まって考える時期ではあるのかもしれないですね。

─韓国でも、そういう社会的なプレッシャーみたいなものってありますか?

ウンギョン:どうだろう。以前に比べたら、「女性はこうあるべき」みたいなプレッシャーは減ってきたような気がしますね。ただ、私自身はまだ結婚とか全然考えてないかも……。

夏帆:そうだよね、25でしょ?

ウンギョン:もっともっと先の話だと思うし、結婚するかどうかもよく分からない。個人的にはそんなに心配していなくて。未来のことをあれこれ考えだすと、不安になっちゃうから。今やるべきことをちゃんとやろうと思ってますね。そうすれば未来も変わっていくでしょうし。

夏帆:「30までに結婚するべき」みたいなの、早くなくなるといいよね(笑)。


2人が抱く「ブルーアワー」のイメージとは?

─タイトルにもなっている「ブルーアワー」というのは、夜と昼とが混じり合う時間のこと指していて。それって生と死、過去と未来のメタファーにもなっていると思ったんです。そこではあらゆることが起きるというか。お二人は「ブルーアワー」をどんなイメージで捉えていますか?

ウンギョン:静かで誰もいなくて、夢か現実かわからない場所を歩いているような、そんな気分になりますよね。私も子役時代によく、ブルーアワーに撮影することがあったんですけど、なんだか切ないような、寂しいような気持ちになったことを覚えています。あれ、なんだろう。不思議な気分。

夏帆:うん。確かにすごく感傷的になる時間帯だよね。砂田だけじゃなく、多くの人がそう思っているのかもしれないですけど、時が過ぎていくことへの「喪失感」みたいなものってあるじゃないですか。ブルーアワーが訪れ、また1日が始まり、また1日が終わるというその狭間な時間帯って、その喪失感をより強く感じて感傷的な気持ちになるんですよね。

ウンギョン:私は、その時間が小さい頃はイヤでしたね(笑)。特に明け方の撮影とか寂しい気持ちになってしまって。


©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会


©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会

─分かります、気をつけてないとネガティブな気持ちになりますよね。

夏帆:そうそう(笑)。特に夏のブルーアワーって何とも言えない空気感がないですか? 冬は冬で寂しいのだけど、夏の夜明けって、なんでしょうねあれ。自分と向き合わざるを得ないというか……。暑くなると途端にそういうことも忘れるんだけど、その気温の変化が影響しているんですかね。あと、夏休みの記憶も引きずっているのかな。

ウンギョン:でも、今回の撮影のおかげで「ブルーアワーも悪くないな」って思えたので、それは良かったです。

─夏帆さんはロケハンまで同行されたそうですが、茨城はどんな印象を持ちましたか?

夏帆:暑かった……(笑)。茨城って独特ですよね。確かに田舎なんですけど、東京から近いじゃないですか。1時間半あれば行けるし、通おうと思えば通える距離にあって。

ウンギョン:でも、ロケバスで高速を走っていたら、茨城に入った途端おじいちゃんがでっかいバイクに乗ってグァーッて走ってるのを見て、「やっぱり東京とは違うな」と思いました(笑)。

夏帆:実は茨城って、他の映画の撮影でもよく使うんですよね。東京に近い田舎だから。これが飛行機で行かなきゃ辿り着かないような遠い田舎だったら、また随分違った雰囲気だとは思うんですよ。私は東京出身だから、田舎特有の閉鎖的な思いを味わったことがないので、「実家に帰省する」という感覚とか、砂田が抱えていた閉塞感みたいなものを実感として味わったことはないんです。そこは撮影に入る前から監督に確認しました。

ただ、ここにいたらちょっと鬱屈した気持ちにもなるのかなとか、そんなことは感じました。退屈だし、特に面白いこともないし。だけど自分は「何者かになりたい」みたいな葛藤は、想像することは出来ましたね。


2人が好きな音楽

─ところで、お二人は普段どんな音楽を聴きますか?

ウンギョン:私は音楽が大好きで、中学生の頃は昔のロックやポップミュージックが大好きで、ビートルズやピンク・フロイド、ビーチ・ボーイズとか、いわゆる名盤と呼ばれるものを片っ端から聴いていましたね(笑)。クイーンの「Love Of My Life」を聴いて、「この美しい声は一体誰?」って思って(笑)。それで初めてフレディ・マーキュリーを知ってびっくりしたのを覚えてます。最近はもう、なんでも聴きますね。

夏帆:私も似たような感じ。10代の頃に名盤を聴いてました。親が洋楽しか聴かない人で、しかもディスコ世代なんですよ(笑)。

─どんな時に聴くことが多い?

ウンギョン:1人でいる時間や、道を歩いている時によく聴いていますね。最近はビリー・アイリッシュの「Bad Guy」がお気に入り。あとはジャズ……ビル・エヴァンスやオスカー・ピーターソン、カーラ・ブレイなどを聴いています。

夏帆:そうだ、酔っぱらうと私、お店で好きな曲をかけてもらう習性があって(笑)。自分専用のBGMにしちゃうんですよね。

─そこもちょっと砂田っぽいですね。

夏帆:確かに!(笑)


Photo by Takanori Kuroda

<INFORMATION>

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
10月11日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー。



監督・脚本:箱田優子
企画・プロデュース:遠山大輔
プロデューサー:星野秀樹
アソシエイトプロデューサー:小池勇規
協力プロデューサー:吉岡宏城
撮影:近藤龍人
照明:藤井 勇
録音:小川 武
美術:井上心平
編集:今井大介
音楽:松崎ナオ

製作:カルチュア・エンタテインメント
ビターズ・エンド
TSUTAYA Digital Entertainment
ツインズジャパン
フジパシフィックミュージック
TCエンタテインメント
製作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ビターズ・エンド

出演:
夏帆 シム・ウンギョン
渡辺大知 / 黒田大輔 上杉美風 小野敦子 / 嶋田久作
伊藤沙莉 高山のえみ / ユースケ・サンタマリア
でんでん 南 果歩

2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分
©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
www.blue-hour.jp