「魔王軍最強の魔術師は人間だった」1巻

羽田遼亮原作によるアナジロの単行本「魔王軍最強の魔術師は人間だった」1巻が、本日9月30日に発売された。

魔王軍の不死旅団団長として活躍する、最強の魔術師アイク。実はその正体は魔族のふりをした人間で、しかも日本人だった前世の記憶を持って転生している異世界人だった。むやみに人間を殺すことを好まないアイクは、ある城を無血開城に近い形で占領してみせる。すると魔王が“褒美”として、アイクの旅団を戦の最前線に送り込んで……。同名小説のコミカライズ作品として、モンスターコミックスで連載中だ。