チャイルドシートの汗取りマットおすすめ4選【公認チャイルドシート指導員が解説】

【この記事のエキスパート】

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

自動車生活ジャーナリスト:加藤 久美子

下関市出身 大学在学中に車に目覚め、大学時代は神奈川県内のトヨタディーラーで納車引き取りのアルバイトを経験。大学卒業後、日刊自動車新聞社に編集記者として入社。

1989年FIA 公認のクロスカントリーラリー「オーストラリアン・サファリ」に出場。
1995年会社を辞めてフリーランスの道へ。
1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
2000年に第一子出産後、妊婦のシートベルト着用を推進する会を立ち上げ、チャイルドシートと共に胎児と赤ちゃんの命を守る啓発活動を展開している。

月刊誌『MONOQLO』(晋遊舎)、All About、citrus、オートックワン、乗りものニュース、くるまのニュース、JAFMATEなどに自動車生活関連(運転マナー、車の税金、維持費、メンテナンス、カスタム、海外車事情など)の記事を年間300本以上寄稿している。

また、(一財)日本交通安全教育普及協会公認チャイルドシート指導員としてチャイルドシートの正しい装着や子連れドライブの楽しみ方と危険回避に関する講演、啓発活動なども積極的に行っている。


チャイルドシートに長時間赤ちゃんや子どもを座らせていると、汗のむれやあせもが気になる人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんや子どもを座らせるときに、チャイルドシート用汗取りマットを使うと過ごしやすくなるでしょう。本記事では、チャイルドシート用汗取りマットの上手な選び方とおすすめ商品を、自動車生活ジャーナリストで公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに聞きました。赤ちゃんや子どもに合った商品選びにぜひ役立ててください。

チャイルドシート用汗取りマットの選び方とは? 公認チャイルドシート指導員が教える

公認チャイルドシート指導員の加藤久美子さんに、チャイルドシート用汗取りマットを選ぶときのポイントを4つ教えてもらいました。手作りの汗取りマットを使っている人も、はじめてチャイルドシート用汗取りマットの購入を考えている人も、プロの教える選び方を踏まえて納得の商品選びにつなげましょう。

ぴったり合うものがほしい場合は純正品を!

【エキスパートのコメント】

汗取りマットには汎用品と、チャイルドシートメーカーが専用に設計して販売している純正品の2種類があります。

純正品の場合、多くはチャイルドシートとベビーカーのいずれにもフィットする仕様になっていて、そのメーカーのほとんどのチャイルドシートやベビーカーにぴったりフィットします。

ベルト通し穴やバックル通し穴などをぴったり合わせたマットは、使っているうちにずれてしまう心配もありません。ぴったりフィットする汗取りマットがほしい場合は、少しお値段が高めでも純正品を選ぶようにしましょう。その際、適合機種についての説明も合わせてよく読んでおくのがおすすめです。

コンビ『さらすやエアスルーシート』:

出典:Amazon

メーカー純正品を選ぶとチャイルドシートと適合するため、フィット感、安全面ともに納得です。

寒い時期も車内では汗をかくことを考えて選ぶ!

【エキスパートのコメント】

汗取りマット=夏に使うもの、というわけではありません。真冬であっても暖房の効いた車内はときに暑すぎて汗ばむほどに温度が上昇します。体温調整が未熟なお子さまの場合、暖房の効いた車内でも大量の汗をかくことがあります。

汗でぬれたシャツのまま、寒い車外に出ると風邪をひきやすくなることもあります。そのようなときは、汗取りマットでさっと汗を吸い取り、次に車外に出るときまで乾かしておきましょう。

なお、チャイルドシートに乗せる際はできるだけ薄着にして、コートやジャケットは脱いでおくことをおすすめします。「冬だから不要では?」と思わず、汗取りマットをチャイルドシートの背中に敷いておくと快適性がアップします。

安価でデザイン豊富な汎用品は洗い替えに!

【エキスパートのコメント】

汎用品・純正品とも汗を吸い取る能力などには、それほど大きな違いはありません。汎用品にはかわいらしいデザインのものが多く、純正品はシンプルなデザインが多いようです。好みに合わせて選択すればよいでしょう。

純正品にはサイズや形状、ベルト通し穴の位置など、汎用品にはないフィット感のよさがあります。使っているチャイルドシートメーカーが純正の汗取りマットを出している場合は、純正品1枚、洗い替え用に汎用品1、2枚を用意しておくとよいでしょう。

DORACO『ベビーカーシート 保冷剤付き』:

出典:Amazon

手に入れやすい価格の多い汎用品は、洗い替え用として購入するのも有効です。

安全な汗取りマットとして薄めのものを!

【エキスパートのコメント】

チャイルドシートに汗取りマットを使う場合、気をつけるべきことはクッションのような分厚いマットを赤ちゃんの背中や頭の下に使うのは避けたほうがよいということです。

座り心地もよさそうだし、汗もたっぷり吸い取ってくれそうだし、洗濯もできていいことづくめ……のように思えるかもしれません。でも汗取りマットはできるだけ薄手で、チャイルドシートの座る部分に赤ちゃんの体を密着して乗せられることが望ましいのです。

車のシート、チャイルドシート本体、そして赤ちゃんの背中……これらが極力、密着するように使えることが安全性を高めます。汗取りマットを間に入れる場合はできるだけ薄くて吸水性がよいものを選びましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)