IT&家電ライターが選ぶ室内アンテナのおすすめ5選!

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


屋外にアンテナがない場合、室内アンテナが必要になります。本記事では、IT&家電ライターの秋葉けんたさんに取材した内容をもとに、どういった室内アンテナがあるのか、どういう選び方をすればいいのかなどを解説。あわせて、室内アンテナのおすすめ製品5選も紹介します!

室内アンテナの選び方のコツとは? IT&家電ライターが伝授!

IT&家電ライターの秋葉 けんたさんに、室内アンテナを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

地デジ?BS? 観る放送の種類を見極めて選ぶ

【エキスパートのコメント】

建物に共同アンテナがない、屋外用アンテナが設置できないという場合でも、室内アンテナを使えばテレビを見ることができます。

地上デジタル放送の電波はUHFです。UHF放送では470~770MHzの電波帯を13ch~52chに分けて送信しており(テレビ局のチャンネル番号ではありません)、「受信チャンネル13~52ch」と書いてあるアンテナならOKです。

VHS/UHF/FM対応もありますが、VHFは昔のアナログ放送なので、今は関係ありません。FM対応ならFMラジオを安定して受信できます。

BS/CS放送は放送衛星や通信衛星からの電波を受信するため、地デジとは別に専用アンテナが必要です。

DXアンテナ『UHF室内アンテナ US120AW』:

出典:Amazon

対応受信チャンネルは13〜52chなので、地上デジタル放送を受信できる商品です。

視聴する地域の電波の強さに合わせて性能を選ぶ

【エキスパートのコメント】

テレビ放送の電波の強さ(電界強度)は、電波塔(関東一帯なら東京スカイツリー、北海道はさっぽろテレビ党、九州一帯は福岡タワーなど)から離れるほど弱くなります。電波の強さによって強電界地域、中電界地域、弱電界地域に分けられ、屋外アンテナと比較して受信力の弱い室内アンテナは強電界〜中電界向きです。

アンテナの受信感度は「動作利得(アンテナ利得)」といい、数字が大きいほど受信しやすいことを表します。動作利得はアンテナの素子数が多くなるほど高くなり、中電界地域は14~20、弱電界地域21以上が必要とされます。

テレビが映らない大きな原因は電波の弱さです。弱電界地域では高性能な商品を選んだり、テレビ信号を増幅できるブースター内蔵タイプがおすすめです。

日本アンテナ『UDF85』:

出典:Amazon

壁掛けや屋外設置も可能な、強・中電界地区向けの商品です。

部屋の中に置くためサイズやデザインも重要

【エキスパートのコメント】

室内アンテナは室内に置くため、コンパクトさが重要。接続もテレビとケーブルでつなぐだけと簡単で、大きな工事を必要としません。種類としては卓上型、平面アンテナ、ペーパーアンテナの大きく3種類があり、卓上型は棚やテレビ台に置いて使う小型アンテナです。

平面アンテナは卓上型より大きいのですが、フラットで圧迫感が少ないデザインになっています。受信感度が高いので中電界地域にもおすすめ。防水加工された屋外/屋内兼用タイプなら、外壁やベランダにも設置できます。

最近人気のペーパーアンテナは、厚さ5mm程度の薄いプラスチック製。窓や壁に手軽に貼り付けることができ、見た目もファッショナブルです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)