【IT&家電ライターが選ぶ!】ポータブルブルーレイプレーヤーのおすすめ5選

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


ポータブルブルーレイプレーヤーの選び方をIT&家電ライターの秋葉けんたさんが解説します。持ち歩くことができるポータブルブルーレイプレーヤーは、自動車の中や外出先でもブルーレイの映像を楽しむことができるので、キャンプや行楽シーズンに持ってこい。ポータブルブルーレイプレーヤーのおすすめ製品5選、売れ筋ランキングも合わせて紹介します!

ポータブルブルーレイプレーヤーの選び方のコツとは? IT&家電ライターが伝授!

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、ポータブルブルーレイプレーヤーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

持ち運びやすさと画面サイズ・価格は反比例する

【エキスパートのコメント】

室内のテレビとセットアップする据置き型ブルーレイレコーダーに比べて、小型・軽量なボディでどこにでも持って行けるのがポータブルブルーレイプレーヤーです。基本的に市販ブルーレイディスクだけでなく、自分で録画したブルーレイディスクやDVDも再生可能。

ただし、ブルーレイディスクには1回書き込みのBD-Rのほか、繰り返し書き込み可能なBD-RW、容量2倍のBD-R DLなどの種類があるので、対応メディアを確認しましょう。画面サイズは9~10型のワイド画面が主流。画面が大きくなれば価格も上がり、逆に小さいほうが持ち運びには便利ですが、7〜8インチでは字幕が見にくくなるので注意が必要です。

ソニー『BDP-SX910』:

出典:Amazon

画面が9Vインチワイドで大きすぎることなく、字幕もしっかり見れるサイズです。

家の外で使うのならバッテリーの容量をチェック

【エキスパートのコメント】

ベランダや寝室などならACアダプターが使えますが、外に持ち出すとなると電源の確保がたいへんです。多くは充電式バッテリーを内蔵していますが、映画や音楽コンサートなどは2時間以上かかるものが多いので、最大再生可能時間が3時間以上あると安心です。

また、乾電池が使用できるモデルなら、キャンプ地や災害時など電源がないところでも利用できるので便利です。ただし、予備の電池を常に用意しておく必要があります。海外で使用する場合は、渡航先の電圧に注意。「AC100-240V対応」とあれば多くの国で使えます。

東芝『REGZA SD-BP900S』:

出典:Amazon

バッテリーは、節電モードで最長5.5時間もつので持ち運びに最適なポータブルブルーレイプレーヤーです。

防水機能付きやテレビ、動画を閲覧できる機種も!

【エキスパートのコメント】

フルセグ(地上デジタル放送)は高画質&高音質ですが、高速移動中の受信は苦手。携帯電話・移動体端末向けのワンセグ放送ならテレビ番組を気軽に楽しめます。ちなみに再生専用機では録画はできません。

キッチンやお風呂、アウトドアで使いたいなら、水や雨に濡れても大丈夫な防水モデルがおすすめ。製品によって防水性能が異なるので、限界がどのくらいか必ず確認を! 

入出力端子の種類もチェックポイント。ヘッドホン出力端子はもちろん、家のテレビに接続するHDMI出力端子、ビデオデッキはAV入出力端子、ネットワークを使うならLANポート、さらにはSDカードやUSBメモリのポートなど、自分に必要なものを探しましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)