バックカメラおすすめ5選|カージャーナリストが選ぶ後づけも可能な製品

【この記事のエキスパート】

カージャーナリスト:松村 透

カージャーナリスト:松村 透

輸入車の取扱説明書の制作を経て、2006年にベストモータリング/ホットバージョン公式サイトのリニューアルを担当し、Webメディアの面白さに目覚める。

その後、大手飲食店ポータルサイトでコンテンツ企画を経験し、2013年にフリーランスとして独立。現在はトヨタ GAZOO愛車紹介の監修・取材・記事制作、ベストカー誌の取材等で年間100人を超えるオーナーインタビューを行う。

また、輸入車専門の自動車メディア・カレントライフの編集長を務める。現在の愛車は、2016年式フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランと1970年式の古いドイツ車。妻と、平成最後の年に産まれた息子、動物病院から譲り受けた保護猫と平和に(?)暮らす日々。


後方の安全確認やバックでの駐車時のサポートに活躍するバックカメラ。カーナビ同様、後づけが可能なカーアクセサリーのひとつです。このバックカメラ選びについて、カージャーナリストの松村 透さんに具体的な選び方のポイントとおすすめ製品を教えていただきました。松村さんによると「ドライブレコーダーとは異なり、バックカメラは車外への設置が基本。水やホコリ、紫外線など、あらゆる自然の脅威にさらされるので、過酷な環境でも故障せず、長く使えるものを選びましょう(つまりは、有名メーカー品を選ぶのが結果的に安心だし、壊れる確率も低くなります)」。とはいえ、メーカー品でも製品ごとの特徴や機能の違いがあります。ぜひこの記事をバックカメラ選びに役立ててください。

バックカメラの選び方|カージャーナリストの着眼点!

カージャーナリスト・松村 透さんに、バックカメラを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。バックカメラの実用度に影響するポイントも多いので、しっかりチェックしましょう。

広角と標準、それぞれの特徴と使用目的を合わせよう

【エキスパートのコメント】

バックカメラになにを求めるかによってレンズの選び方も変わってきます。

できるだけ視界を確保したい、あるいは後方の視界を広範囲に捉えたい場合は広角のレンズを持つバックカメラを選んでください。

狭い駐車場に停める機会が多い方など、障害物との距離感をできる限り正確に捉えたい方には標準レンズを持つタイプがおすすめです。

Panasonic(パナソニック)『リヤビューカメラ CY-RC100KD』:

出典:Amazon

水平146°の広い視野角が特徴のカメラ。後方の情報を広く把握したい方には頼もしい製品です。

大画面カーナビと併用するなら高画素のカメラを!

【エキスパートのコメント】

ドライブレコーダーのように、クルマのナンバーなど遠方にあるこまかな情報を正確に記録するわけではないので、バックカメラの画素数の目安は30万画素といわれています。

これを下回ったからといって駐車が困難になることは考えにくいのですが、ここ数年流行している「デカナビ」といわれているような8インチ以上の大画面カーナビを取りつけている場合は、より鮮明な映像を確保するためこの画素数を意識してバックカメラを選ぶようにしてください。

モニターが見やすくなるHDR機能をチェック!

【エキスパートのコメント】

駐車したい場所が暗かったり、反対に明るすぎたりする場合、視界が白とびあるいは黒つぶれして見えにくくなることがあります。その映り具合を調整し、見やすくしてくれるのが、画像を自動補正してくれるHDR(ハイダイナミックレンジ)です。

駐車スペースによっては光が強すぎたり、暗すぎたりして、バックカメラの映像が不鮮明になることも珍しくないので、こちらの機能の有無は必ず確認するようにしてください。

ALPINE(アルパイン)『アルパインカーナビ専用 バックビューカメラ ダイレクト接続タイプ HCE-C1000D』:

出典:Amazon

強い光による白飛びをおさえ、細部の画像が見やすくなるHDR技術搭載。環境による駐車の難易度をぐっと楽にしてくれます。

できればカーナビとの同時購入を!

【エキスパートのコメント】

最近のクルマはオーディオレスタイプになっているものが増えつつあります。新車を注文する際に、純正または社外品のカーナビを選択して取りつける方式なので、予算や好みに応じたものが選べます。

バックカメラを選ぶ際、後づけであればすでに取りつけられているカーナビとの連動性を確認してから選ぶようにしてください。

同時注文できるなら、多少予算がかかっても同時に取りつけた方が安心です。後方の様子が映像で分かるのは、駐車を容易にするだけでなく事故防止にもつながるからです。

車種専用タイプですっきり取りつけ

【エキスパートのコメント】

バックカメラは欲しいけれど「後づけ感」がどうしても気になる…という方には、車種専用モデルがおすすめです。

トヨタ プリウスをはじめ、人気モデルともなれば車種専用のバックカメラが設定されていることもあるのです。なかには各ボディカラーまで用意されているケースもあります。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)