パナソニックブルーレイレコーダーおすすめ5選! IT&家電ライターに取材

【この記事のエキスパート】

IT&家電ライター:秋葉 けんた

IT&家電ライター:秋葉 けんた

編集プロダクション「マイカ」所属のIT&家電専門ライター。
スマホやパソコン、ストレージ、ネットワークなどIT全般のみならず、家電についての執筆実績が多い。書籍、雑誌、新聞、業界誌やWebコンテンツなど、様々な媒体に記事を提供している。
また、広告やカタログ、導入事例といったB2Bの営業支援ツール制作にも携わる。IT系、家電を中心にコンセントにささるいいモノをおすすめしていきます。

略歴
1973年生まれ。
高等学校の教職員勤務経験を経て、マイカに勤務。雑誌や専門誌のライターとして活躍する。
その後、IT流通の専門誌の記事制作を担当し、B2BからB2Cまで幅広い専門知識を獲得。
最近では、Webメディアやオウンドメディアのの編集企画制作も担当。

著書歴
・iCloud&iTunes超使いこなしガイド 2019最新版 (三才ムック)
・今すぐ使えるかんたん はじめる&使える MacBook入門(技術評論社)
・スマホの困ったを解決する本 (三才ムック)
・iPhone超活用ガイド (三才ムックvol.988)
・今すぐ使えるかんたんEx iPhone プロ技BESTセレクション(技術評論社)


IT&家電ライターの秋葉けんたさんに聞いた、パナソニックブルーレイレコーダーのおすすめ商品5選と、選び方のポイントを紹介しています。パナソニックから販売されているブルーレイ「ディーガ」シリーズには、録画した番組をスマホへ転送できる「おうちクラウド機能」や「どこでもディーガ」などの便利機能が数多く搭載されています。チューナーやHDDの容量によって、録画できる番組数も変わるので、ぜひ本記事を参考に使いやすいパナソニックブルーレイレコーダーをさがしてくださいね。

IT&家電ライターが教える! パナソニックブルーレイレコーダー選びのコツとは?

IT&家電ライターの秋葉けんたさんに、パナソニックブルーレイレコーダーを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

見逃さないようチューナーの数やHDD容量が大事!

【エキスパートのコメント】

テレビやレコーダーに内蔵のテレビチューナーは地デジやBS/CSが受信できますが、一度に受信できる数は1チャンネルだけ。つまり、見たい番組や撮りたい番組の放送時間が重なる場合、複数のチューナーが必要になります。連続ドラマなど定期的に録画する番組がある人や、家族みんなで共有している人は最低でも2チューナー、できれば3チューナー以上搭載のモデルがおすすめです。

それだけ録画するとなると、HDD(ハードディスク)の容量も重要になります。「ディーガ」では500GBから1〜4TB、8TBまでが用意されており、できるだけ大容量の方が安心ですが、容量が増えればそれだけ価格も高くなるので、録画頻度をよく考えて選択しましょう。

Panasonic(パナソニック)『DMR-UBX8060』:

出典:Amazon

チューナー数は11、HDDは8TBの大容量のパナソニックブルーレイレコーダー。最大10チャンネルの番組を28日分自動録画してくれるすぐれものです。

4K放送を見るなら専用チューナー搭載モデルを

【エキスパートのコメント】

高精細な新4K/8K衛星放送を見るためには4K/8K対応テレビが必要ですが、レコーダーにも従来のBS/CSチューナーとは別に専用チューナーが必要です。「ディーガ」には新4K衛星放送対応チューナー搭載のブルーレイディスクレコーダーが用意されているので、これから購入する人はおすすめです。

また、新4K衛星放送でも、2番組を同時視聴・録画するには対応チューナーが2つ以上必要になります。「ディーガ」には4K衛星放送対応チューナーをダブルで内蔵したモデルもあるので、チューナーの種類をしっかりチェックしておきましょう。

Panasonic(パナソニック)『DMR-4W400』:

出典:Amazon

新4K衛星放送対応チューナーを2つと、地デジ/BS/110度CSチューナー1つの計3つのチューナーを搭載したモデル。Ultra HDブルーレイの4K再生などさまざまな機能が搭載されています。

4Kの録画ならUltra HDブルーレイを選択

【エキスパートのコメント】

4K番組の美しさをそのまま記録するために新しく登場したのが、次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD Blu-ray(UHD BD)」です。

Ultra HDブルーレイ対応のレコーダーでは、フルハイビジョンの4倍(3,840×2,160)の解像度を持つ4Kを再生&録画可能。輝度のピーク幅を大きくすることで白飛びや黒つぶれを抑えた鮮明画像を再現するHDR(ハイダイナミックレンジ)や、1秒間60コマの高速表示などに対応し、よりきめ細かく滑らかな映像を楽しめるよう工夫されています。

4K Ultra HDの市販ソフトも発売されていますので、4K対応テレビがあれば4Kの魅力を堪能できます。

スマホで番組の視聴や録画予約ができる!

【エキスパートのコメント】

スマホやタブレットとの連携を強化したのが、無料アプリ「どこでもディーガ」を使った「おうちクラウド機能」です。「ディーガ」に録画した番組をスマホにダウンロードできます。無線LANブロードバンドルーターを経由するので、わざわざケーブルで接続する手間もありません。オフライン再生で場所を選ばずに見ることができ、番組表から番組予約などもできます。

スマホの写真や動画も「ディーガ」へ送れます。その際、テキストのメッセージも一緒に送信可能。ストレージとして保存するだけでなく、テレビの大画面でみんなで見ることが実現します。また、「ディーガ」でCDから取り込んだ音楽ファイルをスマホへ転送することもOK!

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)