iPad用イヤホンの選び方&おすすめ商品6選|オーディオ・ビジュアル評論家が厳選

【この記事のエキスパート】

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

オーディオ・ビジュアル評論家:野村 ケンジ

ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、Web媒体などで幅広く活躍。

特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300以上の製品を10年以上にわたって試聴し続けるなど、深い造詣を持つ。

また、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、幅広いメディアでの活動を行っている。


オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、iPad用イヤホンを選ぶポイントとおすすめの商品を選んでいただきました。iPad用イヤホンを購入する際は、接続方法や価格帯、さらにはiPhoneでも使えるかなど、チェックしておきたい点がいろいろとあります。iPad用イヤホンに詳しい専門家は、どんな点に注目しているのでしょうか。記事の後半にはショッピングサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、どんなイヤホンを選べばよいのか迷っている方は、ぜひあわせて参考にしてください。

iPad用イヤホンの選び方|オーディオ・ビジュアル評論家に聞く

オーディオ・ビジュアル評論家の野村ケンジさんに、iPad用イヤホンを選ぶ際のポイントを4つ教えていただきました。

自分のiPadの接続端子をチェック

【エキスパートのコメント】

iPadは、世代によってイヤホンが接続できる端子が異なっています。これまでのiPadはイヤホン接続端子があり、Lightning接続によるイヤホンも活用できましたが、最新のiPad proではLightningに変わってUSB-C端子が採用され、ヘッドホン端子も廃止されました。

手元にあるiPadによって、イヤホンを接続できる端子が変わっていますので、まずはどれが接続可能かをチェックしましょう。

迷ったらBluetooth

【エキスパートのコメント】

iPad proとiPhoneを所有していて、どちらでも同じイヤホンを使いたい場合などは、共通するコネクタがないためとても困ってしまいます。そういう場合には、Bluetoothイヤホンを選びましょう。

Bluetoothイヤホンは、ケーブルのない手軽さが一番のメリットですが、同時に、さまざまなスマートフォンからパソコンまで、幅広い製品に対応している汎用性の高さがあります。将来コネクタの種類が変わってしまいそうで不安な方など、迷ったら無難なBluetoothを選びましょう。

SONY『WF-1000XM3』:

出典:Amazon

Bluetooth接続の完全ワイヤレスイヤホン。ノイズキャンセリングやアンビエント機能を備えた上級モデル。

音質を重視したい方はデジタル接続が本命

【エキスパートのコメント】

いろいろと便利なBluetoothワイヤレスですが、音質にもこだわりたいのであれば有線、なかでもLightningやUSB-Cによるデジタル接続が最もおすすめです。

なぜなら、デジタル接続によって外部のオーディオ専用DACやヘッドホンアンプが使用できるようになるため、音質的にも恵まれた環境を実現することが可能となるためです。

有線をいとわず、さらに音質にもこだわりたいという方は、ぜひ一度デジタル接続タイプのイヤホンを試してみてください。

RHA『MA650i with Lightning』:

出典:Amazon

英国RHA製「MA650」のLightning接続モデル。音質のバランスがよく、コストパフォーマンスが高いイヤホン。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)