伊織もえさん(@moe_five)

コスプレイヤーの伊織もえさんが、9月19日発売のマンガ誌『週刊ヤングジャンプ』42号の表紙を飾った。これを記念したイベントが22日に秋葉原・ソフマップにて行われ、伊織さんが報道陣の取材に応じた。

伊織さんは、ビキニの上から黒色のレースワンピースを着用したスタイルで、イベントに登場。衣装のポイントを尋ねると「透けてるレースの中に水着を着ました。一見普通の洋服かと思って見たら水着で、ビックリさせてやろうという気持ちで着てきました」と明かした。

今号の表紙の撮影は、8月9から12日にわたって開催された「コミックマーケット96(C96)」のあとに、千葉県の海岸沿いのスタジオで行ったという。また、同誌に登場するのはこれで7回目。表紙はすでに、5回も飾っていることから「メイドさんとか普通のグラビアもやらせていただいたので、楽しく撮影させていただきました」と顔をほころばせた。

伊織さん自身が撮影についての提案することもあるそうで「毎回テーマをいただくのですが、そのたびに自分の家にあるウィッグだったり、メイドさんだったらカチューシャだったりを沢山持っていくんです。スタイリストさんもそれ分かってて、『今回はこういうのを持ってきたんだね』っていう話から始まって、その場でスタリングを変えることはあります」と説明。

衣装のデザインが好きということで、「自分のコミケの衣装を自分でデザインしたり、こないだ発売の『ヤングガンガン』ではスタイリストをやらせていただきました。シチュエーションを自分で決めさせていただいたのが楽しかったので、製作の方にも携われたらいいなと思っています」と今後の展望についても語った。

グラビア活動も多くなってきた伊織さん。コスプレとグラビアの違いについて質問してみると「コスプレで武器を持つ場合は、腰を低くするじゃないですが。でもグラビアでそれをやると変なんですよ。だからグラビアは体の曲線をきれいに見せるように意識しています。コスプレだったらキャラクターの性格を再現できるように気をつけています」と熱弁。

ダイエットも行っているそうで「ご飯を食べないですよね。普通の人と同じ用に生活をしていたら太るってことに気づいて、とにかくご飯を食べないでフルーツとかビタミンを摂取するようにしてます」と苦労を吐露した。

今後挑戦したいコスプレについて聞いてみると「これから雪が降る季節になるので、温かい素材のマフラーとか帽子を付けて、でも下は寒そうな水着っていう格好が好きなので、やってみたいです!」とコメント。

さまざまな雑誌の表紙にも出演していることから、仕事面での目標を尋ねると「スヌーピーがすごく好きなので、いつかスヌーピーとお仕事をしたいなと思いました!」と目を輝かせていた。