「なつぞら」の劇中アニメ「ヘンゼルとグレーテル」=NHK提供

 女優の広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」は9月28日に最終回を迎える。ヒロイン・なつ(広瀬さん)の物語も残りわずかとなったが、ここでは劇中で産み落とされた数々のアニメーション作品(漫画映画)を紹介する。今回はグリム童話が原案の「ヘンゼルとグレーテル」。ドラマでは未発表に終わった短編だが……。

 「ヘンゼルとグレーテル」は、東洋動画の若手育成を目的に、1961年に制作された短編作。監督・脚本の坂場(中川大志さん)らが中心となり、題材となったグリム童話のストーリーを大胆に脚色し、なつも麻子(貫地谷しほりさん)と共に原画を担当した。

 実際のアニメには、「なつぞら」ではおなじみの刈谷仁美さんに加え、昨年公開の劇場版アニメ「ペンギン・ハイウェイ」やマクドナルドCMなどで知られるアニメーターの石舘波子さんも参加。麻子担当分のキャラクターデザインや原画を主に作画した。

 なお、なつが原画を任されるようになってから、手元吹き替えを担当しているのは「Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-」の作画監督・丹羽弘美さん。