人気コスプレーヤーの伊織もえと九条ねぎが21日、東京・秋葉原のアニメイト秋葉原別館で漫画『ドメスティックな彼女 24巻』(発売中 4,500円税抜 講談社刊)の発売記念イベントを行った。

漫画『ドメスティックな彼女 24巻』の発売記念イベントを行った伊織もえ、九条ねぎ(左から)

今年1~3月から放送されたテレビアニメ『ドメスティックな彼女』(TBS系)の次回予告に登場したコスプレイヤーの伊織もえと九条ねぎ。そんな彼女たちが、『ドメスティックな彼女 24巻』ならびに特装版発売を記念したイベントにダブルヒロイン姉妹の陽菜と瑠衣になりきって登場した。

この日のイベントでは、浴衣を着用してきた伊織と九条。伊織が「夏の終わりのイベントなので、最後にちょっとでも夏の気持ちが味わえたらなと思って浴衣を選びました」と浴衣を選んだ理由を説明しながら、露出の高い衣装は「考えたんですけど、浴衣の方がいいかなと思って」と話した。

この日のファッションポイントについて伊織が「お団子があまり見えませんが、頑張って作ってみました。それと陽菜は目が緑色なので、緑の発色が良すぎると顔が怖くなりますから、ナチュラルな緑色のカラコンを探してみました」と語り、瑠衣のコスプレをしてきた九条は「瑠衣ちゃんは髪型がショートヘアなんだけどふんわりしているので、美容院でセットしてもらいました。それと私はタレ目なので、頑張って吊り目っぽいメイクにしてみました」と瑠衣のコスプレポイントをあげた。

2人は、アニメの予告に登場。最初は制作サイドが伊織のみにオファーしたという。「私はお姉ちゃんっぽいキャラの方が好きなので、漫画を読んでいる時に陽菜ちゃんが好きになりました。だから私に陽菜ちゃんをやらせてくださいと伝えました」と明かした伊織は、九条を瑠衣役に推薦したそうで「ねぎさんのお尻がキレイなんですよ。アニメの次回予告に載る絵コンテがお尻や胸、ウエストだったりと身体のパーツの一部だったんです。お尻が綺麗な子といえばねぎちゃんだと思って連絡したら快く引き受けてくれました。理由は完全にお尻です」と説明。対する九条は「陽菜ちゃんは母性のあるお姉さんなので、そのままという感じ。それにちょっとエッチなお姉さんんでした(笑)」と伊織を称賛していた。