マンガ「ドメスティックな彼女」コミックス24巻特装版の発売記念イベントにコスプレ姿で登場した伊織もえさん(左)と九条ねぎさん

 人気コスプレーヤーの伊織もえさんと九条ねぎさんが9月21日、東京都内で開催された流石景さんのマンガ「ドメスティックな彼女」(ドメカノ)のコミックス24巻特装版の発売記念イベントにコスプレ姿で登場。同作のテレビアニメの次回予告に登場していた2人は、劇中のお祭りシーンに登場した浴衣姿で、ヒロインの橘陽菜と橘瑠衣になりきった。

 陽菜のコスプレをした伊織さんは「お団子を頑張りました。ウイッグでお団子を作るのが、ちょっと難しかった」と話し、「陽菜は目が緑色なので。でも緑の発色が良すぎると、顔が怖くなっちゃうので、ナチュラルな緑のカラコンを探しました」とポイントを紹介。瑠衣のコスプレをした九条さんは「ショートヘアだけどふんわりしている感じなので、美容院でセットしていただいて。あと私がすごく垂れ目なので、頑張って釣り目っぽいメークにしました」と説明した。

 「ドメスティックな彼女」は、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガ。今年1~3月にテレビアニメ化もされた。幼いころに母を亡くした高校生・藤井夏生は、高校教師・橘陽菜にひそかに思いを寄せていた。かなわぬ思いを心の中に押し込み、誘われた合コンに参加した夏生は、橘瑠衣と出会う。そんな時、父が再婚することになり、再婚相手と一緒に夏生の前に現れたのは陽菜と瑠衣だった。一つ屋根の下で暮らすことになった3人の過激な三角関係を描いている。

 同作の内容にちなみ、三角関係について質問された伊織さんは「そういう状況になったらすぐ引っ込んじゃう。人間関係で極力争いたくないかな」と語り、「私は絶対不倫はしないなと思いながら読んでいました」と告白。一方九条さんは、三角関係について「共有してもいいかな(笑い)」と、それぞれ恋愛観を明かしていた。

 特装版は12日に発売。テレビアニメの「本編映像袋とじVer.」と次回予告の映像印刷したポストカード付き。価格は4500円(税抜き)。