米20代の兄弟、幻覚作用入りベイプの違法製造で数億円ビジネス

幻覚作用のある「THC」を含む、ベイプカートリッジをめぐる一大オペレーションの首謀者として米ウィスコンシン州の兄弟が逮捕された。警察によると、20歳のタイラー・ハフィンズ被告は1日に何千本もの偽カートリッジを製造し、数億円規模のビジネスを展開していたという。

米ウィスコンシン州の兄弟が偽のTHCベイプ(電子たばこ)カートリッジの製造および販売をめぐる一大ビジネスに関わっていたとして起訴された。20歳のタイラー・ハフィンズ被告が築いた”帝国”は、アメリカでも最大規模であると予測され、米警察当局はタイラー被告が1日に何千本もの偽カートリッジを製造する複雑な数百万ドル規模のビジネスの首謀者であると踏んでいる、と地元紙Milwaukee Journal Sentinelが報じた。

米現地時間9月16日の月曜日、タイラー被告はドラッグ製造所の維持、なりすまし犯罪、1万グラム以上のTHC(テトラヒドロカンナビノール、マリファナに含まれている幻覚作用などのある物質)の製造・販売の罪で起訴された。コカイン売買で保護観察中だった23歳の兄ジェイコブ・ハフィンズ被告もコカイン、THC、銃の所持で起訴された。

警察当局は、ハフィンズ兄弟が米ウィスコンシン州ブリストルの貸コンドミニアムをベイプカートリッジの製造拠点にしていた、と明かした。そこでは、濃縮された液体THCをベイプカートリッジに詰め、”クロニック・サワー・パンチ”などの名前のキャンディーに似せたパッケージに入れる作業員として、少なくとも10人が雇われていたのだ。ウィスコンシン州では、このような行為は違法である。パッケージには、最低限のTHCが含まれていると表示されていたものの、カートリッジには1000ミリグラム以上ものTHCが含まれていたことが当局によって明らかになった。これはパッケージに表示された数値の150倍以上だ。

警察当局は、9月5日にパドック・レイクの兄弟の実家とブリストルのコンドミニアムで逮捕状を執行し、ハフィンズ兄弟を逮捕した。コンドミニアムは、タイラー被告が偽名で借りていた。

警察に対し、タイラー被告は自分がなりすました男性とは面識がないことを明かした。「カリフォルニアの何人かの男たち」におよそ2000ドルを支払い、個人情報を入手したというのだ。

ケノーシャ郡保安官事務所によると、捜査官は150万ドル以上の金額に相当するTHCカートリッジを発見・押収した。

パドック・レイクの実家の押収品には、現金5万9000ドル、銃8挺と弾薬、コカイン、マリファナ、抗不安薬ザナックスのピル、携帯電話9機、ドラッグ関連道具一式が含まれていた。ブリストルのコンドミニアムでは、およそ3万1200本の満タンのベイプカートリッジ——すべてにTHCが1グラムずつ入っていた——、THCがまだ入っていないカートリッジおよそ9万8000本、1616オンス分の精製された液体THCが入ったメイソンジャー57個、およそ18ポンドのマリファナ、マネーカウンター3台、何千本もの空のカートリッジの箱、梱包材、道具一式が押収された。


2019年7月、ウィスコンシン州ウォキショー群の警察は、息子の寝室でベイプパッケージを見つけた両親の通報を受け、匿名のティーンエイジャーを捜査していた。捜査によって、地元コミュニティーでTHCベイプ製品が販売されていることが発覚した。

告訴状によると、ある秘密情報提供者がタイラー被告のコンドミニアムで同じようなカートリッジを何本も見たと明かした。捜査官は被告のSnapchatを確認し、そこにいくつものカートリッジの箱、マリファナのつぼみ、マネーカウンター、大量の現金の動画と写真を発見した。さらに、被告が8月28日にカリフォルニア州にファーストクラスで移動する様子を投稿した動画も発見した。被告は現金30万ドルが詰まったスーツケースを持ち、瓶に入ったTHCオイルを40から50個ほど買う予定だったのだ。

地元紙Kenosha Newsが報じたところによると、ジェイコブ被告はTHCオイルを購入するため、弟とともにカリフォルニアに向かったと警察に供述した。ケノーシャ郡のエリック・クリンクハマー警部補は、ジェイコブ被告がどの程度今回の事件に関与していたか調査中である、とNew York Post紙に述べた。「ふたりの関与は確実だと信じています」。


写真の提供元:ケノーシャ郡保安官事務所

タイラー被告は、今回の件に着手したのは2018年1月29日からだと当局に語った。THCベイプカートリッジの人気を利用しようとしたのだ。当初は梱包済みのカリフォルニア州のTHCカートリッジを1本2.50ドルで仕入れ、ウィスコンシン州では1本15ドルで販売していた。カートリッジが100本売れるごとに500から800ドルの金が被告のポケットに転がり込んだのだ。

こうしたオペレーションを効率化するため、被告はブリストルのコンドミニアムの作業員として少なくとも10人を雇い、空のカートリッジにTHCを入れる”製造ライン”をつくった。当初の時給はひとり20ドルだったものの、その後、モチベーション向上と節約と称してカートリッジ1本につき30セントという歩合制に切り替えた。

告訴状によると「投資すればするほど、金が稼げた」と被告は当局に語ったそうだ。「リスクがなければ報酬もない」。

「被告は、自らを青年実業家と称しています」とケノーシャ郡保安官のデヴィッド・ベスは記者会見で語った、と米オンラインニュースサイトBuzzfeed Newsが報じた。「20歳のビジネスマンである被告は、自分の利益のためには子どもを含むすべての人の生活を危険にさらすこともいとわないのです」。

さらにベス保安官は、本件に関わった他のメンバーの調査も進んでおり、さらなる逮捕者が出る可能性を示唆した。保安官は、誤解を招くパッケージのTHCベイプ器具を使う子どもがいないか注意するよう、保護者にも呼びかけた。「私たちの目の前で行われていたのです。保護者たちはこの事実を軽んじてはいけません」と述べた。

タイラー・ハフィンズ被告が初めて法廷に姿を現した月曜日、弁護士のマーク・リチャーズ氏は、アメリカの36の州と1の海外領土において400件近い病気と少なくとも6件の死亡を引き起こしたベイプ関連の健康被害と被告は無関係であると主張した。「ウィスコンシン州では誰も死亡していません」とリチャーズ氏は述べた。米NBCニュースによると、タイラー被告は罪状をいまだに認否していない。