欅坂46、東京ドーム追加公演レポート 封印を解き放ち5万人を熱狂の渦へ

欅坂46が9月18日、19日、〈夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム〉を開催した。これは、全国5都市で12公演を行い総動員数17万人4千5百人を記録したツアーの追加公演。本記事では、2日間で10万人を熱狂させた本公演の模様をお伝えする。

会場は、正面に2階構造のメインステージ、そして中央にセンターステージが十字型に伸びていた。開演前から、メインステージに道路標識を模したオブジェのみが照らされ、これから何が起こるのかという観客の期待と熱気に包まれていた。

18時5分過ぎ、菅井友香、上村莉奈、原田葵の影ナレが始まると会場が一気にサイリウムの光で緑色に染まる。菅井の「最終日行くぞー!」と叫ぶと、それに負けない程の大歓声が起きライブが始まった。光の中に平手友梨奈の姿が現れると、メインステージの様相がそこでようやく露わになる。崩れ落ちた遊園地や自動車の残骸の前で、彷徨うように虚ろな顔で歩く平手。何かをすくいあげた後、1筋の光に照らされた2階のピアノの前に立つと、ゆっくりと鍵盤を押した音を合図に「Overture」へ。緑の光が大歓声と共に勢いを増し、うねりへと変わっていく。



メインステージ2階にメンバーが登場すると、1曲目「ガラスを割れ!」へ。サイリウムは赤く変わり、炎が立ちのぼる中、会場のボルテージも燃え上がっていく。そして、メンバー全員のダンスパートから、「語るなら未来を…」へと続く。道路標識とリンクしたパフォーマンスで、繰り返す日常から抜け出したいと言うメッセージを表現する。センターステージに降りると「Student Dance」へ。メンバーが持つスマホの映像がスクリーンで流れるという演出も。撮る側と撮られる側が入れ替わるそのパフォーマンスに観客は見入った。さらにセンターステージ中央ではメンバーを囲むように噴水が高く吹き上げ、序盤から欅坂46の魅力に溢れたライブが繰り広げられる。



再び、平手1人がスポットライトに照らされると、ピアノの上で舞い踊るというパフォーマンスを魅せた。鍵盤をガーンと足で踏みつけると、その音のまま「エキセントリック」へ。タイポグラフィの映像をバックに、信号機風の照明で照らされる中、メンバーがメインステージから一瞬でセンターステージへと瞬間移動するような演出に観客からは驚きの声が上がった。





MCでは、菅井が「ついにツアーも千秋楽。欅坂46が東京ドームにやってきました! まさか千秋楽で東京ドームに立たせてもらえるとはビックリです。今日は集まっていただき本当にありがとうございます!」と語り、佐藤は「待ちに待った東京ドームに立ってまだ実感が湧いてないんですけど、改めて立ってみて…」とその想いが込み上げ声を詰まらせるという場面も。そして、昨年末に加入した2期生の松田理奈、田村保乃、森田ひかる、山崎天へバトンタッチ。1人1人、欅坂46に出会った日から今日の東京ドームに至るまでの葛藤や意気込み、感謝を伝えると、その言葉に観客は大きな声援で応えた。


再び暗転し、夏の音が聞こえてくると「世界には愛しかない」へ。青いサイリウムの光の中、当時の白い衣装に着替えたメンバーが登場すると、MVでも用いられた傘を使ったパフォーマンスで曲の世界を表現する。そこから「青空が違う」では、守屋茜と渡邉理佐、菅井と渡辺梨加が気球に乗って観客1人1人を確認するように回遊するという演出も。菅井の「2階のお客さんも見えてるよー!」と言う掛け声には2階の観客も大きく盛り上がった。





原田、上村、尾関梨香、長沢菜々子、小池美波のユニット”156”の楽曲「バレエと少年」では、可愛らしい小劇場のような世界観を存分に作り上げたかと思うと、「制服と太陽」、「二人セゾン」、「キミガイナイ」、「もう森へ帰ろうか?」と展開してく。アッパーチューン「僕たちの戦争」でさらに盛り上がった後の、石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤、土生瑞穂のユニット”五人囃子”の楽曲「結局、じゃあねしか言えない」では、自転車でセンターステージを巡るというパフォーマンスも。曲の終わりには4人が指で”7”を作り、公演を欠席した織田への想いを表現する。続くMCでは、再び2期生が担当し武本唯衣、井上梨名、関有美子、松平璃子が今日この場に立つまでの想いを初々しさを残しながらもしっかりと語った。

再び会場の崩れかけた自動車や工場のようなセットが動き出すと、それが崩れ落ちていくような映像が流れる。そして、会場にそのイントロが流れた瞬間割れんばかりの歓声が起き、デビュー曲「サイレントマジョリティー」から怒涛の後半戦が始まっていった。そこからライブが進むにつれて、会場のボルテージはとどまることを知らずに上がっていく。「アンビバレント」ではバルーンが投入され、「危なっかしい計画」で石森、藤吉夏鈴、小林由依の全力の煽りに最高潮の熱気で会場も応えた。



そして、本編ラストは「太陽は見上げる人を選ばない」。去り際には小池美波が「みんな大好き!」と想いを叫んだ。アンコール曲は、前日にネット上で大きな話題を呼んだ「不協和音」。2017年の「第68回 NHK紅白歌合戦」以来、ライブでは1年9ヶ月ぶりの披露となったこの曲で、まさに"封印"が解かれた圧倒的なパフォーマンスを魅せた。「僕は嫌だ!」のセリフと共に音玉が炸裂し、会場も爆発的な盛り上がりだ。



曲が終わると、スクリーンには欅坂46のロゴが映し出されたが、2日目はここでは終わらなかった。割れんばかりのダブルアンコールから、センターステージに平手が1人で現れると、平手主演の映画『響 -HIBIKI-』の主題歌となったCD未収録のソロ曲「角を曲がる」をサプライズ初披露。観客は熱狂の中、その美しさも儚さも苦しみも全て表現するその姿を眼に焼き付けようとしている様子だった。平手が涙を眼に浮かべ「ありがとうございました」と感謝の言葉を告げ深々と一礼し照明が落ちると、会場からは割れんばかりの拍手と歓声が贈られた。そのやまない拍手の中、観客は感動の余韻に浸っているようだった。


■ライブ情報

欅坂46
『夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム』

2019年9月18日(水)、2019年9月19日(木)東京・東京ドーム

=セットリスト=
Overture
01. ガラスを割れ!
02. 語るなら未来を…
03. Student Dance
04. エキセントリック
MC
05. 世界には愛しかない
06. 青空が違う
07. バレエと少年
08. 制服と太陽
09. 二人セゾン
10. キミガイナイ
11. もう森へ帰ろうか?
12. 僕たちの戦争
13. 結局、じゃあねしか言えない
MC
14. サイレントマジョリティー
15. 避雷針
16. アンビバレント
17. 風に吹かれても
18. 危なっかしい計画
EN. 不協和音
WEN. 角を曲がる